初代インテRの中古車が約900万円! 200万円台のインテRとの価格差 高騰と激安の違いとは

初代インテRの中古車が900万円! 200万円台のインテRとの価格差高騰と激安の違いとは

 DC2またはDB8こと初代ホンダインテグラタイプRの中古車相場が、ちょっと凄いことになっている。前々から高騰はしていたが、このたびなんと車両価格約900万円(正確には889.9万円)のDC2が市場に登場してしまったのだ。

 さすがに初代インテRが約900万円という価格には驚いた。しかし、これ以外の車種を調べていくと、下は200万円台からある。

 上は約900万円、下は200万円台、いったいこの差はなんなんだ? 中古車事情に詳しい伊達軍曹が徹底解説していく。

文/伊達軍曹
写真/Sunkissed Valley、伊達軍曹、ホンダ

【画像ギャラリー】世界クルマ遺産認定!? 博物館級888.9万円の初代インテグラ タイプRの中身(15枚)画像ギャラリー

■まさか初代インテRがこんなに高騰するとは

まさに博物館級の初代インテR。価格は889.9万円、走行距離1.9万kmのワンオーナー車

 この889.9万円という超高額物件は、東京都立川市の中古車販売店『Sunkissed Valley』が販売する1997年式。走行わずか1.6万kmの実質ワンオーナー車で、マフラー以外はフルノーマルだ。

 Sunkissed Valleyの落合秀樹代表に確認したところによれば、こちらの物件はオークション経由で仕入れたものではなく、ホンダの某ディーラーで長きにわたってメンテナンスを受けていたワンオーナー車。

 それを縁あって落合代表のお店が買い取ることになったというもので、H11年から28年までの2年ごとの整備記録簿と、平成29年、30年の2年連続の記録簿、そして直近の令和3年1月に車検を通した際の記録簿が保管されている。

 落合代表いわく、令和3年1月の車検時には消耗品類を徹底的に交換し、そのコストだけでおおむね50万円に達したという。

 だがそれにしても「初代インテグラタイプRが約900万円」というのは強烈である。今後、DC2を中心とする初代インテグラ タイプRの相場は1000万円近くまで上昇してしまうのだろうか……と暗澹たる気分になった筆者だったが、市場全体を見てみると、実はそうでもないようだ。

 900万円級の価格が付いているのはこの1台だけで、他は高いものでも500万円前後。その下に「300万円台」というカテゴリーがあり、最安値カテゴリーが200万円前後――というのが、現在の初代ホンダインテグラタイプRのおおむねの相場である。

 同じクルマでも最安値と最高値では約700万円もの開きがあるわけで、この差はいったい何なのだろうか? そしておおむねいくらぐらいの初代インテRを狙えば、「ちゃんと走り、VTECエンジンは上までちゃんと回る1台」を手に入れることができるのだろうか?

 そのあたりについて、いろいろと考えてみよう。

■博物館級のこの個体を見ていこう

まさに博物館級といっていい状態。マフラー以外はオリジナル
走行距離1.6万km、ワンオーナー車だけにインテリアはきれいに保たれている

 まずは最高値である「約900万円カテゴリー」について。まぁカテゴリーといってもSunkissed Valleyが販売している1台しかないわけだが、これの価格は「博物館級だから」というひと言で説明できる。

 こちらの個体は、現在は社外品に交換されているマフラーを純正に戻しさえすれば、ほぼそのままツインリンクもてぎの「ホンダコレクションホール」に陳列できるような一台であり、機械そのものだけでなく「文化遺産としての価値」も、販売プライスに転嫁されているわけだ。

 Sunkissed Valleyの落合代表も889.9万円という車両価格ですぐに売れるとは思っていないとのことで、「長い目で見て、このクルマの価値をおわかりいただける方がもしも現れたら、そのときはお売りしたい」というスタンスであるようだ。

 そして実際、問い合わせの数は少ないという。国内からだけでなく海外の業者からの問い合わせも少ないとのことなので、「約900万円の初代インテグラタイプR」というのは「かなりイレギュラーなケース」と見ていいだろう。

 資産ウン十億円かウン百億円レベルの超絶お金持ちが、数あるコレクションに加えるための1台――みたいな特殊な存在なのだ。

B18C型1.8L直列4気筒DOHC VTECエンジンは1993年に登場したインテグラSIRに搭載されたリッター当たり100馬力、許容回転数8000rpmを実現した1.8L直列4気筒DOHC VTECエンジンをベースに約60点に及ぶ専用パーツを新たに開発し、通常のエンジンであれば息つきが始まる領域からさらに伸び上がる爽快感と、自然吸気エンジンとして世界最高峰のリッターあたり111馬力の高出力を実現。圧縮比は11.1と高められ、最高出力200psを8000rpm、最大トルク18.5kgmを7500rpmで発生する

次ページは : ■500万円前後の初代インテRは?