ユーノスコスモは今しか乗れない!? 極悪燃費3ロータリーの20Bはまだ生き残っているのか?


 良くも悪くも「伝説の一台」といえるのが、ユーノスコスモというクルマだろう。良い意味での伝説は、そのデザインだ。

 ……これほどまでに美しい大型2ドアクーペはもう二度と出てこないはずというか、2021年の今発売しても(デザインにおいては)圧倒的な存在感を発揮するだろうというか、「世界一美しいクーペは初代BMW6シリーズとよく言われるけど、そっちじゃなくてコレでしょうが! 」と言いたくなるというか。

 とにかく素晴らしいカタチをしたクルマである。

 そして悪いほうの伝説は「燃費」についてだ。V型12気筒エンジン並みの滑らかさを目指して開発された、市販車では世界初となった「3ローター式」の20B-REW型エンジンは、たしかにV12並みに滑らかではある。だがその実燃費も古いV型12気筒並みで、基本的には3km/Lほどしか走らない。

 場合によっては飛ばしすぎると「リッター1kmぐらいしか走りません!」ということもしばしばあって、ある種の伝説となってしまったのだ。

 そして1996年の「ユーノスチャネル瓦解」に伴い、新車としてのユーノスコスモは販売終了となったわけだが、その中古車は今もなお、その気になれば手に入れることはできるのか? 中古車事情に詳しい伊達軍曹が解説する。

文/伊達軍曹、写真/マツダ

【画像ギャラリー】今でも十分通用しそうなユーノスコスモの内外装をチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ