一度買ったらやめられないSUVの魔力とは? SUVの買取価格はやっぱり高い?

一度買ったらやめられないSUVの魔力とは? SUVの買取価格はやっぱり高い?

 2021年4月23日に発売したばかりのコンパクトSUV、新型ホンダヴェゼルは約1カ月で累計受注台数は3万2000台となり、月間販売台数の6倍以上という好調な滑り出しとなった。

 また、2020年8月に登場したトヨタヤリスクロスもセールスが好調で、販売会社のホームページで納車時期を確認すると、ガソリン車、ハイブリッドともに2020年12月以降(予定)と表示されている。半導体不足など様々な要因があるとはいえ、人気の高いSUVの納車時期は長くなっているのが現状だ。

 まさにSUVを出せば売れるという感じだが、なぜSUVは我々を虜にするのだろうか? SUVを一度買ったらやめられないとよく聞くが、なぜそれほどまでに人気なのか?

 その理由を探るとともにベースとなったハッチバックと、SUVモデルの査定買取価格を徹底比較。買取価格もSUVのほうが高いのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/トヨタ ホンダ スバル

【画像ギャラリー】SUVは売る時お得! 迫力も実用性もベース車を圧倒!!