カローラツーリングワゴンがいまだに人気の真相 ワゴン冬の時代に大健闘!!

■長所もあれば短所もあり

 カローラツーリングは、TNGAの考え方に基づく新しいプラットフォームを使って3ナンバー車になったが、日本国内向けのワゴンとして開発された。そのために全長は4495mm、全幅も1745mmに抑えられ、今でもワゴンのなかではコンパクトだ。

 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値はカローラスポーツと同じ2640mmだから、最小回転半径も5.0~5.3mに収まる。3ナンバー車になっても街中で運転しやすい。

 そのいっぽうで、ヴィッツと共通のプラットフォームを使ったカローラフィールダーに比べると、走行安定性、操舵に対する車両の反応、乗り心地が大幅に向上した。内外装の質も高まった。後席の足元空間と荷室の奥行寸法は、カローラフィールダーよりも狭いために乗り替える時は注意が必要だが、ドライバーは満足できる。

ツーリングは3ナンバー車になったが、前後席に座る乗員同士の間隔は、5ナンバーサイズのフィールダーを30mm下まわる。床と座面の間隔も40mm減少している

 カローラツーリングの機能は、ワゴンというよりも5ドアハッチバックに近い。カローラスポーツの全長と荷室の奥行寸法を、それぞれ120mm拡大したのがカローラツーリングになるからだ。居住性はカローラスポーツとほぼ同じになる。

 このような位置付けのクルマは、ほかに見当たらない。コンパクトワゴンならカローラツーリング、ミドルサイズなら新型レヴォーグというのが、今のワゴンの選び方になる。カローラツーリング2WD「S」の価格は、ノーマルエンジンが221万6500円、ハイブリッドは265万1000円だ。

 新型レヴォーグは1.8Lターボと4WDを全グレードに搭載して、最も安い「GT」が310万2000円、アイサイトXや11.6インチセンターインフォメーションディスプレイなどを標準装着した買い得グレードの「GT EX」は348万7000円になる。このようにカローラツーリングは、3ナンバー車になった今でも、使い勝手の優れた買い得なワゴンであり続けている。

 ただしワゴンの車種数は、依然として少ない。後席や荷室がカローラツーリングよりも広く、なおかつレヴォーグよりも価格の割安な車種が必要だろう。そこに当てはまる車種がないこともあり、多くのユーザーがSUVを選んでいる。

 国内市場に合ったワゴンを開発して、低重心による優れた走行安定性と乗り心地、つまり「安心と快適」をアピールすれば、国内新車市場のワゴン比率が2~3%という低迷には陥らないだろう。

【画像ギャラリー】好調な販売を続けるカローラツーリング その詳細をチェック

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!