最後のナナハン直4が生産終了……、一方で新世代「ホーネット」がナナハンで爆誕へ!?

最後のナナハン直4が生産終了……、一方で新世代「ホーネット」がナナハンで爆誕へ!?

 さらばナナハン! 現行モデル最後の750cc直4であるGSX-S750が生産終了となる。ナナハンと言えば、日本で伝統の排気量だけに悲しい限りだが、ホンダが近々投入予定の新型「ホーネット」がナナハンで復活するという。

 「ゆくナナハン、くるナナハン」を追った!

文/ベストカーWeb編集部、写真/SUZUKI、HONDA

【画像ギャラリー】スズキのナナハン直4は輝かしい歴史を歩んできた名門(7枚)画像ギャラリー

現行唯一の直4ナナハン、GSX-S750の生産終了が迫る!

 近頃スズキは、二輪専門誌などの広告でGSX-S750の露出を増やしている。これは「生産終了」が近づいているのが理由だ。ストリートファイターであるGSX-S750は、2022年11月から適用される令和2年排ガス規制(ユーロ5相当)に対応せず、現行の2021年モデルがラストとなるのだ。

 GSX-S750と言えば、現行モデル唯一のナナハン直4だけに、ネット界隈でも生産終了を嘆く声は多い。

 600cc級より中低速がトルクフルな上に、リッターマシンのGSX-S1000より高回転域を使えるので爽快。車体もコンパクトで、600と1000ccのイイトコドリのキャラとなる。まさに完成度の高い1台だ(おまけに価格も100万円切りと安い!)。

 ファイナルモデルは用意されず、継続販売されている2021年型の青、グレー、黒が購入可能。確実に欲しい人は早めに動きたい。

スズキ最後のナナハン、GSX-S750は2017年にデビュー。1万500rpmで112psを発生する、熟成の749c直列4気筒をスチールフレームに搭載。高バランスが光る。98万7800円

スズキ伝統の直4ナナハン、46年の長い歴史に幕を降ろす

 かつて「ナナハン」と言えば、オヤジ世代憧れの排気量だった。
 1969年のホンダCB750フォアに始まるナナハン=750ccは日本伝統の排気量。メーカー自主規制により国内モデルのバイクは750ccが上限とされ、903ccのZ1を国内向けに排気量ダウンし、750RS(Z2)としたケースが有名だ。

 そして1975年から、401cc以上のバイクに乗るには超難関の「限定解除」にパスする必要があった。ナナハンは一種のステイタスで、オヤジ世代のライダーには思い出深い排気量なのだ。ちなみに排気量の自主規制は1990年に撤廃され、国内にも1000cc超級のバイクが発売されることになる。

 中でもスズキは、現代までナナハンにこだわってきたメーカーだ。
 1985年、大きく重いナナハンという排気量帯に、初のレーサーレプリカであるGSX-R750を投入。世界初の油冷直4に加え、先進のアルミフレームによる圧倒的なパワーウェイトレシオで、世界のレースを席巻した。

 やがてAMAスーパーバイクで4ストロークは750cc4気筒が上限となり、80年代後半からナナハンはレース直系クラスとして盛り上がっていく。
 しかし、2004年にレギュレーションの変更で上限1000ccに。ナナハンはラインナップを大きく減らしたが、その後もスズキはGSX-R750をモデルチェンジしながら継続。排ガス規制の影響で欧州では2018年型がラストとなり、日本への逆輸入も終了となった。

 現行のGSX-S750は、このGSX-R750の血統を継ぐ水冷直4ユニットを搭載。前身のGSR750を入れれば発売から11年での殿堂入りとなる。さらに、スズキのナナハン直4としては1976年登場のGS750から46年という長い歴史に幕を降ろすることになるのだ。

量産車として実質的に世界初の直4を搭載したCB750フォアこそ元祖ナナハン。ホンダ社内の開発コードネームが「ナナハン」の由来とされている

次ページは : 復活の新生ホーネットはナナハンで登場する模様

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ