高騰必至!! タマ不足のうえに海外流出の危機を迎える平成の名車3選

25年ルール適用で海外流出の危機を迎えるSUVの名車3モデル!

 最近、良く耳にするようになった言葉が「中古車の25年ルール」。初度登録された年から25年経過したクルマが北米に輸出されている事象のこと。

 これはアメリカが世界の中でも厳しい安全規制を課していて、安全性能を証明するために衝突試験を実施しなければならない。しかし製造から25年経過したクルマであればクラシックカーと見なされて、その厳しい試験が免除されるという規則がある。これが一般的に「25年ルール」と言われているものだ。

 これにより個人輸入が可能となり、日本のみで販売された国産スポーツカーをはじめ、現在では軽自動車など様々なクルマが海外に流出し、「中古車のグローバル化」が加速したのはご存じのとおり。

 そこで、今回はこの25年ルールで海外流出が危ぶまれそうな平成の名車3台をピックアップしてみた。

文/萩原文博、写真/日産自動車、三菱自動車、いすゞ自動車

【画像ギャラリー】25年ルールで海外流出しそうな平成の名車を詳細画像でチェック(13枚)画像ギャラリー

ラリーで培った高い走行性能を誇るパジェロエボリューション

パジェロエボリューションのフロントスタイル

 まずは三菱・パジェロエボリューション。国内市場からは姿を消してしまったが、一世を風靡したパジェロは、世界一過酷なラリーといわれるダカールラリー(パリ~ダカールラリー)に1983年から参戦し、7大会連続を含む通算12回の優勝に輝き、耐久性の高さを誇った本格派のSUV。

 そのラリーで培ったノウハウを最も色濃く受け継いだモデルが1997年9月の発売されたパジェロエボリューションである。

 クロスカントリーラリーの「パリ~ダカールラリー」で培った技術を集約し、ドライバーの意のままに走行することができる優れた基本性能と走ることを楽しめると同時に長距離ドライブをこなせる快適性を兼ね備えたモデルだ。

 パジェロエボリューションの3ドアショートボディは高剛性化を図ると共に、空力特性とオフロード性能を徹底的に追求した外観となっている。リアには大型フィン付きリアスポイラー、ステップ付きサイドエアダムを採用。

 さらにアルミを採用し軽量化したボンネットはエンジンの冷却効率を向上させるため、エアインテークを採用している。

 サスペンションは本格オフロード4WD車で初めて四輪独立サスペンションを搭載。フロント、リアともにダブルウィッシュボーン式(リアはマルチリンク)を採用。さらにショックアブソーバーと減衰力の最適化、ボールジョイント式スタビライザーの採用により圧倒的なオフロード走破性とオンロードでの快適性を実現している。

 搭載しているエンジンは3.5LV型6気筒MIVECエンジン。三菱独自の可変バルブタイミングリフト機構、可変吸気システムを搭載し、低速、中速、高速と3つのモードでコントロールし、あらゆる領域で35.5kg-mという高トルクを維持し、圧倒的なフィーリングを実現している。

 組み合わされるトランスミッションは5速MTと5速ATで駆動方式は三菱独自のスーパーセレクト4WDを採用。ヘリカルギア式LSDにビスカスカップリングを装着したハイブリッドLSDにより、悪路走破性とオンロードでの旋回性能を向上させている。

 約22年前に新車価格374万~390.8万円で販売されたパジェロエボリューションだが、現在は価格応談の1台のみとなっている。海外に流出する前に絶滅の危機を迎えている。

GT-Rのパワートレインを移植したステージアオーテックバージョン260RS

ステージアオーテックバージョン260RS前期型のフロントスタイル

 現在はSUVブームに圧されてスバル・レヴォーグが孤軍奮闘している国産ステーションワゴン。かつてはスバル・レガシィを中心に隆盛を誇った時代もあった。

 そのステーションワゴンブームの最中にR32型から始まる第2世代日産スカイラインGT-Rに搭載されている2.6L直列6気筒ツインターボエンジンを搭載したチョッ速ステーションワゴンが販売された。それが日産・ステージアオーテックバージョン260RSだ。

 オーテックジャパンは、日産の子会社で現在はNISMOやAUTECHといったカスタマイズカーを生産ししている会社だ。また、女優の伊藤かずえさんの初代日産シーマをレストアしたことでも知られている。

 そのオーテックが初代ステージアに2.6L直列6気筒ツインターボエンジン+5速MTというスカイラインGT-Rのパワートレインを搭載した260RSを1997年10月に販売開始し、1998年10月にはマイナーチェンジを行っている。

 オーテックバージョン260RSは280psを発生するエンジンを搭載したワゴンではなく、280psを使い切れるワゴンとして開発。走る、曲がる、止まる機能をすべて見直しされている。

 ステージアにRB26DETTを搭載するにあたって、ボディ補強を実施。フロントサスペンション取付部の剛性を上げるタワーバーをはじめ、左右車体サイドメンバー前方部分をつなぐトンネルステー。

 さらにリアサスペンションメンバーに寄り添うように配した3分割のピンステイからなるトリプルクロスバー。そしてCピラー部、リアストラット周りの剛性強化を施し、操舵に対する追従性や回頭性、リアの追従遅れの低減や接地性の向上を実現させている。

 4輪マルチリンクサスペンションはスプリングバネ定数、スタビライザー径、ショックアブソーバーの減衰力特性、ブッシュ剛性などをチューニングし、別物と言える仕上がりとなった。そして、ブレーキにもこだわり、ブレンボ製の大容量ブレーキシステムを採用している。

 インテリアは10,000回転まで刻まれたタコメーターをはじめ、センターコンソールには専用の3連メーター。そして、シートにはサポート性とホールド性を向上させた専用スポーツシートを装備している。

 ステージアオーテックバージョン260RSは440万~450万円で販売されたが、現在中古車の流通台数は約5台で、1台が前期型、残り4台は後期型となっている。

 中古車の価格帯は、約390万~約620万円と新車時価格を上回るクルマが多くを占めている。これほどのスペックを誇るチョッ速の国産ステーションワゴンは二度と登場することはないだろう。

次ページは : 日産ジュークのルーツと噂されたいすゞビークロス