【その踏み間違い事故は他人事じゃない!!】データから見えた、高齢者事故の深層

 頻繁にニュースになる、高齢者のペダル踏み間違い事故。高齢者は免許を返納しろという意見も聞かれるが、地方には高齢者だからこそ生活にクルマは欠かせないという人がいるのも事実だ。

 しかし、踏み間違いが起きる原因を調べてみると、他人事で片付けられない事実も浮かび上がってくる。交通事故分析センター(ITARDA:イタルダ)が2018年2月に発表したレポート『アクセルとブレーキペダルの踏み間違い事故』には、年齢による事故の割合や、どのような条件で高齢者の事故が起きやすいのかが、統計データや科学的見地から分析されている。

 今回はそのレポートに沿って、高齢者事故の実態を紐解いていきたい。

※本稿は2019年8月のものです
文:編集部/写真:編集部、ITARDA、警察庁、内閣府
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号

※データ出典:ITARDA『アクセルとブレーキペダルの踏み間違い事故』『予防安全技術とドライバ操作(高齢運転者を含む)の干渉防止要件検討のための基礎データ収集』。警察庁『令和元年上半期における交通死亡事故の発生状況』

【画像ギャラリー】ITARDAなどの詳細データやグラフをまとめて紹介


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ