スイフトスポーツを中古で買うなら先代型と現行型どちらが買いなのか


 アラフィフの筆者が免許証を取得した昭和の終わりから平成の初期は1.5~1.6Lエンジンを搭載したスポーツモデルが多く存在し、当時の多くの若者がファーストカーとして中古車を購入していた。

 トヨタAE86型カローラレビン/スプリンタートレノをはじめ、トヨタカローラFX、日産パルサー/サニー、ホンダシビック/CR-X、マツダファミリア、三菱ミラージュと選び放題だった。

 しかし時は流れて現在ではこういったモデルの多くは姿を消していて、国産中古スポーツカー相場は高騰している。そんな寂しい時代の若者たちにとって救世主的な存在がスズキスイフトスポーツだ。

 安くて、速くて、そしてイジれるという、まさに三拍子揃ったスポーツモデルで、若者から元若者まで幅広い層に人気を誇っている。その証として、どの世代のスイフトスポーツの中古車もAT(CVT)よりMT車のほうが流通台数は多いのだ。

 そこで、今回はホットハッチとして高い人気を誇っているスイフトスポーツの先代型、現行型の流通台数や相場などを検証し、どちらが買いなのか? を検証する。

文/萩原文博
写真/SUZIKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】クルマ好きの味方! 先代型と現行型のスイフトをチェック!


■先代型スイスポは2011年に登場

 まずは、簡単にスイフトスポーツの車種紹介をしよう。まずは通算3代目となる先代型モデルからだ。先代型のスイフトスポーツは、2011年11月~2017年8月まで販売された。

先々代モデルの正常進化版として登場した先代スイフトスポーツ

 ボディ骨格に高張力鋼板を使用し、旋回時の安定性を高めた専用設計のリアサスペンションと、大径化したストラットにリバウンドスプリングを内蔵したフロントサスペンションを採用することにより、操舵に対するリアの追従性を向上させている。

 さらにスポーティな走行に特化した減衰特性としたモンローのショックアブソーバーを採用している。

 搭載するエンジンは最高出力136ps、最大トルク160Nmを発生する1.6L直列4気筒DOHCで、可変吸気システムの採用や吸気VVT制御の最適化、冷却システムの改善など専用チューニングを施している。

先代型に搭載される1.6L直4エンジン。数値はそこまで目を見張るものではないが、クロスしたミッションと合わせ鋭い吹け上がりが楽しめる

 トランスミッションには新開発の6速MTとパドルシフト付7速マニュアルモードを採用したCVTを搭載。6速MTは加速性能と燃費性能を両立させるため、2~5速ギアをクロスレシオとしている。

 黒を基調としたインテリアにはレッドステッチを施し、精悍さをアップ。そしてスポーツ走行時などに体をしっかりと支えてくれる専用のスポーツシートをフロントに採用している。モデルライフのなかで目立った変更はボディカラーの入替程度となっている。

先代型の内装。内装色は黒を基調としていて、レッドステッチを施し精悍さをアップ。さらに専用のスポーツシートをフロントに採用

■現行型は2017年から

現行型スイフトスポーツはついにボディの大きさが3ナンバーサイズとなった

 続いては、2017年9月から販売されている現行型スイフトスポーツ。クルマの骨格にあたるプラットフォームに「ハーテクト」と呼ばれる高剛性、軽量化を両立した新プラットフォームを採用。さらに全幅1735mmの3ナンバーサイズとすることで、トレッド幅を拡大して直進安定性と旋回性能を向上させている。

 また、外観デザインでは空力パーツの導入によって揚力と空気抵抗の低減を高レベルで実現し、先代モデル比で約10%も空気抵抗を低減している。

 搭載するエンジンは最高出力140ps、最大トルク230Nmを発生する1.4L直列4気筒直噴ターボ。点火制御とターボ過給圧制御をチューニングし、アクセル操作に対する反応を高めて、過給応答性を向上させていて、幅広い回転域でターボラグのない鋭い加速を実現している。

現行型 1.4L直列4気筒ターボは最高出力140psを発生。最高出力を抑え目にすることで、ターボエンジンとしては良好な応答性を得た

 組み合わされるトランスミッションは6速MTと6速AT。6速MTは先代と同じ2~5速をクロスレシオ化した同じギア比を採用。一方の6速ATは最適なギア比を設定し、鋭い加速を得られるようになっている。

 サスペンションにはスポーティな走行に特化した減衰特性のモンローのショックアブソーバーを採用。さらに専用スタビライザーやブッシュ類の採用によってロール剛性を最適化している。

 そして、運転支援システムがパッケージしたセーフティパッケージを設定。衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、アダプティブクルーズコントロールなど最新の運転支援システムが採用されている。

現行型の内装。カラーは先代のようなブラック基調だが、赤いアクセントカラーがより強調されていて、より今風になった

 2020年5月の一部改良で、後退時の安全装備を充実させ、安全性を向上させている。それでは、現行型と旧型のスイフトスポーツの中古車事情を見てみよう。

次ページは : ■先代型の中古車事情

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ