ジムニー、ジープ、 ベンツGクラス…クロカン四駆ガチ勢世界選手権


 クロスオーバーSUV百花繚乱時代、各メーカーから隙間なく、実にさまざまなモデルが登場している。

 クロスオーバーSUVと聞いて、昔からのファンからは軟弱のSUVばかりで、昔ながらの無骨なクロカン四駆はないのか? という声も聞かれてくる。

 そんな声がメーカーに届いたのか、スズキジムニーをはじめ、メルセデスベンツGクラス、ジープラングラーなど昔ながらの無骨なクロカンSUVをリリースし、大ヒットしているのはご承知のとおりだ。

 そして、2020年7月には、フォードがブロンコを復活させ、日本導入となったランドローバーの新型ディフェンダーも、昔のデザインをモチーフにしたレトロ&モダンで無骨なSUVだ。

 そこで、最も無骨なクロスオーバーSUVは、どのクルマか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が独断と偏見でランキング! 


文/岩尾信哉
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】世界最無骨SUV選手権ノミネート8台の写真をチェック!


1位:スズキジムニー/日本の宝、世界の宝!

右がジムニー、左がジムニーシエラ。価格はジムニーが148万5000~187万5500円、ジムニーシエラが179万3000~205万円と価格がお手頃なところも魅力

 2018年7月にジムニー/ジムニーシエラが発表された当時、昔ながらの四角いボディで、4WDフリークのみならず、一般人も熱狂させた。その功績は大きい。文句なしに最無骨SUV、NO.1でしょう! 

 しかも口うるさいクロカン四駆愛好家を黙らせるラダーフレームでオフロードでの走りも不安なし。スタイル、メカニズム、インテリアのデザイン1つとってみても、軟弱なSUVをひれ伏す無骨さに溢れている。

 ただ、惜しむらくは納期が1年以上と長いこと。ただし、1年待った甲斐のあるクルマなので、待つしかないか……。

納車1年待ちといわれる新型ジムニー。ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1725mm。最低地上高は205mm。エンジンは64ps/9.8kgmの658cc直3ターボ。シエラは全長3550×全幅1645×全高1730mmで、102ps/13.3kgmの1.5L直4を搭載

2位:ジープラングラー/本物のジープはレトロモダンでワイルド

2ドアのスポーツと4ドアのアンリミテッドで構成される。2ドアは4320mmの全長と2460mmのホイールベース。対して4ドアの全長は4870mm、ホイールベースは3010mmと異なる。全幅(1895mm)以外は、全高:1825mm(2ドア)、1840~1850mm(4ドア)

 2018年10月、11年ぶりにフルモデルチェンジした現行ジープラングラーは、愛嬌のある丸目ヘッドライトをはじめ、7本のあるスリットなど、伝統的なジープスタイルを継承。

 誰もがジープはこうあるべきと思う姿をしている。世界を見渡しても、こんなにわかりやすいクルマは珍しい。

 軍用のウイリスMB型を起源とするジープブランドの元祖であるラングラーは、2ドアのスポーツと4ドアのアンリミテッドで構成される。

 搭載エンジンの基本は3.6L、V6(284ps/347Nm)、アンリミテッドサハラのみ2L、直4ターボ(270ps/400Nm)を設定する。

 ラングラーも日本仕様では8速ATの4WDが基本となっても、硬派4WDの証明たる前後リジットサスペンションやボール循環式ステアリングを採用。

 なかでもルビコンに限っては副変速機付きパートタイム4WDを搭載しているので悪路走破性はハンパない。

 ジムニーか、ジープラングラーかNO.1をどちらにするか最後まで迷ったが、ジムニーはやはり日本の宝、手ごろな価格で買えるという点においても、ジムニーは世界一だと思う。

1941年の誕生以来、実に77年の伝統が息づくジープラングラー。左は1945年式のCJ-2A。右は新型JL型ラングラー・ジープ・ルビコン。7本スロットグリルに丸目ヘッドライトは変わらず

次ページは : 3位:メルセデスベンツGクラス/無敵のオフロードキング

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ