高速道路上の落下物でクルマが損傷 被害を受けたドライバーにも責任があるって本当?


落下物との衝突事故を防ぐためにはどうするべきか

万が一のためにドライブレコーダーを装着したい(Adobe Stock beeboys-stock.adobe.com)

 高速道路の出入りがETCによりノンストップ化したこともあって、荷台を覆っていない、荷物むき出しの危ないトラックは、昔よりも増えたような印象を覚えることもある。

 高速道路を走行していて、危ない積み方をしているトラックなどに気付いたら、まずは離れること。無理に追い越そうとして後ろで粘ろうとせず、一度離れてから追い越すチャンスを待つことだ。

 間に別の車両が入ってくれば安全とは限らない(他人を楯にするのもどうかとは思うが)し、近くを走っているだけで、周囲のクルマ共々被害に遭う可能性が高まる。

 そして自動車保険は弁護士特約を必ず結んでおくこと。これは無料であったり、有料でも低額(数千円)なので必ず入っておこう。

 交通事故以外のトラブルで弁護士に依頼するケースでも使える場合もあるから、個人賠償保険と並んで、必須の保険特約であることを覚えておいてほしい。

 また、あおり運転の厳罰化によって自衛のためにも必需品となったドライブレコーダーは、こうした落下物による事故の際にも役に立つ。

 イザという時に壊れたり、誤作動では困るので、SDカードのグレードを含め、品質にこだわって確かな製品を選び、装着しておくことも必要だろう。

もし落下物を見つけたら道路緊急ダイヤルに通報しよう。道路緊急ダイヤルは、全国の高速道路および国交省管理の国道において24時間無料で利用可能。同乗者がいる場合は同乗者に通報してもらおう。同乗者いない場合はSA・PAなどの安全な場所から道路緊急ダイヤルに通報しよう

【画像ギャラリー】高速道路の落下物は年間34万5000件 最も多い落下物は何?