どうしたプリウス ついにベスト10圏外に HV代名詞苦戦の実態

 2020年に入り、あのプリウスが失速している。現行の60系プリウスがデビューしたのは2015年12月。翌年の2016年は、登録車販売台数で1位(驚異の24万8258台)、2017年も1位、2018年はノートとアクアに続く3位となったが、2019年には再び1位(12万5597台)に返り咲く、など、プリウスは、言わずと知れた、トヨタのメガヒットカーだ。

 しかし2020年に入ると、その勢いが徐々に衰え始め、とうとう2020年6月度の登録車販売ランキングでは11位と、トップ10から脱落してしまった。

 なぜプリウスは失速してしまったのだろうか。

文:吉川賢一/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】国内ハイブリッド車の代名詞!トヨタプリウスの歴代モデルを写真で振り返る


プリウスが失速したワケ

 2020年6月の登録車販売ランキングを見ると、1位が2019年11月に登場したライズ、2位は2月に登場したヤリス、3位はカローラ、4位はフィット、5位にはなんとアルファードがランクインしている。

60系プリウスが登場したのは2015年12月 2019年までは登録車販売ランキングで常にトップレベルを維持していただけに、2020年の失速は衝撃的
2020年6月度の販売台数ランキングで、プリウスは11位とトップ10圏外になった

 プリウスが失速した要因として考えられるのが、「ヤリスとフィット」という、手ごろなコンパクトカーの登場、そして「コロナ禍」の影響だ。

 これまでプリウスを選んでいた顧客が、コロナ禍による不安や、経済状況の変化によって「より手ごろなハイブリッド車を」ということで、50万~60万円ほど安い、ヤリスやフィットへと流れてしまったのではないか、ということだ。

マイチェン前の釣り目型だったころの60系プリウスはデビュー当時よく売れた一台だ

 これまでは「ハイブリッドといえばプリウス」と思い込んでいた顧客にも、「ハイブリッド車でもほかの選択肢もある」という認知が広まった、ということであろう。

プリウスは十分に役目を果たした

 この10年間で、ハイブリッドシステムを搭載するモデルは、一気に増えた。

 アクアやフィット、ノートe-POWERといった200万円台のコンパクトカーから、ノア/ヴォクシー、ステップワゴン、セレナといった300万円台のミディアムクラス、さらには400万円超えの高額車まで、あらゆるジャンルとボディ形式で、ハイブリッドが登場している。

 プリウスは「ハイブリッド車の認知度を広げる」という大役を、すでに十分に果たしてくれた。プリウスの販売が落ちてしまったとしても、ヤリスを筆頭に、カローラ、ヴォクシー、アルファードといったトヨタのハイブリッド軍団が、受け皿として待ち構えている。

初代プリウスはハイブリッド量産車の可能性を示した歴史的な一台だ

 しかもそれらは、他社車のシェアも奪いつつあり、すでにトヨタの国内シェアは50%に近いところまで来ている(軽を入れると約30%)。

 プリウスは、人気車であるがゆえ、一部SNS等で悪しきイメージで騒がれてしまっているが、TNGAによる新型プラットフォームを使った現行型プリウスは、非常にいいクルマだ。

 そして、そのTNGA構想が、ヤリスのようなコンパクトカー向けのGA-Bプラットフォームから、レクサスにも使われるGA-Lプラットフォームまで、という、幅広い車種に織り込まれていくことを考えれば、トヨタの底力を実感せざるを得ない。

 実際、前述した2020年6月の登録車販売台数ランキングでは、トップ5のうち4台がトヨタ車だ。プリウスが失速していても、ライズやヤリスが売れていれば(もちろん車種によって利幅の違いはあるだろうが)、トヨタとしては、それでいいわけであって、プリウスは失速したかもしれないが、トヨタ全体で見れば、今が絶好調なのだ。

なぜプリウスは、あの姿のままなのか

 プリウスは、初代から5ドアのファストバックセダンというボディ形式を貫いてきた。

 2011年ごろにミニバンのボディ形状をしたプリウスαも登場した(現在も販売中)が、一世代前の30系プリウスをベースとしており、TNGAを初めて導入した現行型の60系プリウスとはリンクしていない。

 また、一時期ホンダのインサイトも近いボディ形状にはなったが、今ではミドルサイズセダンへと進化している。あのボディスタイルを見ればプリウスだと思うほどに、世の中によく馴染んでいる。

2代目インサイトのボディラインはプリウスそっくりとなった

 そのため、プリウスは、簡単にはボディ形式を変えることができないのではないだろうか。

 クラウンはセダンタイプ、アルファードはミニバンタイプ、ハリアーはクロスオーバーSUV、といった、ステレオタイプ(占有感、固定観念)は、販売する側にも、購入する側にも、役に立つ部分が多い。クルマを指名買いしても、裏切られることがないからだ。

 あの姿こそが「プリウス」となってしまっているため、プリウスは、ボディ形状を大きく変えてしまうと、顧客から「プリウス」として認められなくなってしまう危険さえあるのだ。プリウスは生涯、あの姿を貫いていくのではないか、と、筆者は考えている。

【画像ギャラリー】国内ハイブリッド車の代名詞!トヨタプリウスの歴代モデルを写真で振り返る

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ