高騰確実だけどお買い得!?? 三菱の至宝 歴代ランエボの中古車が熱い!!

 1992年9月、ランサーエボリューションの輝かしい歴史が始まった。しかし、エボリューションの系譜は、2015年8月に限定1000台で販売されたランサーエボリューションの生産終了によって約24年10代にわたる歴史に幕を閉じてしまった。

 ランサーエボリューションシリーズは、ラリーなどの競技のベース車として熱烈なファンに支えられていたクルマだ。世界ラリー選手権を舞台に、インプレッサやセリカとのチャンピオン争いを繰り広げた激戦は、今でも脳裏に焼き付いている方も多いだろう。

 惜しまれつつも生産終了となってしまったが、現在でも中古車市場において高値で取引きされている。

 ランサーエボリューション(以下ランエボ)は、I~IIIの第1世代、IV~VIの第2世代、VII~IXの第3世代、そしてXの第4世代と分けて語られることが多い。

 今回、どのモデルが中古車市場で高騰しているのか、中古車事情に詳しい伊達軍曹が解説する。


文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 三菱

【画像ギャラリー】約24年10世代にわたる歴代ランエボの雄姿を写真でチェック!


どの世代のどのモデルが高騰しているのか?

ランサーエボリューションを復活してほしいという声も多いのだが……

 三菱ランサーエボリューションXの中古車相場が上昇している。まぁ走行10万kmを大きく超えた通常モデルのランエボXは車両100万円そこそこで狙えたりもするのだが、2015年8月に1000台限定で発売された「ランサーエボリューション ファイナルエディション」は最安値でも400万円オーバー。走行数千kmレベルのMT車では700万円以上になることも珍しくない。

 ファイナルエディションを中心とするランエボXの中古車相場は今、どんな具合になっているのか? また、それ以前の「懐かしのランエボ」各世代の相場はどうなのか?

 そのあたりのモロモロを世代別に調査してみることにしよう。まずは「第1世代」と呼ばれるランサーエボリューションIからIIIまで。

1992年9月に登場したランサーエボリューション。4G63型2L、直4ターボエンジンは250ps/31.0kgmを発生。ボディサイズは全長4310×全幅1695×全高1395mm。車重はGSRが1240kg

 1992年9月に発売されたランエボIこと初代三菱ランサーエボリューションは、世界ラリー選手権(WRC)の出場資格を得るため、当時のランサー1800GSRに、ギャランVR-4に搭載されていた最高出力250psの4G63型2L、直4ターボエンジンと4WD機構を移植したモデル。

 今にして思えばおとなしめのビジュアルだが、当時としては衝撃的なまでの武闘派フォルムで、まず発売された2500台は3日で完売。最終的には7628台が販売された。

 が、2020年の今となってはランエボIの中古車流通量は0台で、ほぼ絶滅状態。相場もないという状況なのであった。まぁ年式的にそりゃそうか……という話ではあるのだが……。

1994年1月に登場したランサーエボリューションII。4G63型2L、直4ターボは260ps/31.5kgmを発生。ボディサイズは全長4310×全幅1695×全高1420mm。車重はGSRが1250kg

 続いて1994年1月に発売されたのがランサーエボリューションII。登場時のキャッチコピーは「またも、最強へと進化をとげた。」で、エンジンの改良により最高出力は260psに。

 同時にボディ剛性を向上させ、鍛造アルミロアアームの採用やホイールベースおよびトレッドの拡大等々により、走行性能は大幅に改善された。

 しかし、こちらの中古車も今や全国で数台しか流通していない。車両230万円前後で(意外と安くはない)ほそぼそと販売されているようだ。

1995年1月に登場したランサーエボリューションIII。ボディサイズは全長4310×全幅1695×全高1420mm。4G63型2L、直4ターボは270ps/31.5kgmを発生。車重はGSRが1260kg

ランエボIIIの中古車情報はこちら!

 1995年1月に発売されたランサーエボリューションIIIは、当時の市販車としては異例の大型リアウイングや開口部の大きなフロントバンパーを採用して人気となった世代。

 4G63型2Lターボエンジンの最高出力は、細かな改良により270psまで増強された。

 これもまた中古車の流通量は「全国で数台」といったレベル。ただし車両価格は220万円から300万円ぐらいとまあまあお高く、TOMEI製の2.3Lエンジンに換装された個体には400万円以上の値札が付いている。

ランエボは第二世代へ進化を遂げる

1996年8月に登場したランサーエボリューションIV。ボディサイズは全長4330×全幅1690×全高1415mm。4G63型2L、直4エンジンは280ps/36.0kgmへと進化。車重はGSRが1350kg。このモデルで280psに到達した

ランエボIVの中古車情報はこちら!

 ランサーエボリューションのベースとなる三菱ランサーが1995年にフルモデルチェンジされたことで、エボリューションのほうも新型ランサーをベースとする第2世代へと進化した。

 1996年8月に第2世代の尖兵として登場したのがランサーエボリューションIV。左右後輪への駆動力を変化させて旋回性を向上させるアクティブ・ヨー・コントロール(AYC)を採用し、エンジンはブースト圧のアップなどにより当時の自主規制値いっぱいの280psに。

 だがそんなランエボIVの中古車流通量も今となっては激少で、全国で4台ほどが流通しているのみ。価格は140万~200万円といったところだ。

1998年1月に登場したランサーエボリューションV。ボディサイズは全長4350×全幅1770×全高1415mm。4G63型2L、直4ターボは280ps/38.0kgmを発生。車重はGSRが1360kg

ランエボVの中古車情報はこちら!

 だが往年の三菱ランサーエボリューションの数もVおよびVI世代になると(若干だが)増加してくる。

 「V次元の、瞬発力」というイカしたキャッチコピーを伴って1998年1月に発売されたエボリューションVは、全幅1770mmのワイドボディを初めて採用し、同時にブレーキとタイヤの容量も増強。

 4G63型エンジンの最高出力はエボIVと同じ280psだが、最大トルクのほうは2kgm向上して38.0kgmとなっている。

 そんなランエボVの中古車は2020年11月現在、全国で7台ほどが流通中。メインとなる価格帯は200万~300万円といったところだが、カスタマイズとメンテナンスが念入りに行われた個体は350万円以上となるケースも希にあるようだ。

1999年1月に登場したランサーエボリューションVI。ボディサイズは全長4350×全幅1770×全高1415mm。4G63型2L、直4ターボは280ps/38.0kgmを発生。車重はGSRが1360kg

ランエボVIの中古車情報はこちら!

 ランサーエボリューションVIは現在11台ほどの中古車が流通しており、そのうち8台がエボVIのGSR。

 すなわち1999年1月に発売され、空気抵抗や冷却性能などの改善のためナンバープレート位置が中央から左側となり、リアウイングが2段化された世代だ。

 こちらエボVIの現在の相場は170万~300万円といったところだが、中心となるのは240万~300万円ぐらいのゾーン。

2000年1月に登場したランサーエボリューションVIトミ・マキネンエディション。マキネンの4年連続ドライバーズチャンピオンを記念して発売。4G63型2L、直4ターボエンジンは280ps/38.0kgm

ランエボVIトミ・マキネンエディションの中古車情報はこちら!

 だが俗に「ランエボ6.5」とも呼ばれるランサーエボリューションVIトミ・マキネンエディションはさすがに希少で、2020年11月現在の流通量は全国で4台ほど。走行20万kmを超えている個体は車両約200万円だが、走行2.5万kmの禁煙車には約660万円もの高値が付いている。

 このトミ・マキネンエディションは、当時三菱のWRCワークスドライバーだったトミ・マキネンの4年連続ドライバーズチャンピオン獲得を記念して作られた特別仕様車。

 フロントバンパー形状を変更するとともに、従来型より10mmダウンしたターマック(舗装路)仕様サスペンションと、ストラットタワーバーを採用。エンジンも、GSRでは中低速トルクとレスポンスの向上が図られ、マフラーエンドも楕円から真円の大口径へと変更されている。

エボVIIから第3世代へ

2001年3月に登場したランサーエボリューションVII。ボディサイズは全長4455×全幅1770×全高1450mm。車重はGSRが1400kg。4G63型2L、直4ターボエンジンは280ps/39.0kgm

ランエボVIIの中古車情報はこちら!

 ベースモデルのランサーが2000年にフルモデルチェンジを受けて「ランサーセディア」となったことで、エボリューションのほうも2001年から第3世代への進化を果たした。

 2001年2月に発売となったランサーエボリューションVIIは、それまでのランエボと違って「大人びた感じ」ともいえるデザインに変更。

 また、AYCに加えてアクティブ・センター・ディファレンシャル(ACD)を新搭載している。

 前後輪の差動制限を電子制御することで、フルタイム4WDでありながら小回りを利かせるセッティングにも変えられるようになったことで、その回頭性はさらに向上している。

 だがランサーセディアベースゆえの地味なビジュアルのせいか、人気は今ひとつ。流通量は全国で17台とまあまあ多いものの、最安値は140万円前後。年式の割にはまずまず好条件と思える個体でも180万円前後から探せる状況である。

 とはいえ、さすがに走行2万km台のRSは約400万円で、走行数千kmの博物館級物件は450万円となっているのだが……。

 ちなみにこの世代で初めて登場した「オートマのランエボ」であるGT-Aは、筆者が調査したかぎりでは2020年11月現在、流通量ゼロであった。

2003年1月に登場したランサーエボリューションVIII。ボディサイズは全長4455×全幅1770×全高1450mm。車重はGSRが1410kg。4G63型2L、直4ターボは280ps/40.0kgm

ランエボVIIIの中古車情報はこちら!

 さほど人気が高いわけではないが、「意外と狙い目」とはいえるのが次の世代、ランサーエボリューションVIIIだ。

 2003年1月発売のランサーエボリューションVIIIは、当時のダイムラー・クライスラーから移籍したオリビエ・ブーレイが、俗に「ブーレイ顔」と言われる富士山型のフロントグリルを採用したことで不評を買った世代。

 しかしMTは6速になり、制御トルク量を増やした「スーパーAYC」も採用されるなど、メカニズム的には好ましい進化を遂げている。

 そして中古車の流通台数も、直近のランエボXを除けば最多となる全国17台で、やや人気薄なせいか、140万~310万円付近の「ランエボとしてはお安い価格帯」でも、まずまず好条件な一台を探すことができる。

2004年2月に登場したランサーエボリューションVIII MR。Mitsubishi Racingを意味するMRのネーミングを冠したエボVIIIの熟成型。エボVIIIとの相違点はヘッドライトやリアコンビランプのブラックアウト化やアルミルーフなど

ランエボVIII MRの中古車情報はこちら!

 そして2004年2月に発売されたランサーエボリューションVIII MRはギャランGTOから続くMitsubishi Racingを意味するMRのネーミングを冠したVIIIの熟成型で、ビルシュタイン製ダンパーや量産初のアルミルーフ採用により、約10kgの軽量化を果たすとともに、タービンがエボVおよびエボVIと同じ大容量タービンを採用(GSRとRS6速MT車のみ)。

 エボVIII MRの中古車流通台数は11台で、VIIIと同様、お安い部類に入る170万~350万円。

 もちろんかなりの好条件車には350万円ほどの高額なプライスタグが付くが、「ブーレイ顔」さえ我慢できるなら、なかなかの狙い目世代ではあるだろう。

2005年3月に登場したランサーエボリューションIX。ボディサイズは全長4455×全幅1770×全高1450mm。車重はGSRが1410kg。初の連続可変バルブタイミング機構MIVECを搭載した4G63型2L、直4ターボエンジンは280ps/40.8kg

ランエボIXの中古車情報はこちら!

2006年8月に登場したランサーエボリューションIX MR。Mitsubishi Racingを意味するMRのネーミングを冠した熟成型で4G63ターボエンジンを搭載する最後のモデルとなる。セダンがGSRとRS、ワゴンがGTとGT-Aそれぞれ2グレードずつ合計4グレードが発売された

ランエボIX MRの中古車情報はこちら!

 そして第3世代の完成形であるランサーエボリューションIXは、VIIIと比べればやはり少々高めで、特に2006年8月に発売された4G63型エンジン搭載車としては最後のモデルとなるエボリューションIX MRは、400万~500万円という結構なお値段。

 MRではない通常のエボIXは、220万~340万円あたりのゾーンがおおむねの相場。

 完成度が高く、なおかつ「ブーレイ顔」から普通のシュッとした顔つきに戻った300万円前後のランサーエボリューションIXは、往年のランエボを中古で狙ううえでは「ちょっと高いが、総合的に考えればもっとも現実的な選択肢」だとはいえそうだ。

ランエボXファイナルエディションをもって生産終了

2007年10月に登場したランサーエボリューションX。ボディサイズは全長4495×全幅1810×全高1480mm。4B11型2L、直4ターボエンジンは280ps/43.0kgmだったが、2008年10月のマイナーチェンジで300psに到達。6速ツインクラッチSST搭載車は2014年末で生産終了、5速MT車は2015年8月まで生産された

ランエボXの中古車情報はこちら!

2015年8月、ランサーエボリューションファイナルエディションが1000台限定で発売。2016年4月に販売終了。B11型2L、直4ターボエンジンは313ps/43.7kgmを発生

ランエボXファイナルエディションの中古車情報はこちら!

 そして「最後のランエボ」となったランサーエボリューションXについて。まだ記憶に新しいクルマゆえ余計な説明は不要かと思うが、エボリューションXは、ギャランフォルティスをベースとするスポーツモデルとして2007年10月に発売された。

 それまでのランエボ各世代は期間や台数を限定して販売されていたのに対し、エボリューションXは通常のカタログモデルになった。

 雰囲気としてはカリカリのチューンドカーというよりも「上級グランドツアラー」といったニュアンスで、トランスミッションもオーソドックスな5MTのほかに6速DCT「Twin Clutch SST」を用意。中古車市場においても、6速DCT車の比率のほうが圧倒的に高くなっている。

 で、そんなランエボXの現在の中古車相場は、全体としては100万~715万円と非常に上下に幅広く、流通量も全国で160台以上と、この種のクルマとしては豊富。

 100万円台前半で探せるのはほとんどが走行10万kmを大きく超える多走行車で、100万円台後半の物件も、走行距離多めのものが大半となる。

 もしも中庸をいくのであれば、つまり走行5万kmとか6万kmぐらいを目安に「まずまず悪くない感じの個体」を探すのであれば、200万円台の前半か半ば程度でも探せるのが、現在のランエボXの相場。

 そういう意味では、「ランエボXの相場はさほど高騰してない」と評することができる。

 だが2015年8月に1000台限定で発売された「ランサーエボリューションファイナルエディション」という、本当に最後の最後のランエボの、しかも好条件な中古車が欲しいとなると、その想定予算は一気に上昇するだろう。

 具体的には、ファイナルディション全体の現在の相場が440万~715万円といったところであり、走行2万km前後の一般的な個体は500万円付近。

 そして走行数千kmレベルの個体になると車両価格680万円を超えてくるというのが、ランサーエボリューション ファイナルディションの直近の相場状況だ。

 700万円級のファイナルエディションを狙うのは、一部のディープなランエボファンまたは重度の三菱車愛好家に限られるだろう。

 しかし200万円台半ばぐらいのエボリューションXや300万円前後のエボリューションIXは、決して「安い」とはいえないものの、本格スポーツセダンを買ううえでは「リーズナブル」とはいえる予算感。

 本当はもうひと声ぐらい安いとありがたいのだが、それでも注目してみる価値はある選択肢だとはいえそうだ。


■ランサーエボリューション各世代の中古車相場
●エボI:中古車流通台数/なし、中古車相場/-
●エボII:中古車流通台数/数台レベル、中古車相場/230万円前後
●エボIII:中古車流通台数/数台レベル、中古車相場/220万~300万円
●エボIV:中古車流通台数/4台、中古車相場/140万~200万円
●エボV:中古車流通台数/7台、中古車相場/200万~350万円以上
●エボVI:中古車流通台数/11台、中古車相場/170万~300万円
●エボVIトミ・マキネン:中古車流通台数/4台、中古車相場/200万~660万円
●エボVII:中古車流通台数/17台、中古車相場/140万~450万円
●エボVIII:中古車流通台数/17台、中古車相場/140万~310万円
●エボVIII MR:中古車流通台数/11台、中古車相場/170万~350万円
●エボIX:中古車流通台数/13台、中古車相場/220万~450万円
●エボワゴン:中古車流通台数/7台、中古車相場/140万~200万円
●エボIX MR:中古車流通台数/4台、中古車相場/400万~500万円
●エボワゴンMR:中古車流通台数/3台、中古車相場/160万~210万円
●エボX:中古車流通台数/160台以上、中古車相場/100万~700万円
●エボXファイナルエディション:中古車流通台数/46台、中古車相場/440万~715万円

【画像ギャラリー】約24年10世代にわたる歴代ランエボの雄姿を写真でチェック!