ホンダ ストリーム流転の背景 大ヒットしたミニバンの革命児!!【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はホンダ ストリーム(2000-2014)をご紹介します。

【画像ギャラリー】一時代を築いた「走りのミニバン」!!! ホンダ ストリームの画像をギャラリーでチェック!!!

文:伊達軍曹/写真:HONDA


■「新価値7シーター」をコンセプトに大ヒット!! ストリームがもたらした新機軸

「ミニバンとしてのユーティリティ性と、セダンに匹敵する走行性能を備えた車」という完全なる新機軸で2000年に登場。

 発売から10カ月で累計販売台数10万台を超える大ヒット作となったものの、2003年に「コピーか?」とも思える類似車が大手競合から登場したことで勢いはストップ。

 その後フルモデルチェンジを行って捲土重来を図るも、ジャンル自体が時代遅れとなったせいか、2014年には消滅してしまったブランド。

それが、ホンダ ストリームです。

 初代ストリームのデビューは2000年10月。「グローバルコンパクトプラットフォーム」と呼ばれていた当時のシビックの車台を延長し、そこに3列シート/7人乗りとなる「ドルフィンフォルム」のボディを載せた車が初代ホンダ ストリームでした。

 そのボディサイズは全長4550mm×全幅1695mm×全高1590mmです。

初代ストリーム。5ナンバーサイズのコンパクトボディに、7人乗り乗用車の快適な室内空間とスタイリッシュな外観、スポーティな走りを高次元に融合。「21世紀に向けた7名乗車のクルマとしての新潮流の創造」を標榜

 3列目シートは、新車時の広報資料によれば「大人がゆとりをもって座れる快適性を実現」とうたわれていましたが、実際は「極端に狭くはない」ぐらいのニュアンス。

 ただ、ダブルフォールディングさせてしまえば「2列シート+広い荷室を持つ車」には変身しました。

シートアレンジ例

 初期モデルの搭載エンジンは最高出力130psの1.7L直4VTECと、最高出力158psの2L i-VTEC。

 トランスミッションは、1.7L版には4速ATが、2Lの4WDモデルにはスポーツモード付き4速ATが、そして2LのFFモデルには新開発のスポーツモード付き5速ATが組み合わされました。

 その後の一部改良と2003年9月のマイナーチェンジを経て、2006年7月のフルモデルチェンジでホンダ ストリームは2代目に進化しました。

「使う」ということに徹底的にこだわった2代目は、全高を1545mmとしたことで、ほとんどの立体式駐車場に入庫可能に。

 そして全高は低くなりましたが、車内スペースは逆にやや広くなり、3列目の空間も拡大されています。具体的には、燃料タンクを薄くして2列目シートの下に配置することで、3列目のフットスペースを拡大したのです。

2代目ストリーム。初代の全長4550×全幅1695×全高1590mm、ホイールベース2720mmに対し、2代目は同4570×1695×1545mm、2740mmというサイズに

 搭載エンジンは2種類の直4 i-VTECで、同世代のシビックにも採用された1.8L版は最高出力140ps、新開発の2Lユニットは150psというアウトプット。

 トランスミッションは5速ATとCVTが用意され、スポーティグレードの「RSZ」にはパドルシフトが採用されました。そして駆動方式は、全グレードでFFと4WDの双方を選ぶことが可能でした。

 2代目ストリームの走りは評論家筋からもユーザーからも高く評価され、そして二度のマイナーチェンジで商品力を向上させる努力も怠らなかったのですが、後述する理由により販売は低迷。

 結局2014年6月には生産終了となってしまい、「背の低いミニバン」という新たな地平を切り開いたホンダ ストリームは、2世代にわたる歴史に幕を下ろしました。

■競合ウィッシュの登場とミニバンの台頭… ストリームが姿を消した理由

「まるでセダンのように走れるミニバン」という新基軸を生み出したホンダ ストリームが廃番となってしまった理由。

 それは、まず第一には「トヨタ ウィッシュの影響」を挙げないわけにはいかないでしょう。前章の冒頭で「2003年に『コピーか?』とも思える類似車が登場した」と書いた、その車のことです。

2003年登場のトヨタ ウィッシュ(2003-2017)。初代ストリームが全長4550-全幅1695-全高1590-ホイールベース2720mmだったのに対し、ウィッシュは4550-1695-1590-2750mm

 ホイールベースこそ30mm異なりますが、全長·全幅·全高とも初代ストリームとまったく同じで、商品コンセプトもほとんど同じと言える初代トヨタ ウィッシュが2003年1月に登場したことで、ストリームは確かに打撃を受けました。

 2003年に行われた初代ストリームのマイナーチェンジ時に、ホンダは「ポリシーは、あるか。」という挑戦的な(というか怒りを含んだ)キャッチコピーを採用して反撃しましたが、結局のところ初代ストリームはウィッシュの登場以降、目に見えてその販売台数を落としています。

 ストリームは2006年7月のフルモデルチェンジにより、一時は年間4万台から5万台ほどの販売台数まで持ち直しましたが、2010年以降は「TOP30圏外の常連」に。

 それでいて後発の、ある意味模倣品であるトヨタ ウィッシュがその後もランキング圏内にとどまり続けていたのは、なんとも皮肉な光景でした。

 しかしそのトヨタ ウィッシュも2017年10月に2代目が販売終了となり、結局はブランド消滅の憂き目にあっています。

 これは要するに、ストリームが生産終了となったのはトヨタ ウィッシュのせいではなく、「時代の流れによる不可抗力だった」ということなのでしょう。

 初代ストリームが「新発明」として誕生した2000年頃は、まだまだ「走りの良い箱型ミニバン」というものがほぼ存在していなかったため、ストリーム的な「背の低い3列シート車」には大きな価値がありました。

 しかし2000年頃になって、「走りがいい」とまでは言わないものの「まあまあ悪くない」とは言える、便利な両側スライドドアを備えた背の高い各種ミニバンが登場してくると、ストリームやウィッシュのユーザーは、どうしたってこう思うことになります。

「……そういえば俺(わたし)、なんでこんな背が低くて3列目が狭くて、スライドドアじゃなくてヒンジドアの車に、わざわざ乗ってるんだっけ?」

 湧き上がってきたこの素朴な疑問に対し、「3列シートの便利な車が必要だから」と自答する人は、まあまあ走りが良くて、車内はストリームよりも断然広い箱型のミニバンに買い替えるというのが、自然な流れとなります。

ホンダ オデッセイ。登場は1994年だが、2013年登場の5代目(現行型)からスライドドアを採用している。サイズは全長4830-全幅1800-全高1685-ホイールベース2900mm(写真はアブソルート)

 そして、前述の素朴な疑問に「……まぁなんとなく、シートは3列シートあったほうが便利かな? と思ったから」と自答した人は、ちょうどその頃勃興してきた2列シートの「SUV」に買い替えたのでしょう。

 このような流れでホンダ ストリームは生産終了となり、ライバル(?)だったウィッシュも結局は消えていきました。

1996年登場のステップワゴン。2002年の2代目一部改良モデルからスライドドア全車標準装備となった。ストリーム生産終了後、車高の低いタイプのミニバンは2015年のジェイドの登場を待つことになる

 ストリームの走行性能は、特に2代目のそれは、ミニバンとしては異例に素晴らしいものでした。しかし今にして思えば、あの寸法とフォルムの中に3列のシートを押し込めるというのは、やはり少々無謀だったのでしょう。

 ですがそれは、「今にして思えば」です。

 まともなミニバンもSUVもまだあまり誕生していなかった時代にあっては、ストリームの挑戦というか発明はそれこそ「偉大」でしたし、また「ストリーム的な車」を求めていたユーザーも、確実に存在していました。

 後からは、なんとでも言えるものです。

■ホンダ ストリーム(2代目)主要諸元
・全長×全幅×全高:4570mm×1695mm×1545mm
・ホイールベース:2740mm
・車重:1400kg
・最高出力:150ps/6200rpm
・最大トルク:19.4kgm/4200rpm
・燃費:14.6km/L(10·15モード)
・価格:227万8500円(2006年式RS Z)

【画像ギャラリー】一時代を築いた「走りのミニバン」!!! ホンダ ストリームの画像をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ