風水気学指導鑑定士 藤洸瑛の幸運をゲットする 自慢の愛車でパワースポット巡り! 〜箱根神社&九頭龍神社編〜

 風水気学指導鑑定士の藤 洸瑛(ふじ こうえい)です。

 現在、Yahoo!占いサイトでの鑑定や、カルチャースクールで占い全般について教えています。特に方位についての鑑定依頼が多く、ご自分の凶方位、吉方位を知ることで、幸運を手に入れることができることをお伝えしてきました。

 そこで今回は新型コロナウイルスの影響で生活が一変してしまった皆さんへ、少しでも幸運を引き寄せ、お役に立てればと思い、連載企画を始めさせていただくことになりました。

 私も車が大好きで、前回の車は5年で10万キロ走り、今の車は4年目で9万キロになります。ディーラーさんからは乗り換えを勧められていますが、愛車ですからなかなか手放せませんよね。

 是非、皆様の自慢の愛車とともに、パワースポット巡りをしたいと思っていますので、よろしくお願い申し上げます。

1回目の記事はこちら!│ 〜大宮八幡宮編〜

◎2回目の記事はこちら!│ 〜田無神社&井草八幡宮編〜

◎3回目の記事はこちら!│ 〜日光東照宮&日光二荒山神社編〜

【画像ギャラリー】箱根に来たらぜひ訪れたい!!! 箱根神社&九頭龍神社参拝の様子をギャラリーでチェック!!!

文・写真:藤 洸瑛


■まずは吉方位(運気が上がる方角)を確認!

 まずはじめに、みなさんの吉方位の出し方をおさらいします。

 聞いたことがある人もいるかもしれませんが、誕生年によって九つの星(「一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星」)に分けられます。

「2020年の吉方位・凶方位」の表で九星の中であなたの星を確認しましょう。

2020年の吉方位・凶方位の一覧

 ただし、東洋の暦法では、立春を一年の始まりとするため、立春から翌年の節分までを一年とします。そのため、1月1日から節分までに生まれた方は、前年の九星となります。

 自分の住んでいるところから、吉方位の範囲内でパワースポットがあったら是非とも良い日や時間を選んで行ってみてください。

■創建757年 関東の総鎮守 箱根神社

 パワースポット巡りの第4回目は、神奈川県足柄下郡箱根町にある箱根神社と九頭龍神社をご紹介します。

 東京方面から箱根神社に行くルートはいくつかありますが、お勧めは、東名高速道路厚木インターから小田原厚木道路と西湘バイバス、箱根新道を通り、芦ノ湖大観ICで降り、国道1号線を通り「関所南」の信号を右折、「元箱根」の信号を直進し、第一鳥居、第二鳥居をくぐって箱根神社の駐車場へと向かうルートです。

箱根神社 駐車場の様子

 旧東海道を通るルートは、七曲もありくねくね道が続き、道も狭いところがあるので、あまりオススメはしませんが、ドライブテクニックに自信がある方は試してみてもいいかもしれません。

 富士箱根伊豆国立公園内、箱根山麓の芦ノ湖の湖畔にある箱根神社は、厳かな雰囲気の漂う中に建っており、ナビを設定していないと気付かずに駐車場入り口を見過ごしてしまうかもしれません。

 日本全国からバスでやってくる観光客も多いため、駐車場は広く、第1から第3まであり、約100台は停められます。ただし第3駐車場は車の祈祷や結婚式の車が中心の駐車場だそうです。

 箱根山は古来から山岳信仰の霊場として多くの信仰を集めていました。

 奈良時代(757年)に、修行中の僧侶である万巻上人が箱根大神の霊夢による御神託をうけて創建され、その後関東総鎮守と崇められたと言われています。

 鎌倉時代に源頼朝は箱根神社を深く信仰し、新年参詣をはじめ何度も詣でたとのこと。

参拝客で賑わう

 また鎌倉幕府の基本法典でもある「御成敗式目」は、全部で五十一箇条からなっていますが、その第一条には「神社を修理し、祭祀を専らにすべきこと」と定められています。

 この武家の憲法ともいうべき「御成敗式目」の起請文(神仏に捧げる願文)には、箱根神社は願いを捧げる神仏の筆頭に挙げられており、鎌倉幕府の願いを叶える所として、当時からパワースポットとされていたのです。

 その他、歴史上の人物では北条氏をはじめ、徳川家康等も訪れました。

箱根神社本殿の参拝を待つ人

 武士の時代には勝負神として信仰され、また江戸時代に東海道が整備されたこともあり、道中安全を願う庶民の信仰の場となり、そして車社会となった現在では「交通安全祈願」としても有名です。

 また、長嶋茂雄さんお気に入りの神社でもあり、スポーツ選手や芸能人なども数多く訪れ、老若男女問わず、連日たくさんの人が訪れています。

平和の鳥居と本殿とを繋ぐ参道

 箱根神社は古くから運開きの神様として勝負運や良縁、心願成就の御神徳が高いことで有名なパワースポットなのです。

 箱根神社御神殿の東側には、源頼朝が北条政子との子どもの安産祈願を行った御神木の「安産杉」があり、頼家と実朝の二人の子供を授かったと言われています。

 根が二股に分かれた「安産杉」は、幸運の木とされており、取材時にも多数のカップルが手を合わせて祈っていました。

安産杉

 時間があったら階段を降り、芦ノ湖畔の水面に優雅に浮かぶ大きな朱色の鳥居、「平和の鳥居」まで行ってみてください。

 箱根神社の目印でもあり、鳥居をバックにインスタ映えする写真が撮れることもあって、いつも順番待ちのための列ができています。

平和の鳥居

 また、鳥居から芦ノ湖に沿って歩ける遊歩道もあります。

 参拝が終わったら周辺を散策してみるのもオススメです。

 湖面に手を触れて挨拶をして、気づいてくれたら龍神様の波が跳ねると言われています。

 私の場合、靴がずぶ濡れになったこともありました。龍神様が来ている証拠だと言われていますが、一方で遊覧船の通過によって起こる波だという意見もあります。

 私の時は船は見えませんでしたが、果たして真実はどちらなのでしょうか? 一度確かめてみるのも良いと思います。

 また、晴れていれば対岸に富士山も見えます。日本三大パワースポットの富士山と、同じく強力なパワースポットである平和の鳥居を同時に見ることができるため、運気が上がっていくこと、間違いありません。

■開運隆盛・金運守護・商売繁盛などのご利益あり! 縁結びとしても有名な九頭龍神社

 もう一つ、芦ノ湖畔にはパワースポットとして有名な九頭龍神社があります。

 芦ノ湖の守護神として司ってこられたのが「九頭龍神」です。

九頭龍神社新宮 参拝の様子

 九頭龍神の誕生は、箱根大神の大きな力を心身に受けた万巻上人が、芦ノ湖に住む荒れ狂う九頭の毒龍を懲らしめ、懺悔した九頭の龍を芦ノ湖守護のための「九頭龍神」としてよみがえらせたことが始まりといわれています。

 全国に「九頭龍」と名のつく神社はたくさんありますが、九頭龍神社といえばここ箱根を指すのが一般的です。

 ちなみに箱根の「九頭龍神社」は二箇所あり、「本宮」は芦ノ湖湖畔、「新宮」は箱根神社の境内にあります。

湖上に浮かぶ本宮の鳥居

 九頭龍神社は開運隆盛はもとより、金運守護・商売繁盛・縁結びの神様として厚い信仰を受け、特に毎月13日の朝10時から本宮で行われる月次祭には、全国各地からたくさんの参詣者が訪れます。

 数多くの有名人もお忍びで訪れ、特に若い女性たちの間で縁結びのパワースポットとして噂が広がってからは、千人を超える人々が参拝に訪れるようになりました。

「本宮」は芦ノ湖畔、九頭龍の森の中に祀られているため、車で行くことはできません。

 月次祭の13日だけ、湖畔にある船着き場から参拝専用船が出るのですが、徒歩やモーターボートでも訪れることができます。

 車と徒歩で向かう場合は、箱根園・ザ・プリンス箱根の駐車場に停め、湖畔沿いの遊歩道を約30分ほど歩いて「九頭龍の森」の入口を目指してください。

 そこから約20分ほどで神秘的な空気が漂う本宮に到着します。ただし13日以外は、社殿の扉は開いていませんので注意してください。

本宮

 13日の月次祭は誰でも参拝できますが、現在は新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、参拝時間が制限されているようです。

「本宮」「新宮」の区別はなく、同じ神様が祀られているため、その御心も御神徳も変わりはないとのことです。

「新宮」の社殿の前には、霊水である「龍神水」が湧き出ていて、お水取りのためにたくさんの人が訪れます。

龍神水

 そこで飲むのも良いですし、水筒やペットボトルに入れて持って帰ることもできます。また、クリスタルなどの石の浄化、ヒーリング効果として使っても良いでしょう。

「新宮」の月次祭は「両社参り月次祭」といって、毎月15日に行われます。

 この日は箱根神社の月次祭と、九頭龍神社新宮の月次祭が続けて行われるため、御加護の大きい両社参りをおすすめします。

 夏休み中とはいえ、全国で新型コロナウイルスの第二波が広がっている中、他県に移動するのを躊躇してしまうこともあると思いますが、行政からの指示を守りつつ、ご自身の都合の良い日に、ドライブを楽しみながらパワースポットに行っていただくのが一番良いと思います。

◎箱根神社・九頭龍神社新宮
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
・電話:0460-83-7123
・車:箱根新道芦ノ湖大観IC国道1号10分

◎九頭龍神社本宮
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根88
・電話:0460-83-7123(箱根神社内)
・営業時間:9:00~17:00(入園料有)
・車:箱根園またはザ・プリンス箱根芦ノ湖の駐車場から徒歩30分(ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 〒250-0592 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144)/小田原厚木道路(厚木I.C.~小田原西I.C.)から箱根新道(山崎I.C.~芦ノ湖大観I.C)経由で約52km

【画像ギャラリー】箱根に来たらぜひ訪れたい!!! 箱根神社&九頭龍神社参拝の様子をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ