スープラ マークII…一度は味わっておきたいトヨタ直6の名機1JZ-GTE搭載車

スープラ マークII…一度は味わっておきたいトヨタ直6の名機1JZ-GTE搭載車

 ドイツのBMWに3.2L自然吸気直6の名機「S54B32」があり、同じくドイツのAMGには6.2L自然吸気V8の名機「M156」があるように、日本にも誇るべき名作エンジンがある。

 それはトヨタの直6、「1JZ-GTE」(1990年8月~2006年5月まで生産)だ。

 第1世代では2.5Lの直列6気筒DOHCにトヨタ製CT12型セラミックターボチャージャー2基を組み合わせ、当時の自主規制の上限値「280ps」を最小排気量で実現。

 それでいて、軽量なセラミックタービンにより良好なアクセルレスポンスを有し、さらに、当時としてはターボラグがきわめて小さいという、まさしく「名機」であったのだ。

 第2世代では可変バルブタイミング機構とCT15B型シングルターボチャージャーとなり、280psの最高出力は変わらないものの、フルカウンタークランクやセミ鍛造ピストン、メタルヘッドガスケットなど、高強度のパーツが使われており、エンジンの耐久性は高かった。

 だが、「EUの2035年にガソリン車の新車販売を禁止する意向」などのニュースを聞くまでもなく、この種のガソリン名機を堪能できる残り時間はそう長くはないはず。

 また人気が高いゆえに、1JZ-GTE搭載モデルの中古車相場がどんどん上がっているという問題もある。

 クルマ好きなら、運転免許を返納するまでに一度は味わうべき1JZ-GTE搭載モデルは今、いくらぐらいで探せるのか? また、その流通量はどうなっているのだろうか?

文/伊達軍曹
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】トヨタの1JZは何がすごかった? 名機1JZ-GTE搭載モデル一覧


■X81型マークII 3兄弟(1990年8月~1992年9月)

マークII 2.5ツインターボ。兄弟車チェイサー/クレスタや70スープラとともに1JZ-GTE型2.5L、直6エンジンを搭載。トヨタ車では初となる最高出力280psを達成した
マークII 2.5ツインターボ。兄弟車チェイサー/クレスタや70スープラとともに1JZ-GTE型2.5L、直6エンジンを搭載。トヨタ車では初となる最高出力280psを達成した

 EVやガソリン車販売禁止のニュースを横目で見ながら、1JZ-GTE事情を調べてみることにしよう。

 1JZ-GTEがまず搭載されたのは、1990年8月にマイナーチェンジを受けたX81型マークII 3兄弟(マークII/チェイサー/クレスタ)と、同じタイミングでマイナーチェンジを受けた70型スープラだった。このときの1JZ-GTEは第1世代、すなわちツインターボである。

 まずはX81型マークII 3兄弟の、現在の中古車相場を見てみよう。

●X81型トヨタマークII 2.5GTツインターボ
流通量:1台
相場:150万円

●X81型トヨタチェイサー 2.5GTツインターボ
流通量:1台
相場:130万円

●X81型トヨタクレスタ 2.5GTツインターボ
流通量:0台
相場:―万円

 この世代の1JZ-GTE搭載グレードはツアラーVではなく「2.5GTツインターボ」と名乗っていたわけだが、いずれにせよほぼ全滅である。この世代を狙うのはちょっと難しいようだ。

次ページは : ■70型スープラの2.5Lツインターボ(1990年8月~1993年4月)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号