シャトル、フリード…売るならいま!?? ホンダの「安くていいクルマ」が中古で絶賛値上がり中!!

シャトル、フリード…売るならいま!?? ホンダの「安くていいクルマ」が中古で絶賛値上がり中!!

 ホンダ車の中古車で値上がりしている車種というと、シビックタイプRやS2000、初代NSXなど多くの人はスポーツカーが思い浮かぶはず。

 2021年3月に生産終了がアナウンスされた際、軽オープンカーのS660も一時暴騰したものの、現在は値落ち傾向へと変わっている。

 半導体不足から新車の納車が遅延し、注目が集まっている中古車だが、ここでは、スポーツカーじゃないホンダの中古車の中から値上がりしている3モデルをピックアップしてみた。

文/萩原文博、写真/本田技研工業株式会社、萩原文博

【画像ギャラリー】中古車価格が値上がり中のホンダ3モデルの詳細画像(19枚)画像ギャラリー

生産終了の噂が出ている現行型シャトル

現行型シャトルのフロントスタイル

 スポーツカーではなく、値上がり傾向を示している中古のホンダ車には共通点がある。それが「5ナンバーサイズ」そして「ハイブリッド車」だ。

 まずは、2022年内で生産終了するという噂が流れているシャトルだ。現行型のシャトルは2015年5月に登場。旧型フィットをベースに、5ナンバーサイズの扱いやすさや優れた燃費性能とクラス最大の広さを誇るフラットなラゲッジスペースを融合したコンパクトステーションワゴン。

 シャトルは全長4,440mm×全高1,695mm×全高1,545mmと都市部に多い立体駐車場に対応したコンパクトなボディサイズながら、ラゲッジスペースの容量は5人乗車時で570Lを確保。さらにリアシートをすべて倒すと最大で1,141Lまで拡大する。

 搭載しているパワートレインは、1.5L直列4気筒直噴DOHC i-VTECエンジン+CVTと“スポーツハイブリッドi-DCD”と呼ばれる1.5L直列4気筒エンジンと1モーターを組み合わせたハイブリッドシステム+7速DCTの2種類。

 駆動方式はガソリン車だけでなく、ハイブリッド車でも2WDと4WDが用意されているのが特徴だ。ハイブリッド車の燃費性能はWLTCモードで25.2km/L(2WD車)を実現している。

 2017年9月の一部改良では、ガソリンエンジンとハイブリッドシステムの特性を活かすきめ細やかなチューニングを施したことに加えて、先進の安全運転システム「Honda SENSING」を全車に標準装備。

 自動ブレーキ、誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能や、アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」など、ドライバーの負担を軽減し、快適な運転をサポートする機能も充実している。

 現在、現行型シャトルの中古車は約770台流通していて、そのうち約680台はハイブイリッド車と圧倒的に多い。

 現在のシャトルの中古車の平均価格は約145.5万円。3カ月前の2021年10月時点では、約141万円だったので約4万円の値上がり幅を記録している。流通台数が最も減少した2021年12月の時点では平均価格は147万円まで上昇。

 一度は値落ち傾向に転じたが、流通台数が増加した現在も再びジワジワと上昇中だ。シャトルの中古車の価格帯は約60万~約263万円。予算100万円以下でも約100台、150万円以下ならば約400台もヒットする。

 100万円台前半でも、運転支援システムの「Honda SENSING」装着車が狙えるので、こういったモデルを積極的に狙いたい。

 カローラフィールダーとともに5ナンバーサイズステーションワゴンの人気モデルであるシャトル。コンパクトカーのフィットと同じ水準であれば、荷室が広く使い勝手の良いシャトルを購入する人が多いのは納得できる。

シャトルのルーツであるフィットシャトルハイブリッドも値上がり

フィットシャトルハイブリッドのフロントスタイル

 続いて紹介するのはシャトルのルーツといえる、2011年に登場したフィットシャトルハイブリッドだ。フィットシャトルハイブリッドは2代目フィットをベースとした5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴン。

 フィットシャトルハイブリッドのボディサイズは全長4,410mm×全幅1,695mm×全高1,540mmの5ナンバーサイズで、こちらも立体駐車場に対応した優れたパッケージングを採用している。

 ラゲッジスペースの容量はハイブリッドシステムのコントロールユニットを床下収納することで、床上496L+床下21Lの合計517Lを確保。ダイブダウンするリアシートをすべて倒すと最大で1,165ℓまでラゲッジスペースが拡大する。

 搭載しているハイブリッドシステムは、1.3L直列4気筒ガソリンエンジンとIMAと呼ばれる1モーターを組み合わせたもの。組み合わされるトランスミッションはCVTで駆動方式は2WD(FF)のみ。燃費性能はJC08モード燃費で25.0~26.0km/Lを実現。

 2013年8月にはマイナーチェンジを行い、内外装の変更とともに燃費性能を向上させ、JC08モードで26.2km/Lまで向上させている。

 2011年~2015年まで販売されたフィットシャトルハイブリッドの中古車は約325台流通していて、平均価格は約57万円。これが3カ月前の時点では流通台数は約約365台。平均価格は約51万円だった。直近3カ月で流通台数が減る一方で平均価格は6万円も上昇。

 わずか6万円と思うなかれ。すでに安定ゾーンへ達している中古車の平均価格がこれほど値上がりするのは、突然ニーズが高まっていることを示しているのである。

 現在、中古車の価格帯は約20万~約109万円で、そのほとんどが100万円以下で購入できる。グレードでは圧倒的にハイブリッドスマートセレクションが多く、ナビプレミアムエディションなどの上級グレードが続いている。

 安全装備などは十分とは言えないが、お手頃価格の中古車で5ナンバーサイズの取り回ししやすく、燃費性能に優れたコンパクトサイズのステーションのニーズの高さがうかがえる。

次ページは : 広い荷室が魅力のフリードスパイクハイブリッドも値上がり中

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ