安全装備の一番手前 クルマのヘッドレスト 間違いだらけの使い方に注意

 レンタカーや社用車、友人のクルマなど、普段運転していないクルマを運転する際は、自分にとってベストなドライビングポジションをとるため、シートやステアリングホイール、ミラーの位置を調整する必要があります。

 クルマや運転が好きな方は、正しいドライビングポジションをとるために、各部の調整をしっかりとされると思いますが、そんな方でも忘れがちなのが、ヘッドレストの調整です。中には、ヘッドレストを調節したことなんてない、というかたもいるのではないでしょうか。

 ヘッドレストには、万が一のときに乗員の頭部を守る、という、とても重要な役目があります。ここで、ヘッドレストの役目を再認識し、クルマを運転する際には、自分の体に合った位置に設定されているか、いま一度確認しましょう。

文:吉川賢一
写真:HONDA、TOYOTA、MAZDA、DAIHATSU、Adobe Stock


ヘッドレストは「頭の休息」ではない

 クルマのヘッドレストは、英語の「ヘッドレストレイント(head restraint)」を略したものであり、休憩を意味する「レスト(rest)」ではありません。

「restraint」は「拘束」という意味をもつ単語です。ヘッドレストは、追突事故など、予想外の加速度で、乗員の頭が揺すられた際、乗員の頭をむち打ち症から守る、という重要な任務のある装備なのです。枕ではありません。

ヘッドレストは、英語の「ヘッドレストレイント(head restraint)」を略したものであり、休憩を意味する「レスト(rest)」ではない Photo/Adobe Stock

 追突されると、人間の体は前方へ投げ出されますが、頭部は重いため、身体より動きが遅れ、いわゆる「むち打ち」の状態となります。ヘッドレストは、頭部が後ろへ投げ出されるのを最小限に食い止めてくれるのです。

後突された際にヘッドレスト高さが頭の高さとあっていないと、写真のように首が前後へ大きく振られ、頚椎を痛めることになる Photo/Adobe Stock

 人間の頭部の重さは、体重の8~10%ほどと言われており、ボーリングの球でいうと11ポンドから13ポンドと、結構ずっしりくる重さです。そんな重い頭を、細い首で支えているわけですから、万が一を考え、首を守ることは、普段からしっかり意識しなくてはなりません。

ヘッドレストを正しく使うとこで、被害を最小限に

 政府の統計データによると、昨年度の交通事故発生件数は、全国で38万1237件、そのうち、追突事故は12万6062件。なんと、交通事故の3件に1件は追突事故とのこと(政府統計ポータルサイト「e-Stat」 事故類型別交通事故件数による)。

 追突事故などによって、むち打ち症になってしまうと、首の痛みや凝りだけでなく、めまい、目のかすみ、眼精疲労、吐き気、握力低下、手や指先の麻痺、等々、さまざまな身体的症状を引き起こしてしまうだけでなく、ひどい場合には、うつ症状などを誘発してしまうこともあり、回復までに相当な時間がかかってしまいます。

 そうならないためにも、ヘッドレストは正しい位置に調整することが必要です。ヘッドレストの正しい位置は、後頭部の一番出っ張っている部分に、ヘッドレストの中心がくる高さです。前後にも調整できるタイプもありますので、より頭とヘッドレストが近くなるよう、調整しておきましょう。

後頭部の出っ張りがヘッドレストの中心がくるように調節(マツダ3の取扱説明書より)

後席でこそ、大切な装置

 1960年代ごろまでは、ヘッドレストがついていないクルマも多かったのですが、日本では1969年に運転席のヘッドレストが義務化され、助手席に関しても2012年に義務化されました。

 装着していないと、道路運送車両法の保安基準違反となります。例えば、後部座席のお子さんが「ヘッドレストが邪魔で景色が見えない」と言っても、絶対に外してはなりません。

 追突されると、ドライバーだけでなく助手席や後部座席にいる人も、もれなく衝撃が加わります。そのため、義務化されている前席だけ、気にすればいい、というわけではありません。

ライズのリアシートにも人数分のヘッドレストが装着されている

 前席と比べて、周囲の状況が把握しにくく、身体を支えるものがシートベルトしかない後席は、無防備な状態でいることが多いため、追突に対して身構えることができません。義務化されてはいないですが、現在では、ほとんどの乗用車で、後席シートにも、乗車定員分だけヘッドレストが取り付けられています。

写真はタントのリアシート 軽自動車は人数分ついていない場合も

現在はアクティブヘッドレストが当たり前

 15年ほど前から、国内の各自動車メーカーが積極的に採用している「アクティブヘッドレスト」は、事故の際にヘッドレストを瞬時に前へ移動させる、というものです。

アクティブヘッドレストの作動イメージ(ホンダアコード)

 「アクティブ」とはいっても、モーター駆動でヘッドレストを動かす、というものではなく、シートバックにかかる荷重を利用したシンプルなメカ式の構造ではありますが、随分前からこのように呼ばれています。

 日産によると、このアクティブヘッドレストによって、頚部への突き上げ力が約35%低減したほか、頭部後方移動の急激さを表す首の傷害指数がなんと約65%も低減した、とのこと。自動車メーカー各社は、このように日々研究・開発を行い、乗員の障害値を0.1%でも下げる努力をしています。

ホンダインサイトの例 ヘッドレストは適切な位置に調節して使用してほしい

ヤリスは「ヘッドレスト一体型シート」

 今年2月に登場したトヨタのコンパクトカー「ヤリス」の主要グレード(「X」と「G」)は、ヘッドレスト一体型のフロントシートが採用されています。

ヤリスGグレードのフロントシートは、ヘッドレスト一体型となる ヘッドレストの機能的には問題はないが、シートバックが大きめになることも

 頭部までしっかりと高さのあるシートなので、衝突時の衝撃緩和には十分に役立つでしょう。また、一体型となれば、ユーザーが故意に外したりできない上に、調節機構を省くことができるため、コスト削減と軽量化も可能です。

 ヘッドレスト一体型の方がスポーティでカッコいい、というかたもおられますが、デメリットもあります。ヘッドレスト一体型のシートは、大柄な体格方の頭部位置にも対応するように合わせるため、シートの上下方向が大きく造られています。そのため、後席からは、前方に圧迫感を感じ、居住性が損なわれてしまいます。

 ただし、ヤリスのように、後席居住性を重要視しないクルマの場合、シート一体型は有効だといえるでしょう。

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ