ヴェルファイアはいくら?? 大荒れ中古車市場 いまは“買い”なのか“待ち”なのか?


【番外コラム】ホンダ中古車サブスクはどれだけお得なのか?

(TEXT/渡辺陽一郎)

 コロナ禍の終息まで、公共交通機関の利用を避けるため、クルマを使いたい人もおられるだろう。そこで注目されるのが、「ホンダマンスリーオーナー」だ。トヨタの@KINTO」などと違って、新車を卸す方式ではなく、ホンダの中古車を定額制で貸し出す。

 1カ月単位(最長は11カ月)で借りられ、最も安い月額2万9800円のコースでは、走行距離が2万~4万kmのN-BOXが使われる。

 利用料金には任意保険も含まれ、車両補償も付帯される(免責5万円)。全年齢補償で各種の限定もないため、契約者の未成年の子供が運転中に事故を発生させても任意保険を利用できる。

 契約者自身の等級が保険の使用で下がっていても支障はない。

 大手レンタカーも1カ月単位で借りられるマンスリーコースを用意するが、軽自動車でも7万~10万円の料金設定が多い。補償が付帯されて2万9800円のホンダマンスリーオーナーは割安だ。

ホンダマンスリーサービスは埼玉県和光市にあるホンダ認定中古車販売店「ユーセレクト城北」でサービスを開始しており、今後拡大展開する予定になっている

【画像ギャラリー】国内最大手の中古車情報サイト「カーセンサー」とリンク!!! 最新の中古車情報をギャラリーでチェック!!!