センチュリーの中古車が欲しい!! 100万円で1000万円カーの気分が味わえる!??


 先日、中部経済新聞が「トヨタがセンチュリー級の超高級SUVの市場投入を計画していることがわかった」と報じたのが記憶に新しい。

 また2020年には兵庫県知事がリアシートに乗る公用車がレクサスLS600hLからトヨタのセンチュリーに買い換えられたことが波紋を呼び、各都道府県で公用車にセンチュリーを採用していることが大きなニュースとなった。

 そこで、現行センチュリーではないが、先代センチュリーの中古を狙おうと思ったら実際いくらで買えるのか? 

 そこで、先代センチュリーを中古で購入した、モータージャーナリストの永田恵一氏が自身の体験も交えながら解説する。

文/永田恵一
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】歴代&現行型センチュリーの内外装をみる


まずは先代センチュリーを知る!

1997~2017年に販売された2代目センチュリー(GZG50型)。5L、V型12気筒の1GZ-FEエンジンを搭載

 中古車検索サイトを熱心に見ている人の中には「先代型となる2代目センチュリーって、新車価格が最低約1000万円したことを考えると、コンディションはともかくとして50万円以下のものもあって安い!」と感じる人は少なくないかもしれない。

 しかし、実際に激安先代中古センチュリーを買ったという人はほとんどいないのもあり、中古センチュリーの情報というのは非常に少ない。

 当記事ではそんな激安先代中古センチュリーを自分のものにし、1年半5000kmほど乗った経験のある筆者が先代センチュリーの中古車はいかなるものなのか、解説していきたい。

 まずは先代センチュリーの概要から。

 2代目モデルとなる先代センチュリーは、トヨタグループの創業者である豊田佐吉氏の生誕100年となる1967年に誕生した初代センチュリー以来、30年振りとなる1997年にフルモデルチェンジされ登場。

 2代目センチュリーも初代モデル同様に日本車の頂点となるショーファードリブンカー(主にプロの運転手さんが運転し、オーナーとなる要人はリアシートに乗るクルマ)として開発された。

2代目センチュリー(フロアシフト)の運転席。オーナーである要人は後席に座り、運転手がハンドルを握る

 2代目センチュリーは2代目セルシオをベースに開発され、技術的な最大の特徴は日本車ではおそらく最初で最後となると思われる5L、V12エンジンを搭載したことである。

 2代目センチュリーのV12エンジンは当時の2.5L、直6エンジンを2つつないだものという成り立ちで、止まることが許されないというショーファードリブンカーということもあり、トラブルの際には片バンクの6気筒だけでも走れる機能や燃料ポンプを二系統持つなど、航空機のようなエマージェンシー性能を備える。

 また2代目センチュリーも歴代センチュリーと同様に生産ラインではなく、トヨタ車としては異例な手押し車に載せられ手作業で組み立てられ、塗装に代表されるクオリティは日本一である。なおセンチュリーが手作業で組み立てられるのは「技術の伝承のため」という理由も大きい。

 1グレードだった2代目センチュリーのバリエーションはフロアシフトかコラムシフト、ドアミラーかフェンダーミラー、モケットシートか革シートというのが主なところだ。

 ボディカラーはブラック、ダークブルー、ダークグリーン(初期モデルのみ)、グレー、ライトブルー、シルバーがあり、それぞれにブラックであれば神威といった和名があるという点も実にセンチュリーらしい。

 2代目センチュリーは2003年のCNG(圧縮天然ガス)仕様の追加、2005年のATの4速から6速化に代表される細かな改良を受けながら、2017年1月まで生産され、2018年6月に現行型3代目モデルにバトンタッチされた。

約20年間で、CNG仕様追加、ATの6速化、地上デジタルチューナー追加、スーパーUVカットガラス装備など幾度となく改良が加えられてきた

永田氏が購入した激安中古センチュリーとは?

永田氏はヤフオクでセンチュリーの中古車を53万円で購入

 筆者も冒頭に書いたように、以前からV12エンジンを搭載している割に価格が安い点を理由に2代目センチュリーの中古車が漠然と気にはなっていた。

 その興味は2018年にセンチュリーが現行型にフルモデルチェンジされると一層高まり、話の成り行きでベストカー本誌にて「筆者が激安中古センチュリーを買って連載する」ということになり、筆者は連載開始の時期もあり、急ぐようにヤフーオークションにて53万円で2代目センチュリーを落札した。

 筆者の激安中古センチュリーは東京の企業で初度登録され、筆者で四人目のオーナーらしいという個体で、「大きな修理代が掛かるトラブルがあったら諦める」という覚悟で自分のものにしたが(そうでなかったらそもそも筆者には自分のものにできない)、大きな問題はなかった。

 コンディションは2000年1月登録の当時18年落ち、走行約15万㎞、車検の残りは2年近く、ブラック、フェンダーミラー、モケットシートであった。

 ただ、現車がある愛知県に現行センチュリーの広報車両で激安中古センチュリーを迎えに行った帰り道に、キーが縦方向に真っ二つ割れるトラブルというかアクシデントはあった。

 この点に関しては筆者のセンチュリーは結果的に幸いイモビライザーがなかったため、残ったキーの部分から鍵屋さんでスペアキーを造り、生き残ったキーレスエントリーの部分と組み合わせて、乗っていた。

 激安中古センチュリーを買って良かった点は以下のことが挙げられる。


●アイドリング+αの低回転域から図太いトルクを出し、モーターのようにスムースに回るV12エンジンをこの価格で経験できた
●塗装や本当に木から造られている木目パネル、丈夫なモケットシートといった高いクオリティを経験できた
●落札価格の何倍にも思ってもらえる周りに対するインパクト
●自動車メディアで働いていてもめったに乗ることがないクルマだけに、乗せた人が喜んでくれる
●クルマがクルマだけに路上での周りからの扱いがよく、職務質問を受けるという貴重な経験もした
●フェンダーミラー、オーディオの短波放送、リアシートから助手席(筆者は秘書席と呼んでいた)を電動で動かせる機能、リアシートに座る要人が足を伸ばせるよう助手席の背もたれを貫通できる機能、リアシートのマッサージ機能など、ショーファードリブンカーならではの装備、快適性を味わえた

 筆者の激安中古センチュリーに限らず、2代目センチュリーの×としては、


●燃費は総合するとリッター5kmから6kmと現代の基準では極悪である以上に、排気量が5Lなので通常で8万8000円、13年落ち超だと15%増しで10万1200円の自動車税は痛かった
●大きなロール、スロースピードなステアリングレスポンスなど、運転して特に楽しいクルマではない。ただこのあたりを逆手にとって先読みした運転をすると、それはそれで運転の練習になるという楽しみ方もある

 筆者が自動車メディアのフリーランスというのも含め総合的に見ると、激安中古センチュリーを自分のものにしたことは費用対効果の高い経験、勉強だった。

次ページは : 先代センチュリーの中古車相場

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ