デリカD:5後期モデルがいま狙い時!! 個性派ミニバンが中古車市場で熱い

唯我独尊の個性派ミニバンが中古車市場で熱い! デリカD:5は後期モデルがいま狙い時

 ファミリーカーとして定着したミニバンの中で、唯我独尊系と呼ばれる個性派モデルがある。それが三菱『デリカD:5』だ。現行型はデリカの乗用モデルシリーズの5代目に当たることからデリカD:5というネーミングで2007年1月から販売開始し、すでに14年が経過したロングセラーモデルとなっている。

 今回はこのロングセラーモデルの『デリカD:5』の中古車事情を取り上げるのだが、2019年2月より販売されたビッグマイナーチェンジ後のモデルに絞って紹介していきたい。

文/萩原文博
写真/MITSUBISHI、編集部

【画像ギャラリー】誕生から14年! たゆまぬ進化で今も人気の後期型デリカD:5大全集!!


■2019年のマイナーチェンジで大幅に洗練されたデリカD:5

 居住性と高い利便性を両立したミニバン(1 BOX)とSUVの悪路走破性を兼ね備えた個性派ミニバンとして人気となったのは、1986年に登場した『3代目デリカスターワゴン』から。その後、1994年に登場した『デリカスペースギア』、2007年から販売開始した『デリカD:5』へと受け継がれている。

 このデリカD:5だが、販売開始から12年が経過した2019年にビッグマイナーチェンジを行っている。改良のポイントは、外観は三菱のフロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を取り入れ、ひと目でデリカD:5とわかる特徴的で、上質で力強いデザインを採用した。

デリカD:5のマイナー前後モデルの比較(左がMC後、右がMC前)。フロント部だけ比較するとまるで違うモデルに見える。更に内装、変速機、安全装備までアップデートされ十分な商品力を身に着けた

 インテリアは水平基調の「ホリゾンタルアクシス」というコンセプトに基づき、走行時に車体姿勢が掴みやすく、ワイド感を演出するインストルメントパネルデザインに一新された。搭載される2.2L直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンは、エンジンを構成する主要部品の約50%を改良、最大トルクを5%アップの380Nmとなった。

 組み合わされるミッションは新開発の8速スポーツモードATとなり、低速からトルクフルな走りとシフトチョックの少ない滑らかな加速そして静粛性を実現している。

 また運転支援システムも大幅にアップデートされ、予防安全技術「e-Assist」を新規採用し、衝突被害軽減 ブレーキシステム(FCM)や車線逸脱警報システム(LDW)、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)などを採用し、安全性を向上させている。

 モデル体系は標準車の「デリカD:5」とフロントメッキグリルやワイド感を強調したフロントバンパーを装着し洗練されたデザインが特徴の「アーバンギア」の2種類となっている。

バンパーやドアガーニッシュが低さを醸し出し、都会的に洗練されたアーバンギア(写真左)も魅力だが、現在の販売の主力はワイルドさ=D:5のイメージとなる標準車(写真右)である

 その後、2019年11月に運転支援システムに誤発進抑制機能(前進時)を追加。2020年4月には快適装備が充実した特別仕様車の「ジャスパー」の設定。そして2020年12月には一部改良を行い、ワイパーを雨量に合わせて動作速度を自動で切り換える雨滴感応オートワイパーに変更をはじめ、一部グレードにステアリングヒーターの採用。オートライトコントロールの機能変更などが行われている。それでは、デリカD:5の中古車事情を見てみよう。

快適装備充実の特別仕様車『ジャスパー』。一部外装品の衣装変更のほか、撥水シートなどを装備。さらに赤いマッドフラップなどをセットにしたディーラーオプションパッケージも用意

■新車よりお得感の強い特別仕様車が狙い目!

 現在、デリカD:5の中古車の全流通台数は約1590台。2020年10月時点では約1430台だったので、増加傾向となっている。

 中古車全体の平均価格は2020年10月時点が約232万円で、現在が約214.6万円となっており、2020年12月中旬の大きく値落ちが進んでいる。2019年2月以降の中古車に絞って見ると、約445台となり、デリカD:5の中古車の約31%はビッグマイナーチェンジ後のクルマとなっている。

 中古車の価格帯は約315万~約586万円と非常に幅広く、460万円以上の中古車はキャンパー仕様やリフトアップ仕様などのカスタムカーとなっているのが特徴だ。

 続いては年式別の流通台数や平均価格をチェックする。ビッグマイナーチェンジが行われた2019年式は約120台。2020年式は約293台、そして2021年式は約30台と圧倒的に2020年式の中古車が多くなっている。

 中古車の平均走行距離を見てみると、ビッグマイナーチェンジを行った2019年式以降で走行距離500km以下、すなわちおろしたて中古車と呼ばれるクルマが250台も占めているのだ。さらに年式ごとの平均価格を見てみると2019年2月~2019年10月までが約373.2万円。2019年11月以降は399.9万円と高価格をキープしているのである。これは、おろしたて中古車が多いということも影響している。

 それでは、グレード分布を見てみよう。

 ビッグマイナーチェンジ後のデリカD:5の中古車で最も多いグレードは、「2.2DT Gパワーパッケージ」の約241台。中古車の価格帯は約338万~約555万円。ボディカラーは半数近くがブラックとなっている。「2.2DT Gパワーパッケージ」の新車価格は425万1500円で、走行距離6kmという登録済み未使用車が約340万円となっているので、割安感は高い。

 続いて多いグレードが約87台の最上級グレード、「2.2DT P」だ。中古車の価格帯は約360万~約586万円。新車時価格は438万7900円なので、Gパワーパッケージと比べると値落ち幅は小さめだ。そして「2.2DT G」が約49台で上位は標準モデルが占めている。価格帯は約330万~約474万円。Gパワーパッケージと新車価格が20万円もあることを考えると、こちらも割高感がある。

マイナー後の標準モデルの人気は高く、中古車相場も高値で推移している

●ベストカーWeb厳選! マイチェンで人気急上昇「デリカD:5」の最新中古車情報はコチラ

 また、「アーバンギア」ではGパワーパッケージが約45台で最も多く、中古車の価格帯は約339万~約450万円。そして走行距離1kmという登録済み未使用車が約340万円で販売されている。新車価格は標準モデルより10万円高いことを考えると、流通台数は少ないがアーバンギアのほうが割安感は高くなっている。

アーバンギアは標準車のワイルドなイメージがマイルドになっている為か、人気は標準車に及ばず。都市部での雪道走行には十分だが、流通量は少ない。ただし割安感はあり

‎ 加えて、2020年4月に設定された特別仕様車の「ジャスパー」の中古車は約11台流通していて、価格帯は約355万~約535万円。 このジャスパーはほとんどが登録済み未使用車となっているので、新車価格と比べると約60万円は安く手に入れることができる。 標準モデルの購入を考えている人ならば流通台数はかなり少ないが、ジャスパーを狙うのは賢い選択かもしれない。‎

【画像ギャラリー】誕生から14年! たゆまぬ進化で今も人気の後期型デリカD:5大全集!!