平均世帯年収552万円でもこれなら大満足!? 今が狙い目お買い得中古SUV3選

平均世帯年収552万円でもこれなら大満足!? 今が狙い目お買い得中古SUV3選

 2019年7月に厚生労働省が発表した「国民生活基礎調査」によると、2018年の全世帯の平均所得金額は552.3万円だった。全世帯の平均所得は1994年(平成6年)の664.2万円をピークに、緩やかな下降トレンドとなっている。

 所得金額の分布を見てみると、200万~300万円未満が13.6%、300万~400万円未満が12.8%。そして、100万~200万円未満が12.6%となっており、552.3万円の平均所得金額以下は61.1%となっているのだ。

 現在は、サブスクリプションや個人リース、残価設定ローンなど新車は所有・購入の仕方が、多彩となり、高額なクルマも所有しやすくなっている。

 しかし、本来は年収に対して「適正価格」というのが存在している。もし、年収が平均年収と同じ552.3万円であれば、税金や保険などを引いた手取り金額は450万円ほど。大体適正価格はその約半分となるので、200万円が目安となる。
ここでは適正価格と合う、予算200万円でオススメの国産中古SUVを3モデル紹介したい。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】平均世帯年収552万円で買えるお薦めSUV の詳細を画像で紹介(13枚)画像ギャラリー

世代交代を行い中古車の流通台数が増えた旧型ヴェゼル

旧型ヴェゼルのフロントスタイル

 予算200万円で狙える中古国産SUVで最もオススメしたいのが、旧型ホンダヴェゼル。旧型ヴェエルの中古車は約3,650台流通していて、予算200万円以下に絞っても約2,860台と非常に豊富だ。

 2013年12月に登場した旧型ヴェゼルは、3代目フィットと同じホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用。全長約4.3mとコンパクトなボディサイズだが、広いキャビンスペースと多彩なアレンジが可能なラゲージスペースが特徴。

 特に、ラゲージスペース5人乗車時でも393Lの容量を実現し、ひとクラス上の広さを確保するだけでなく、後席のショルダー部分にあるレバーを倒せば、フラットな床の広大なスペースに拡大する。

 さらに多彩なシートアレンジはフィット譲りで、後席の座面が跳ね上がるチップアップ機構を採用。背の高い荷物を入れたり、靴を履き替えたりするときに便利で、この後席チップアップ機構はヴェゼル特有の機能となっている。

 搭載されているパワートレインは最高出力131ps、最大トルク155Nmを発生する1.5L直列4気筒 i-VTECエンジン+CVT。そして最高出力132ps、最大トルク156Nmを発生する1.5Lガソリンエンジン&1モーター+7速DCTを組み合わせたスポーツハイブリッドi-DCDと呼ばれるハイブリッドシステムの2種類。

 駆動方式はガソリン車、ハイブリッドともに2WD(FF)に加えて4WDを設定。ハイブリッドの4WD車を設定したことにより降雪地で爆発的なヒットに繋がったのだ。デビュー当初の燃費性能はJC08モードで21.6~27.0km/Lという優れた燃費性能を発揮している。

 2013年12月に販売開始された以降もヴェゼルは改良が加えられ、2016年2月の一部改良で運転支援システム「Honda SENSING」を設定。同時に専用の内外装に加えて、走行時の安定性を向上させるパフォーマンスダンパーや18インチアルミホイールを装着した「RS」グレードを追加した。

 2018年2月にはマイナーチェンジを行い、内外装の変更、加速フィールの向上とともに運転支援システム「Honda SENSING」を全モデルで標準装備化し、商品力に磨きをかけた。

 そして2019年1月には最高出力172ps、最大トルク220Nmを発生する1.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載した「ツーリング」を追加している。そして同年11月にはコンプリートモデルのモデューロXを発売。モデューロXシリーズとして初の4WD車を設定し話題となっている。

 中古車の流通台数は豊富だが、購入後の満足度を考えると2016年2月に採用されたホンダセンシング搭載車を狙いたい。グレードではハイブリッドZホンダセンシング、ハイブリッドRSホンダセンシング、そしてガソリン車の1.5Xホンダセンシングが狙い目だ。

次ページは : MT車もラインアップしていた旧型フォレスター

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ