GT-R ロードスター デリカD:5… 圧倒的個性を誇る現行国産車&輸入車10選


■ライトウェイトスポーツの生き残り。それもまた個性

 2位にはマツダロードスターを選びました。

マツダ ロードスター…絶滅危惧種となってしまったライトウェイトスポーツのロードスターも個性派の名にふさわしい

 ロードスターは、言うまでもなくライトウェイトスポーツカーを現代に蘇らせた立役者。ハードトップオープンのRFとソフトトップのスタンダードという2本立てもまたユニークです。

 現行のND型は原点回帰を模索したピュアスポーツカーです。受け継がれたコンセプトからは初代の偉大さもひしひしと伝わってくる。

 日本にロードスターがあってよかった。心からそう思います。

■変態的!? 国産車1位は個性溢れるミドシップ S660

 そして1位にはホンダのKスポーツカーを選びました。

ホンダ S660…軽のミドシップスポーツカー。こんな“変態的なクルマ”はホンダだからこそ作れた

 なんといってもこのサイズのミドシップスポーツカーを専用車台で造ってしまうというメーカーの心意気に、まずは敬意を表します。

 凝った設計のアルミニウムボディは、できればスケルトンボディを被せてあげたいほどに美しい。

 Kカーが大半を占める日本だからこそ誕生したユニークさ極まるスポーツカー。一等にふさわしい存在だと思います。

次ページは : ■輸入車編。まずはランボルギーニの史上最高傑作