三菱の至宝 歴代ランエボの中古車が熱い!! 高騰確実だけどお買い得!??


 1992年9月、ランサーエボリューションの輝かしい歴史が始まった。しかし、エボリューションの系譜は、2015年8月に限定1000台で販売されたランサーエボリューションの生産終了によって約24年10代にわたる歴史に幕を閉じてしまった。

 ランサーエボリューションシリーズは、ラリーなどの競技のベース車として熱烈なファンに支えられていたクルマだ。世界ラリー選手権を舞台に、インプレッサやセリカとのチャンピオン争いを繰り広げた激戦は、今でも脳裏に焼き付いている方も多いだろう。

 惜しまれつつも生産終了となってしまったが、現在でも中古車市場において高値で取引きされている。

 ランサーエボリューション(以下ランエボ)は、I~IIIの第1世代、IV~VIの第2世代、VII~IXの第3世代、そしてXの第4世代と分けて語られることが多い。

 今回、どのモデルが中古車市場で高騰しているのか、中古車事情に詳しい伊達軍曹が解説する。


文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 三菱

【画像ギャラリー】約24年10世代にわたる歴代ランエボの雄姿を写真でチェック!


どの世代のどのモデルが高騰しているのか?

ランサーエボリューションを復活してほしいという声も多いのだが……

 三菱ランサーエボリューションXの中古車相場が上昇している。まぁ走行10万kmを大きく超えた通常モデルのランエボXは車両100万円そこそこで狙えたりもするのだが、2015年8月に1000台限定で発売された「ランサーエボリューション ファイナルエディション」は最安値でも400万円オーバー。走行数千kmレベルのMT車では700万円以上になることも珍しくない。

 ファイナルエディションを中心とするランエボXの中古車相場は今、どんな具合になっているのか? また、それ以前の「懐かしのランエボ」各世代の相場はどうなのか?

 そのあたりのモロモロを世代別に調査してみることにしよう。まずは「第1世代」と呼ばれるランサーエボリューションIからIIIまで。

1992年9月に登場したランサーエボリューション。4G63型2L、直4ターボエンジンは250ps/31.0kgmを発生。ボディサイズは全長4310×全幅1695×全高1395mm。車重はGSRが1240kg

 1992年9月に発売されたランエボIこと初代三菱ランサーエボリューションは、世界ラリー選手権(WRC)の出場資格を得るため、当時のランサー1800GSRに、ギャランVR-4に搭載されていた最高出力250psの4G63型2L、直4ターボエンジンと4WD機構を移植したモデル。

 今にして思えばおとなしめのビジュアルだが、当時としては衝撃的なまでの武闘派フォルムで、まず発売された2500台は3日で完売。最終的には7628台が販売された。

 が、2020年の今となってはランエボIの中古車流通量は0台で、ほぼ絶滅状態。相場もないという状況なのであった。まぁ年式的にそりゃそうか……という話ではあるのだが……。

1994年1月に登場したランサーエボリューションII。4G63型2L、直4ターボは260ps/31.5kgmを発生。ボディサイズは全長4310×全幅1695×全高1420mm。車重はGSRが1250kg

 続いて1994年1月に発売されたのがランサーエボリューションII。登場時のキャッチコピーは「またも、最強へと進化をとげた。」で、エンジンの改良により最高出力は260psに。

 同時にボディ剛性を向上させ、鍛造アルミロアアームの採用やホイールベースおよびトレッドの拡大等々により、走行性能は大幅に改善された。

 しかし、こちらの中古車も今や全国で数台しか流通していない。車両230万円前後で(意外と安くはない)ほそぼそと販売されているようだ。

1995年1月に登場したランサーエボリューションIII。ボディサイズは全長4310×全幅1695×全高1420mm。4G63型2L、直4ターボは270ps/31.5kgmを発生。車重はGSRが1260kg

ランエボIIIの中古車情報はこちら!

 1995年1月に発売されたランサーエボリューションIIIは、当時の市販車としては異例の大型リアウイングや開口部の大きなフロントバンパーを採用して人気となった世代。

 4G63型2Lターボエンジンの最高出力は、細かな改良により270psまで増強された。

 これもまた中古車の流通量は「全国で数台」といったレベル。ただし車両価格は220万円から300万円ぐらいとまあまあお高く、TOMEI製の2.3Lエンジンに換装された個体には400万円以上の値札が付いている。

ランエボは第二世代へ進化を遂げる

1996年8月に登場したランサーエボリューションIV。ボディサイズは全長4330×全幅1690×全高1415mm。4G63型2L、直4エンジンは280ps/36.0kgmへと進化。車重はGSRが1350kg。このモデルで280psに到達した

ランエボIVの中古車情報はこちら!

 ランサーエボリューションのベースとなる三菱ランサーが1995年にフルモデルチェンジされたことで、エボリューションのほうも新型ランサーをベースとする第2世代へと進化した。

 1996年8月に第2世代の尖兵として登場したのがランサーエボリューションIV。左右後輪への駆動力を変化させて旋回性を向上させるアクティブ・ヨー・コントロール(AYC)を採用し、エンジンはブースト圧のアップなどにより当時の自主規制値いっぱいの280psに。

 だがそんなランエボIVの中古車流通量も今となっては激少で、全国で4台ほどが流通しているのみ。価格は140万~200万円といったところだ。

1998年1月に登場したランサーエボリューションV。ボディサイズは全長4350×全幅1770×全高1415mm。4G63型2L、直4ターボは280ps/38.0kgmを発生。車重はGSRが1360kg

ランエボVの中古車情報はこちら!

 だが往年の三菱ランサーエボリューションの数もVおよびVI世代になると(若干だが)増加してくる。

 「V次元の、瞬発力」というイカしたキャッチコピーを伴って1998年1月に発売されたエボリューションVは、全幅1770mmのワイドボディを初めて採用し、同時にブレーキとタイヤの容量も増強。

 4G63型エンジンの最高出力はエボIVと同じ280psだが、最大トルクのほうは2kgm向上して38.0kgmとなっている。

 そんなランエボVの中古車は2020年11月現在、全国で7台ほどが流通中。メインとなる価格帯は200万~300万円といったところだが、カスタマイズとメンテナンスが念入りに行われた個体は350万円以上となるケースも希にあるようだ。

1999年1月に登場したランサーエボリューションVI。ボディサイズは全長4350×全幅1770×全高1415mm。4G63型2L、直4ターボは280ps/38.0kgmを発生。車重はGSRが1360kg

ランエボVIの中古車情報はこちら!

 ランサーエボリューションVIは現在11台ほどの中古車が流通しており、そのうち8台がエボVIのGSR。

 すなわち1999年1月に発売され、空気抵抗や冷却性能などの改善のためナンバープレート位置が中央から左側となり、リアウイングが2段化された世代だ。

 こちらエボVIの現在の相場は170万~300万円といったところだが、中心となるのは240万~300万円ぐらいのゾーン。

2000年1月に登場したランサーエボリューションVIトミ・マキネンエディション。マキネンの4年連続ドライバーズチャンピオンを記念して発売。4G63型2L、直4ターボエンジンは280ps/38.0kgm

ランエボVIトミ・マキネンエディションの中古車情報はこちら!

 だが俗に「ランエボ6.5」とも呼ばれるランサーエボリューションVIトミ・マキネンエディションはさすがに希少で、2020年11月現在の流通量は全国で4台ほど。走行20万kmを超えている個体は車両約200万円だが、走行2.5万kmの禁煙車には約660万円もの高値が付いている。

 このトミ・マキネンエディションは、当時三菱のWRCワークスドライバーだったトミ・マキネンの4年連続ドライバーズチャンピオン獲得を記念して作られた特別仕様車。

 フロントバンパー形状を変更するとともに、従来型より10mmダウンしたターマック(舗装路)仕様サスペンションと、ストラットタワーバーを採用。エンジンも、GSRでは中低速トルクとレスポンスの向上が図られ、マフラーエンドも楕円から真円の大口径へと変更されている。

次ページは : エボVIIから第3世代へ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ