オデッセイ、エスティマ…絶版なりたて名門ミニバンは中古が狙い目だった!!

オデッセイ、エスティマ…絶版なりたて名門ミニバンは中古が狙い目だった!!

 かつては、ファミリーカーの定番モデルとして圧倒的な人気を誇ったミニバン。SUVの台頭やモデルの統廃合などによって車種数自体が減少傾向となっている。

 2019年のトヨタエスティマをはじめ、2021年にはトヨタエスクァイア、ホンダオデッセイと一世を風靡し、ミニバン人気を支えたモデルが続々と生産終了となったのは記憶に新しい。

 ここでは、絶版となり中古車でしか手に入らなくなった人気ミニバン3モデルは狙い目なのかどうかを検証してみたい。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】中古で手にいれたいホンダ オデッセイ、トヨタエスクァイア、トヨタエスティマを画像で詳細を紹介(10枚)画像ギャラリー

ヒットモデルのエスティマは1,000台を超える中古車が流通

絶版なりたて中古ミニバン オデッセイ、エスクァイア、エスティマは狙い目なのか?
トヨタエスティマのフロントスタイル

 まずは、2019年に生産終了したトヨタエスティマからだ。初代モデルは1990年に登場。天才たまごと呼ばれたワンモーションフォルムを採用し、ミニバンのドレスアップブームの火付け役となった。当時はミニバン=エスティマと言われるほど高いブランド力を確立したモデルだった。

 2000年に登場した2代目モデルから、FFの駆動方式を採用し、最終型となった3代目は2006年1月にエスティマ/エスティマハイブリッドが同時に登場した。

 ガソリン車のエスティマは2.4L直4エンジンと最高出力280psを発生する3.5L V6エンジンを搭載した2種類を用意。またエスティマハイブリッドのハイブリッドシステムは先代のTHS-CからTHS-IIに変更。動力性能と燃費性能を向上させたのが特徴となっている。

 2006年に販売開始して以降、最終型エスティマは内外装の変更とともに商品力を向上させるマイナーチェンジを何度も行っている。2008年に1回目のマイナーチェンジを行いそして、2012年に2回目のマイナーチェンジでは、ハイブリッド車にもエアロ系グレードのアエラスを設定した。

 販売開始から10年が経過した2016年に、3度目のマイナーチェンジ実施。3.5L V6エンジンを廃止し、パワートレインは2.4Lガソリンエンジンとハイブリッドのみと変更したのをはじめ、またグレード体系もエアロ系グレードのアエラスのみに統一。物足りなさのあった運転支援システムは「トヨタセーフティセンスC」を標準装備することにより、充実させている。

 現在、ガソリン車のエスティマの中古車は約1,670台流通していて、そのうち約1,510台が最終型となっている。最終型エスティマガソリン車の中古車の平均価格は約90.4万円。価格帯は約11万〜約362万円だ。

 一方、エスティマハイブリッドの中古車は約310台流通していて、そのうち約285台が最終型となっている。中古車の平均価格は約154.1万円で、価格帯は約23.2万〜約449万円とガソリン車、ハイブリッド車ともにかなり広い価格帯となっている。

 年式で見ると、エスティマのガソリン車は2009年〜2012年式の中期型と呼ばれるモデルが約292台と最も多く、続いて、2016年式以降の3度目のマイナーチェンジ以降のモデルが約231台となっている。一方のエスティマハイブリッドは2016年以降が約54台で最も多く、次いで約50台の2009年〜2012年式の約50台と中古車の分布が異なっている。

次ページは : タクシーでも活躍する上級ミニバンのエスクァイア

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ