トヨタといえば20年前はカローラ! でも今は… ガラッと変わった国産8社 主力車の変遷


 時代とともに売れ筋のカテゴリーが変わり、人気のクルマも変わってきた。

 今回は各メーカーの売れ筋であり、またメーカーの顔でもある主力モデルにはどのような変化があったのか? 2000年、2010年、そして現在の2020年、10年ごとに主力車はこう変わった! という変遷をまとめてみた。

※本稿は2020年5月のものです
文/片岡英明
写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUBARU、MAZDA、SUZUKI、DAIHATSU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号

【画像ギャラリー】その時の流行もわかる 国内8メーカーの主力車の変遷を一気にチェック!!


■流行とともにセダンからミニバン、そしてSUVへ トヨタ 主力車の変遷

 トヨタが生んだ20世紀の名車が「カローラ」だ。1969年度から連続してベストセラーカーの座にあった。2000年は日本では8代目から9代目にバトンタッチする時期である。9代目は「ニューセンチュリーバリュー(NCV)」をコンセプトに掲げ、ワゴンは「フィールダー」を名乗った。

2000年 7代目カローラ。2000年に最も売れた新車がトヨタのカローラで16万2870台。1995年に登場した8代目モデルだった

 チャレンジングなデザインに加え、インテリアなどの質感も上級クラスに肉薄する。販売台数トップの偉業はフィットに阻止されて33年で途切れた。が、国民車と呼べるほど、幅広い層の人に愛されている。初の3ナンバー車となった現行カローラの売れゆきも好調だ。

 2010年はハイブリッド車の「プリウス」が破竹の快進撃を続けた。が、注目したいのはプレミアムミニバンの「2代目アルファード」と兄弟車の「ヴェルファイア」が「クラウン」以上に売れていたこと。登場したのは2008年で、当初はガソリンエンジンだけの設定だった。販売目標は月に3000台だったが、すぐに2倍以上の8000台を売っている。

2010年 2代目アルファード。2010年に最も売れたトヨタ車はプリウスだが、象徴的だったモデルは高級ミニバンのアルファード/ヴェルファイア

 2012年には待望のハイブリッド車を加え、V型6気筒エンジン搭載車とは違う魅力を振りまいた。が、2020年はユーザーの嗜好に変化が見られる。ヨーロッパのように快適なクロスオーバーSUVの人気が再燃してきたのだ。

 北米メインの「RAV4」は大柄なボディだが、走りのよさが認められ、発売直後から大ブレイクした。間もなくプラグインハイブリッド車も登場する。その下のライズとロッキーも安定して売れているなど、SUVの勢いが強い。

2020年 RAV4。現在、トヨタのイメージリーダーはRAV4。同クラスのSUVでは一番売れている

■今は亡きキューブが20年前の主力モデルだった 日産 主力車の変遷

 21世紀を前に日産は経営不振に陥り、フランスのルノー傘下に収まった。販売台数は大きく落ち込んでいたが、元気だったのはマーチ派生のコンパクトワゴン「キューブ」だ。軽ハイトワゴンが人気だったことも追い風となり、機動力の高いキューブはクリーンヒットを飛ばしている。

2000年 初代キューブ。2000年に一番売れた日産車が1998年に登場した初代キューブ。この頃、コンパクトカーのハイトワゴンが人気を集めた

 合理的な設計に加え、2002年秋に登場した2代目キューブはデザインもキュートで愛らしかった。だから女性ユーザーが飛びつき、発売直後は月に1万台を超える販売台数を記録している。左右非対称のドアや横開きのバックドアも評判がよかった。

 2010年の主役は5ナンバーミニバンの「セレナ」だ。3代目が2005年5月に登場したが、キャビンは広いし、シートアレンジも多彩だったからファミリー派のユーザーを中心にファン層を広げている。ライダーも走りにこだわる人たちを魅了した。

2010年 3代目セレナ。2010年に最も売れた日産車はセレナ。この年は11月に4代目が登場するが、販売の中心は3代目モデル

 2007年から3年連続でミニバンの販売首位の座に君臨。復活劇の原動力となる。2010年秋にモデルチェンジして4代目になった。この年は2位だったが、2011年に再びミニバントップの座を奪い、現在まで安定して売れ続けている。

 だが、2020年の主役はコンパクトカーの「ノート」だ。現行モデルは2012年の誕生だが、2016年12月に追加したシリーズハイブリッドのe-POWERによって復調。アッという間に販売トップの座に上りつめた。モデル末期の今もトップ10の常連だ。今年後半に登場すると噂される次期ノートも日産のエースになるだろう。

2020年 ノート。現在、日産のナンバー1カーといえばコンパクトカーのノート。e-POWER車も用意され根強い人気

次ページは : ■各年代ごとにヒット作を生み出すホンダパワー ホンダ 主力車の変遷

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ