日本で発売された9台の“S”から決める…最高のSはドレだ? スバル「全集中」大特集


 2000年デビューのS201から2017年のS208まで。最強ではなく最高をテーマに、No.1を決める。

文/永田恵一
※ベストカー2020年12月26日号より転載


 1位はSシリーズのメインとなるWRX系において、現状での最後となり、「最新が最良」との基準でニュル24時間レースのフィードバックもフルに盛り込まれたS208とする。幸運なオーナーにとっては一生モノに違いない。

 2位のS202はベースがGBD型のスペックCというだけで充分スパルタンなのに加え、320psへのパワーアップや軽量化にも注力した刺激を決め手に選出。3位のS402は一見普通の4代目レガシィに見えるが、上品に拡幅されたフェンダーを纏い、2・5Lターボを搭載するなど、レガシィを「究極のグランドツーリングカー」に仕上げた点を評価した。

 4位のS204はアクセルを深く踏むとグループNのラリーカーを彷彿とさせる快音を奏でる点が印象に残る。6位のS401は3代目レガシィB4ターボをパワーアップし、さらにフロントLSD付の6速MTとしてブレーキもブレンボにするなど、「大人のスポーツセダン」というコンセプトが画期的だった。

1位 S208(2017年)

 エンジン出力=329psは、S207に対しわずか1psのアップだが、クラッチのバランス取りなど改良を重ねたSシリーズの集大成と言えるモデル。

2位 S202(2002年)

 エンジンは専用ECUやチタンマフラーにより320ps。車重も1330kgと軽いため、パワーウェイトレシオではいまだSシリーズ最強!

次ページは : 3位 S402(2008年)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ