ヴェルファイアはいくら?? 大荒れ中古車市場 いまは“買い”なのか“待ち”なのか?


■こんな状況のなか売れている中古車はあるのか?

 あの人気のヴェルファイアでさえも値落ちとなっているこのタイミングで、販売が好調の中古車はあるのだろうか。

 販売が好調な中古車の見極め方法は、流通台数が減少していて、平均価格が横ばいから値上がり傾向となっているという特徴がある。現在そのような動きの車種があるのかと調べてみると見つかった。

 その車種というのは現行型のスバルフォレスターだ。中古車の流通台数は5月の大型連休前に約235台のピークを記録し、その後は約200台まで減少。しかも平均価格は3カ月前から約295万円でほぼ横這いだ。やはりコアな人気のスバル車は強いのだ。

根強い人気の高さのある現行型フォレスター

■まとめ 今後の中古車市場はどうなる?

 緊急事態宣言が解除されたばかりで、今後の見通しを立てるのは非常に難しい。

 しかし、解除されたとはいえ、三蜜を避けるなどの新しい生活様式を取り入れていかなければならない。公共交通機関や不特定多数の人が共有するカーシェアリングなどは消毒や換気をしていても、不安を払拭できない。

 そこでマイカーの存在が見直されつつある。特にこれまで公共交通機関で出掛けていた若者を中心にクルマの、プライベート性が見直され、クルマが新しい生活様式を実現させるためのアイテムとなりつつあるのだ。

 もちろん個人リース、残価設定ローンなどさまざまな所有の提案のある新車は魅力だが、絶対的に価格の安い中古車はさらに手が届きやすい。

 注目はホンダが展開している中古車を使用したサブスクリプション(番外コラム参照)だ。今後は運転支援システムが充実したコンパクトカーやSUVのお手頃な中古車に注目が集まりそうだ。


次ページは : 【番外コラム】ホンダ中古車サブスクはどれだけお得なのか?