塩害からクルマを守れ! 冬こそ洗車は頻繁に! 冬の洗車のコツと注意点

クルマの寿命を縮める塩害からクルマを守れ! 冬のこそ洗車は頻繁に! 冬の洗車のコツと注意点

 塩害とは、塩分が金属に付着して、サビてしまう弊害のこと。海沿いのドライブで潮風に当たることで生じるのはもちろん、冬でも融雪剤や凍結防止剤に含まれる塩分が、大切なクルマを傷め、寿命を縮めてしまう。

 塩害からクルマを守るには、どんなに寒かろうが、こまめに洗車をするしかない。そこで、寒中の洗車は、ただただ試練でしかない! という人にも、季節に関係なくクルマをきれいに保ちたい! という人にも役立つ、冬の洗車のコツと注意点をお届けする。

文/中村秋子、写真/写真AC

【画像ギャラリー】ポイントを押さえた洗車で、塩害からクルマを守ろう!(19枚)画像ギャラリー

融雪剤や凍結防止剤がクルマに大ダメージを与える!

クルマの寿命を縮める塩害からクルマを守れ! 冬のこそ洗車は頻繁に! 冬の洗車のコツと注意点
高速道路は融雪剤や凍結防止剤が大量に撒かれている。積雪のある高速道路を走ったら、足回りだけでも洗浄しておきたい

 雪の多いエリアでは、道路に積もってしまう雪を解かすための融雪剤や、スリップを防ぐための凍結防止剤が撒かれている。ドライバーの安全を守るためには大変ありがたいことではあるが、これら薬剤の主な成分は、塩化カルシウムや、塩化ナトリウム、塩化マグネシウム。これらの成分はクルマにとっては非常に有害なものだ。

 鉄は水分が付着すると、酸化反応を起こしてサビる性質がある。そのため、特に金属が剥き出しになっているボディの下回りや、ホイールには注意が必要だ。放っておくとどんどんサビて、腐食が進み、気づいたときにはもう手遅れになってしまう。

冬はどのくらいの頻度で洗車をするべきか?

 融雪剤や凍結防止剤によって生じる腐食を防ぐには、こまめな洗車を心がけるのが一番。雪道走行後は、サビ対策がなされている寒冷地仕様のクルマでない限り、特にボディ下回りの洗浄は欠かせない。そうでなくても、結露で汚れが付着しやすかったり、乾燥により埃が舞いやすい冬は、最低でも月1~2回の洗車をお薦めする。

次ページは : 洗車時の服装とお薦めアイテム