パンク修理キットは万能ではない!! スペアタイヤのメリットとデメリット


 最近はパンクの際の対応にスペアタイヤを積まず、パンク修理キットで済ませるクルマが多くなっている。

 メリットがあるためパンク修理キットで済ませるクルマが多くなっているわけだが、パンクした際のことを考えるとスペアタイヤにも捨てたいメリットも多い。

 ここではスペアタイヤ、パンク修理キットのメリット、デメリットについて考えていく。

文:永田恵一/写真:平野学、ベストカー編集部、Adobe Stock

【画像ギャラリー】いざという時にも安心!! パンク修理キットの使い方を画像でレクチャー!!


スペアタイヤのデメリット解消のためにパンク修理キットが登場

 2000年代はじめまでパンクした際の対応は細いテンパータイヤをはじめ、純正と同じサイズのスペアタイヤを積むことがほとんどだった。

 もっとも、フェラーリのようにスペアタイヤが積めないクルマではパンク修理キットの場合や、スペアタイヤをバックドア背面に積むSUVやベンツなどでは標準装着タイヤをスペアタイヤに積むクルマもあった。

かつては背面タイヤ(スペア)を背負っている日本のSUVは多かったが、現在で標準装着されるのはジムニー&ジムニーシエラのみ

 しかし、時代の変化もありこの頃になるとスペアタイヤのデメリットもクローズアップされ、その背景として日本の道路環境がある。

 特に日本のような道路環境のいい国では舗装率が高く、道路に異物が落ちていることも減ったのに加え、タイヤの性能向上もあり、パンクに遭う可能性が非常に低くなった。

 平均するとパンクに遭う可能性は10年に一度程度だというが、実際はパンクをはじめタイヤトラブルの件数は増えている。

パンクをはじめタイヤトラブル時にスペアタイヤは重宝するが、重量増、ラゲッジのスペース効率のため激減している(madscinbca-stock.adobe.com)

 そう考えるとスペアタイヤは重量増、スペースを食う(スペアタイヤがなければ空いたところを収納スペースにも使える)というデメリットがある。

 さらにスペアタイヤは使われないままクルマを廃棄する際に同時に廃棄される場合が非常に多く、環境面への負担も指摘されていた。

 といった点を総合して2000年代後半からスペアタイヤの代わりとして、主にパンク修理剤(液体)と12V電源を使う電動空気入れから構成されるパンク修理キットへの移行が始まった。

軽自動車の場合ラゲッジのスペースが限られているため、スペアタイヤやテンパータイヤではなくパンク修理キットにすることのメリットは大きい

ランフラットタイヤが登場するも普及せず

 なお2000年代初めからはパンクしてもタイヤ側面でクルマを支えることで、80kmの距離を80km/hのスピードで走行できるという規格で開発されたランフラットタイヤが登場した。

 ランフラットタイヤは日産GT-Rのような300km/hでの巡航が想定されるクルマでは、パンクの際に加え超高速域での真円性(いかにタイヤが丸く回るか)の確保のため必要なものだ。

 しかしその反面、タイヤ側面の補強や重量増による乗り心地の悪化に代表される性能低下やコスト高というデメリットが、以前に比べればだいぶ克服されているにせよ否めず、今のところランフラットタイヤは普及していない。

パンクしても走れる夢のようなランフラットタイヤは、BMWが積極的に純正装着を推進しているほかは、装着車種は限定され普及が進んでいない

次ページは : パンク修理キットのデメリット

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ