日本で発売された9台の“S”から決める…最高のSはドレだ? スバル「全集中」大特集

 2000年デビューのS201から2017年のS208まで。最強ではなく最高をテーマに、No.1を決める。

文/永田恵一
※ベストカー2020年12月26日号より転載


 1位はSシリーズのメインとなるWRX系において、現状での最後となり、「最新が最良」との基準でニュル24時間レースのフィードバックもフルに盛り込まれたS208とする。幸運なオーナーにとっては一生モノに違いない。

 2位のS202はベースがGBD型のスペックCというだけで充分スパルタンなのに加え、320psへのパワーアップや軽量化にも注力した刺激を決め手に選出。3位のS402は一見普通の4代目レガシィに見えるが、上品に拡幅されたフェンダーを纏い、2・5Lターボを搭載するなど、レガシィを「究極のグランドツーリングカー」に仕上げた点を評価した。

 4位のS204はアクセルを深く踏むとグループNのラリーカーを彷彿とさせる快音を奏でる点が印象に残る。6位のS401は3代目レガシィB4ターボをパワーアップし、さらにフロントLSD付の6速MTとしてブレーキもブレンボにするなど、「大人のスポーツセダン」というコンセプトが画期的だった。

1位 S208(2017年)

 エンジン出力=329psは、S207に対しわずか1psのアップだが、クラッチのバランス取りなど改良を重ねたSシリーズの集大成と言えるモデル。

2位 S202(2002年)

 エンジンは専用ECUやチタンマフラーにより320ps。車重も1330kgと軽いため、パワーウェイトレシオではいまだSシリーズ最強!

3位 S402(2008年)

 2.5Lターボはフラットな特性のため、体感以上にスピードが出ているというタイプで、全体的にシットリとした仕上がりだった。

4位 S204(2005年)

 S203の進化版で、ベース車が鷹の目のGDBとなり、ヤマハと共同開発したパフォーマンスダンパーを装着。

5位 S207(2015年)

 VAB型WRX STIとしては初のSシリーズで、フロントには可変減衰力サスである「ダンプマチックII」を採用。

6位 S401(2002年)

 3代目レガシィベース。フロントクロスメンバー取り付け部や各部ブッシュ、マウントの剛性アップなども施されていた。出力は293ps/35.0kg mまで引き上げられ、手作業でのバランス取りも行われた。

7位 S206(2011年)

 ニュル24時間参戦車のロードカー的存在で、NBRチャレンジパッケージはS206から設定されるようになった。

8位 S203(2004年)

 タイヤは専用のピレリPゼロを履くなど公道向けの性格だが出力は320ps。フロントシートはレカロのカーボン製

9位 S201(2000年)

 CG8型WRX STiの最終限定車でもあり、300psへのパワーアップなどに加え、エクステリアも戦闘的だった。

■205は「R」なんですよ R205(2010年)

 ランキングを見てもらえればわかるが、S203、S204と来て次にくるはずの「S205」がない。それもそのはず、205のアタマに付くアルファベットは「S」ではなく「R」なのだ。RはRoadを意味し、最良のロードゴーイングを目指して開発された。エンジン発生出力は320ps/44.0kg m。


 「日本で発売された9台の“S”から決める…最高のSはドレだ? スバル『全集中』大特集」は11月26日発売『ベストカー』(12月26日号)の掲載記事です。

 12月26日号では、ほかにも気になる記事が盛りだくさん。スクープ「ランクルプラドの新情報判明!」をはじめ、スバルを語りつくした「SUBARU『全集中』大特集」や、クルマ界のマニアックな疑問に答える「クルマ界『なぜナゼ』解体新書」、比較的価格の安い中古車に的を絞った「3年落ち/200万円以下オススメ中古車〜コロナ禍で見直されたマイカーを中古で買う〜」、ベンツの魅力を解き明かす「令和マン(現役開発ドライバー)が解説 『ベンツはなぜ凄いのか!?』」、人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」など幅広い世代が楽しめる読み物を掲載しています。

『ベストカー』(12月26日号)の購入はこちら

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ