ロッキー&ライズのe-スマートHVは安かろう悪かろう!? コスパ抜群か徹底検証してみた!!


 11月1日に登場したロッキー&ライズのe-スマートハイブリッドは211万6000円と安く、1.2Lのガソリン車も166万7000円と安い!  安いのはいいが、クオリティ面ではどうなのか気になるところ。

 またダイハツロッキー、トヨタライズのe-スマートハイブリッドは価格差はあるのだろうか? またどこが違っているのか? 

 そして最も気になるのはe-スマートハイブリッドはコスパ抜群なのか? 安かろう悪かろうじゃないのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底検証してみた。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、ダイハツ

【画像ギャラリー】ロッキー&ライズのe-スマートHVは小型車の本格電動化の幕開けか!?(15枚)画像ギャラリー

■人気小型SUVロッキー/ライズがマイナーチェンジ。ハイブリッドモデルを追加

ダイハツロッキー e-スマートハイブリッド。フロントフェンダー部にさりげなくe-スマートハイブリッドのエンブレムが装着される
兄弟車、ライズハイブリッド。フロントフェンダーにはロッキーのようにe-スマートハイブリッドのエンブレムは付かない

 ロッキー&ライズは、5ナンバーサイズに収まる貴重なコンパクトSUVだ。ロッキーはダイハツブランド、ライズはダイハツがトヨタに供給するOEM車で、発売から約2年を経過した今でも売れ行きは堅調に推移している。同じトヨタからコンパクトSUVのヤリスクロスが発売されながら、ライズは販売ランキングの上位に位置する。

 このロッキー&ライズに、e-スマートハイブリッドが加わった。このハイブリッドシステムは、ヤリスクロスなどが搭載するトヨタのTHSIIとは異なる。

 エンジンは発電機を作動させてホイールの駆動は行わず、発電された電気を使ってモーターを駆動する。エンジンは発電、モーターは駆動と役割を分担しており、既存のシステムでは日産のe-POWERに似ている。

 ロッキー&ライズのe-スマートハイブリッドは前輪駆動の2WDのみに搭載され、WLTCモード燃費は28km/Lだ。ヤリスクロスハイブリッドの2WDは27.8~30.8km/Lだから、e-スマートハイブリッドもコンパクトSUVの中では優れた燃費性能を発揮する。

 価格が割安なことも特徴だ。ロッキーe-スマートハイブリッドXは211万6000円だから、ヤリスクロスハイブリッドXの228万4000円に比べると約17万円安い。マイルドハイブリッドを除くと、SUVのハイブリッド車では最廉価になる。

ヤリスクロスハイブリッド。ハイブリッド方式の違いもあり、価格帯も高めでハイブリッドX(FF)の228万4000円~ハイブリッドZ(E-FOUR)の281万5000円となる

 e-スマートハイブリッドの低価格は、1.2Lノーマルエンジン車との価格差を見ても分かる。装備がほぼ同等のライズZ、ロッキープレミアムGで比べると、e-スマートハイブリッドの価格は、1.2Lノーマルエンジン搭載グレードの28万9000円アップに抑えた。

 ヤリスクロスZの場合は、ハイブリッドの価格が1.5Lノーマルエンジンの同グレードに比べて37万4000円高い。マイルドハイブリッドを除くと、ハイブリッドとノーマルエンジンの価格差は35~60万円だから、ロッキー&ライズの28万9000円はかなり安い。E-スマートハイブリッドは、徹底的なコストダウンを行って、低価格を実現させた。

 e-スマートハイブリッドは、購入時に納める税金も安い。1.2Lノーマルエンジンでは自動車重量税の7500円が課税されるが(環境性能割は課税されない)、eスマートハイブリッドは納めないから、実質差額は約28万円に縮まる。

■ノーマルとの価格差あれど、e-スマートハイブリッドを選ぶ価値は十分あり!

新開発1.2L、3気筒エンジンを発電専用としモーターのみで走行するシリーズ方式のe-スマートハイブリッド。28km/Lの低燃費を実現

 そしてe-スマートハイブリッドのWLTCモード燃費は前述の28km/L、1.2Lノーマルエンジン(2WD)は20.7km/Lだ。レギュラーガソリン価格を1L当たり150円で計算すると(今の170円近い価格は高すぎる)、1km当たりの走行コストはe-スマートハイブリッドが5.4円、1.2Lノーマルエンジンは7.2円だ。

 e-スマートハイブリッドの走行コストは1km当たり1.8円安く、燃料代の節約によって28万円の実質差額を取り戻せるのは、15~16万kmを走った頃だ。

 1.2Lノーマルエンジンも新開発でWLTCモード燃費が20.7km/Lと優れており、1.5Lノーマルエンジンを搭載するヤリスクロスの18.8~20.2km/Lを上まわる。そのためにe-スマートハイブリッドとの燃料代の差額があまり拡大せず、実質差額を取り戻せるまでに15万~16万kmの走行を要することになった。

 それでもe-スマートハイブリッドは選ぶ価値が高い。1.2Lノーマルエンジンと比べた時の燃料代の差額は少ないが、前述の通りSUVのハイブリッドでは価格が安く、なおかつ燃費性能も優れているからだ。

e-スマートハイブリッドにはいわゆるワンペダル運転も可能なSペダルを装備。日産e-POWERと同様アクセルを離すと回生によりブレーキと同様の効果が得られる。ただクセは強く慣れが必要だ

 またe₋スマートハイブリッドは、モーター駆動とあって瞬発力が強く、加速性能も良好だ。Sペダル(スマートペダル)も用意され、この機能を使うと、アクセルペダルを戻すと同時に強めの回生が行われる。

 e-POWERのエコ/スポーツモードと同じく、駆動用モーターが積極的な発電を行って、リチウムイオン電池に充電する。そのためにSペダル作動時には、アクセルペダルを戻すと同時に強めの減速も行われるから、アクセル操作だけで速度を幅広く調節できる。いわゆるワンペダルドライブが可能だ。

 ただしe-スマートハイブリッドでは、フットブレーキとの協調制御が行われていないから注意したい。カローラクロスなどが搭載するトヨタのTHSIIでは、アクセルペダルを戻した時に強めの減速力が生じるBレンジでなくても、ブレーキペダルを踏めば回生による充電が行われる。

 ブレーキペダルとハイブリッドシステムが協調しているからだ。開発者は「減速G(減速の仕方)が同程度であれば、Bレンジを使ってもフットブレーキでも、回生量は同等になる」という。

 ところがe₋スマートハイブリッドやe-POWERは、コスト低減のために協調制御を採用していない。そうなるとe-スマートハイブリッドではSペダル、e-POWERならエコ/スポーツモードを使わないと、回生による充電効率が下がってしまう。

 e-POWERの開発者によると「約20%のお客様は、エコ/スポーツモードで生じる強めの減速が使いにくく、Dレンジのノーマルモードで走っている。

 エコ/スポーツモードに比べると、燃料消費量が増える傾向にあり、この解決は今後の課題」としている。e-スマートハイブリッドは、THSIIに比べて低価格だが、省かれる機能もあるわけだ。

次ページは : ■気になるロッキー/ライズの価格だが若干の価格差が発生する