日産ティアナ無念の生産終了…復活の道はなかったか 中古車がえらくお買い得

 日産ティアナが、2020年7月をもって日本での販売が終了し、日産のホームページからも削除された。

 「モダンリビング」の心地よさ。「おもてなし」の心遣い。これまでのセダンにはなかった価値観を見いだしてきたティアナ。さらにサイズのわりに手頃な価格で評判も高かった。

 初代ティアナは2003年2月に登場した。「クルマにモダンリビングの考え方」というキャッチコピーを覚えている人も多いのではないだろうか。

 価格も衝撃的だった。人気だった230JK Mコレクションの価格は240万円(税抜き)。2.3Lのミドルセダンでこの価格はライバルより30万円前後安かった。

 2008年6月にデビューした2代目ティアナも初代のコンセプトを継承し、”おもてなし”グルマとして進化した。

 そして今回販売が終了した3代目ティアナは2013年3月に登場している。初代のコンセプト”モダンリビング”と、2代目の”おもてなし”のいいとこどりをしたうえに、”走りの楽しさ”も加えられたクルマだ。

 セダン不振の影響で販売が苦戦しているとはいえ、カムリやマツダ6、アコードなど、国産ラージFFセダンは日本国内では販売が続けられている。

 そこで、ティアナ惜別企画として、初代、2代目、3代目は今いくらで買えるのか? さらに次期ティアナは発売されないのか? という情報も入れ込みながら、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。


文/萩原文博
写真/日産自動車

【画像ギャラリー】いまや希少! モダンリビング”が画期的だった歴代ティアナの写真をチェック!


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ