日産ティアナ無念の生産終了…復活の道はなかったか 中古車がえらくお買い得


ティアナの海外仕様、アルティマが日本に導入される可能性は?

北米や中国など世界市場で現在も販売が続いているアルティマ(日本名:ティアナ)の最新モデル

 ティアナの日本仕様は販売が終了したが、実は海外では6代目アルティマとして2018年8月にデビューしており、いまだに売れ続けている。

 スタイリッシュなエクステリアと、美しいインテリア&快適な居住空間、そしてバリューフォーマネー(北米でのベース価格は2万4100ドル/約260万円)なところが魅力的なラージセダン。

 なかでも注目したいのは、世界初の可変圧縮比VCターボ(248ps/37.7kgm)と、中級グレード以上に高速道路の単一車線での自動運転技術「プロパイロット」を装備していること。

 ただし、全長4900×全幅1852×全高1458mmというボディサイズは、ちょっと日本には厳しいかもしれない。

 残念ながら、いまのところ、このアルティマが日本に導入されるという情報は入ってきていない。

 VCターボとプロパイロットという2つの強力な武器があれば、売れそうな気がするのだが、いかがだろうか。

【画像ギャラリー】いまや希少! モダンリビング”が画期的だった歴代ティアナの写真をチェック!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ