次期エクストレイルは仇敵RAV4&ハリアーにどう立ち向かうのか


インテリアは原点回帰を!

 そして、日産の万年課題であるインテリアは、ぜひとも一新していただきたい。

 ライバルRAV4のインテリアは、先進的な装備と内装のカラーなど、ブラック処理されたSUVとはまた違う「センスの良いSUV」を感じられるものだ。ハリアーに関しては、日本人好みの上質でカッコいい、シャープなデザインを採用している。

 日産のインテリアデザインも、この方向に舵を切ることは当然できるのだろうが、決してこの2台を目指してはならない、と筆者は考える。

 筆者は、エクストレイルのインテリアは「エクストレイルらしさ」に回帰した方が良いのではないかと考える。それは、初代や2代目のエクストレイルにあった「外遊びで汚しても気にならない(すぐに掃除できる)」というような、使い勝手の良いデザインだ。

 濡れてもすぐに乾くシートや、運転席で着替えるときにポップアップするステアリングホイールなど、クルマを道具として、汚れを気にせずに使えたのは、エクストレイルの魅力のひとつであったはずだ。

従来の日産デザインの延長線から脱却し、「汚してもよいインテリア」のようなアイディアも欲しい

二兎を追ってはならない!

 ハリアーとRAV4が、国内で想像以上に人気となったからといって、エクストレイルが、この2台になろうとしてはならない。次期型エクストレイルが、この2台よりも素晴らしいクルマとなったとしても、ブランドの強さ、顧客の属性、トヨタの販売体系など、土台が違う部分の影響は無視ができない。

 クルマの購入動機は「性能の良さ」や「デザインの良さ」だけではない。情緒的な価値と紐づくと、人間は動かされやすい。つまり、過去の顧客がエクストレイルを選んで正解だったと感じた「理由」を突き詰める必要がある。

 新型ローグが発表された、ということは、エクストレイルもすでに次期型がほぼ完成していて、いまは、小さな不具合箇所を洗い出し、初期不良が出ないよう細心の注意を払いながら、クルマを仕上げている段階だ。

タフなSUVならではの魅力を持たせるため、フロアマットなどを洗えるような「汚してもよいインテリアパッケージ」といった新たな提案があると嬉しい

 「なぜエクストレイルを選んだのか?」「エクストレイルの存在価値とは?」。このあたりから振り返りをしたうえで、具現化をしていった結果が、「新型ローグ」だと願っている。

【画像ギャラリー】国産ミドルクラスSUVの先駆車! 日産エクストレイルの歴代モデルを写真で振り返る