日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命

 日本車文化の真骨頂といえるジャンルに「ミニバン」がある。

 1990年代に隆盛し、現在も一大勢力として君臨。「新たなお茶の間」として多くの日本人に愛されている。

 そんなミニバンブームを作り上げたといっても過言ではない名車がある。1990年に登場した初代エスティマだ。

 それまでどこか商用車っぽかったデザインから、3列シート車のデザインを一気に未来的な乗り物へと切り替えた初代エスティマ。

 登場当初はどのような受け止められ方をしたのか? いきなり受け入れられたのか? 当時を知るジャーナリストの片岡英明氏に伺った。

文/片岡英明 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】ミニバンブームの先駆け! 画像で見るエスティマの歴史


■日本市場にミニバン旋風を巻き起こした「天才タマゴ」

 1980年代になり、クライスラーは今までにない新しいジャンルのクルマを発売した。それがビッグバンより少し小さいマルチパーパスカーのミニバンだ。FF方式の乗用車であるKカーをベースにしたダッジ・キャラバンとプリムス・ボイジャーで、これが今につながるミニバンの始祖と言われている。

 いっぽう日本には早い時期から商用の1BOXが存在した。スペース効率においてはアメリカ型のミニバンの一歩上を行くし、シートアレンジも多彩。トヨタにはライトエースやハイエースといった働き者の商用1BOXがあった。

 また、1982年には日産がプレーリーを発売し、翌83年には三菱がシャリオを発売。世の中に「ファミリーカーとしての3列シート車」が少しずつ浸透していった時代だった。

日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命
1982年発売 初代日産プレーリー

 しかし、そうした「バンの派生車としてのミニバン」から明らかに一線を画したデザインで登場し、日本市場にミニバン旋風を巻き起こしたクルマがあった。それが「天才タマゴ」こと、トヨタエスティマである。

■先進的なデザイン、そして強い存在感!

 初代エスティマは、キャブオーバースタイルを取る商用1BOXの開発で得られたパッケージングなどのノウハウと、乗用車設計で培ってきた高い技術力を融合して開発された。

 開発当初は北米市場をメインターゲットとされ、晴海ふ頭から千葉県の幕張に会場を移した1989年10月の第28回東京モーターショーで、秘密のベールを脱いだ。

 出品されたのは北米向けの左ハンドル車で、海外名の「プレビア」を名乗っていた。北米で先行して発売された後、1990年5月に日本ではエスティマの名を冠して正式発表されている。

日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命
1989年の東京モーターショーに出品され、翌1990年5月に市販された初代エスティマ

 エクステリアの開発コンセプトは「Egg on the Box」。個性的な球面ボディを採用し、日本でのキャッチフレーズは「トヨタの天才タマゴ」だった。先進的なデザインを手がけたのは、カリフォルニアに本拠を構えるトヨタのデザインスタジオ、「キャルティ」である。

 短い鼻を備えた1.5BOXスタイルのボディは当時としては珍しい3ナンバーサイズ。全長は4750mmあり、全幅も1800mmと広かった。今では驚かないが、当時ワイドボディは少数だった。踏ん張り感が強く、背も高かったから強い存在感を放っている。

 また、エアロダイナミクスも優秀で、Cd値は0.35の優れた数値を達成していた。

■こだわりのインテリアと快適な乗り心地

 エクステリアだけでなくインテリアも未来感覚だった。インパネの両端を左右のドアまで回り込ませ、オーディオなどのセンターパネルは大胆に手前に引き寄せている。

 ドアは1BOXと同じように、運転席側は1枚のヒンジドア、助手席側は前席ヒンジドアと後席スライドドアの組み合わせで、リアゲートは跳ね上げ式とした。

 シート配列は3列で、アームレスト付きのフロントシートの間から後席へウォークスルーでき、ラクに移動できる。2列目は前席と同じようにセバレートシートだが、回転対座が可能だった。3列目もセパレートシートだが、中央のアームレストを跳ね上げれば3人がけシートになる。

日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命
初代エスティマ内装 未来感覚のこだわったインテリアとなっている

 パワーユニットは専用設計だった。2438ccの2TZ-FE型直列4気筒ハイメカツインカムを、右に75度傾けてフロア下に搭載した。

 トランスミッションは、コラムシフトの電子制御4速ATを組み合わせている。低回転のトルクはそれなりだが、その気になれば5000回転オーバーまで軽やかに回り、4速ATとの相性もよかった。クルージング時の静粛性も1BOXワゴンを相手にしない。

 駆動方式は、後輪駆動とセンターデフにビスカスLSDを組み込んだフルタイム4WDを設定する。サスペンションは、フロントがストラット、リアはダブルウイッシュボーンの4輪独立懸架だ。ハンドリングは軽やかで、コントロールしやすい。

 アンダーフロアミッドシップだから重心は低く、ワイドボディだから踏ん張りが利いた。ワインディングロードでもバランスのいい走りを見せる。穏やかな乗り心地も高く評価された。

■滑り出し好調の大ヒット!!

 高性能ニューコンセプトサルーンを掲げて登場したエスティマの月販目標台数はわずか2000台である。トヨタ自身も、この先進的なチャレンジに、それほど自信があるわけではなかったようだ。

 1990年5月に発売されるや、1BOXワゴンに乗っている人は(取り扱い店舗だった)トヨタ店とカローラ店に殺到した。トヨタ車のユーザーだけでなく、他メーカーの1BOXワゴンに乗っているオーナーもエスティマに興味を示し、週末の試乗フェアに長い行列ができた。

 当時、セダンやスポーティモデルでないのにこれほど話題を集めたクルマはなかっただろう。

 滑り出しは好調だった。アウトドア派やレジャー派は、積極的にエスティマを選んだのである。駐車場が狭く、全幅の広さに尻込みする人もいたが、小型車を得意とするカローラ店でも売れに売れた。契約した人の多くは夏休みに遊びに行きたいという人がほとんどだ。

 だが、ボディカラーやオプション品によっては納期が秋までずれ込んだ。新しいジャンルの3ナンバー車、エスティマはステータス性も高く、自慢できたから大ヒットした。快走は1991年まで続いている。

■魅力的で基本性能の高いミニバンの傑作

 エスティマのもたらした功績は、「エスティマが売れた」ということに留まらなかった。大量のフォロワー、「エスティマのようなクルマ」を生み出した点にもある。

 その代表格が、1992年1月に登場した弟分のエスティマ・ルシーダとエスティマ・エミーナだった。ルシーダとエミーナは、2860mmの長いホイールベースはそのままに、全長を60mm切り詰め、全幅も5ナンバーサイズの1690mmに抑え込んで登場。しかも2.2Lのディーゼルターボや8人乗りが選べるなど、バリエーションも豊富だった。

日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命
1992年発売エスティマ・ルシーダ 初代エスティマの弟分

 エスティマ自身の販売台数は1992年から大きく落ち込んでいるが、3車種合わせた販売台数は当時の日本車の中核を占めていた売れ筋セダンを大きく上回り、日本に「ミニバンブーム」を巻き起こした。

 エスティマはその後、8人乗りのXグレードを追加してさらなる魅力をアピール。自慢のリアサスペンションもルシーダやエミーナと同じ4リンクリジッドとした廉価モデルを投入した。

 また、1994年夏には主力モデルの心臓をスーパーチャージャー付きの2TZ-FZE型にしている。初期型から後期型のエスティマに乗り換える熱狂的なファンも多かった。

 基本性能が高く、魅力を失っていなかったから、初代モデルは1999年12月まで、なんと約10年も販売を続けた。世界を驚かせるメカニズムの数々とユーザーを魅了する快適なキャビン、便利な装備をたくさん詰め込んだエスティマは、21世紀の視点から見てもミニバンの傑作と言ってよいだろう。

 2代目が初代の流れを汲むデザインで登場したことからも、初代の偉大さが分かる。

 その後、2006年には3代目にフルモデルチェンジ。14年間販売したものの、昨今のアルファード/ヴェルファイアを代表とする「背の高い」、「押し出しの強い」ミニバン勢に押されて次期型開発は凍結、2020年にその長い歴史の幕をおろした。

【画像ギャラリー】ミニバンブームの先駆け! 画像で見るエスティマの歴史

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ