日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命


■こだわりのインテリアと快適な乗り心地

 エクステリアだけでなくインテリアも未来感覚だった。インパネの両端を左右のドアまで回り込ませ、オーディオなどのセンターパネルは大胆に手前に引き寄せている。

 ドアは1BOXと同じように、運転席側は1枚のヒンジドア、助手席側は前席ヒンジドアと後席スライドドアの組み合わせで、リアゲートは跳ね上げ式とした。

 シート配列は3列で、アームレスト付きのフロントシートの間から後席へウォークスルーでき、ラクに移動できる。2列目は前席と同じようにセバレートシートだが、回転対座が可能だった。3列目もセパレートシートだが、中央のアームレストを跳ね上げれば3人がけシートになる。

日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命
初代エスティマ内装 未来感覚のこだわったインテリアとなっている

 パワーユニットは専用設計だった。2438ccの2TZ-FE型直列4気筒ハイメカツインカムを、右に75度傾けてフロア下に搭載した。

 トランスミッションは、コラムシフトの電子制御4速ATを組み合わせている。低回転のトルクはそれなりだが、その気になれば5000回転オーバーまで軽やかに回り、4速ATとの相性もよかった。クルージング時の静粛性も1BOXワゴンを相手にしない。

 駆動方式は、後輪駆動とセンターデフにビスカスLSDを組み込んだフルタイム4WDを設定する。サスペンションは、フロントがストラット、リアはダブルウイッシュボーンの4輪独立懸架だ。ハンドリングは軽やかで、コントロールしやすい。

 アンダーフロアミッドシップだから重心は低く、ワイドボディだから踏ん張りが利いた。ワインディングロードでもバランスのいい走りを見せる。穏やかな乗り心地も高く評価された。

■滑り出し好調の大ヒット!!

 高性能ニューコンセプトサルーンを掲げて登場したエスティマの月販目標台数はわずか2000台である。トヨタ自身も、この先進的なチャレンジに、それほど自信があるわけではなかったようだ。

 1990年5月に発売されるや、1BOXワゴンに乗っている人は(取り扱い店舗だった)トヨタ店とカローラ店に殺到した。トヨタ車のユーザーだけでなく、他メーカーの1BOXワゴンに乗っているオーナーもエスティマに興味を示し、週末の試乗フェアに長い行列ができた。

 当時、セダンやスポーティモデルでないのにこれほど話題を集めたクルマはなかっただろう。

 滑り出しは好調だった。アウトドア派やレジャー派は、積極的にエスティマを選んだのである。駐車場が狭く、全幅の広さに尻込みする人もいたが、小型車を得意とするカローラ店でも売れに売れた。契約した人の多くは夏休みに遊びに行きたいという人がほとんどだ。

 だが、ボディカラーやオプション品によっては納期が秋までずれ込んだ。新しいジャンルの3ナンバー車、エスティマはステータス性も高く、自慢できたから大ヒットした。快走は1991年まで続いている。

次ページは : ■魅力的で基本性能の高いミニバンの傑作

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ