知ってそうで知らないHV車の燃費をよくするアクセルワーク術


 燃費の良さに惹かれてハイブリッド車を購入したものの、カタログ値には程遠い実燃費――。一方で、カタログ値以上をたたき出す、凄腕(凄足!?)ドライバーも。

 燃費を伸ばすテクニックとしては、急加速を控えたふんわりアクセル操作、などが有名ですが、実はハイブリッド車の場合は、ちょっと違っていて、むしろゼロ発進時には、ガソリン車よりも、強めに加速した方がいいのです。本稿では、ハイブリッド車の動力伝達の特徴をおさえた運転方法について、ご紹介していきます。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】 このクルマに乗っている人は必見!! 売れ筋HV車はこちら!!


「ググッ」と加速、「パッ」とアクセルオフ、「フワッ」と巡行

 ハイブリッド車の場合、燃費を伸ばす心得としては、「エンジンを使う時間を極力短くして、モーターで走行する時間をできるだけ増やす」ことです。

 信号待ちなど、完全停止したところから発進するようなシーンの場合、モーターの持つ特徴、「初動からのトルクの強さ」をフル活用して、「ググっ」とやや強めの加速を行ってスピードに乗せます(もちろん、前走車がいる場合は、前走車の動きにあわせてください)。その際、エンジンとモーターの両方が起動しているはず。

 目標車速(一般道では50~60km/h)に近づいたら、アクセルペダルを完全に「パッ」と戻し、エンジンが止まる瞬間を、音や振動、メーター内の表示で確認します。クルマへ「もう加速する必要がない」と認識させることがポイント。ここが純ガソリン車とは違うテクニックです。

 その後は、純ガソリン車と同じようなふんわりアクセル操作で、EV走行を維持し、クルマの惰性で「フワッ」と走り続けるように車速維持します。

モーターの持つ特徴、「初動からのトルクの強さ」をフル活用して、「ググっ」とやや強めの加速を行ってスピードに乗せる

 巡行走行中は、エンジンが起動しているのか否かを常に感じながら、アクセルペダルをこまめにもどし、エンジン休止状態を続けることがポイントです。スピードが落ちてきたら、少し強めに加速をして、また巡行速度に乗せたらアクセルペダルを離す、といった操作をします。

 ちなみに、マイルドハイブリッドも最初の加速方法はハイブリッド車と同じです。補助モーターの発進時のサポート時間を活用して速度を上げ、その後はふんわりアクセルで巡行します。

下り坂は絶好の燃費改善ポイント

 下り坂は、絶好の燃費向上場所です。クルマが惰性で転がりながら進むため、エンジンを起動せずに巡行ができます。さらにいいのは、回生充電をしてくれる場合もある、ということです。

 「回生」とは文字通り、運動エネルギーを「生き返らせる」ことをさしています。モーターは、電気を流すと回転しますが、逆に、モーターは回転させると、電気を生み出します。

 この特性を利用すれば、下り坂では、惰性で転がることで、モーターが発電した電力を駆動用バッテリーへ電気を蓄えることができます。その電気を再びモーター駆動に利用すれば、燃費が良くなる、というわけです。

下り坂は、絶好の燃費向上場所 クルマが惰性で転がりながら進むため、エンジンを起動せず、かつ回生充電をしてくれるためだ

 また、モーターを回転させるのには力が必要となるため、クルマのスピードを落とす、回生ブレーキとしても作用しますので、坂道ではある程度の抵抗力となり、加速していってしまうのを防ぐこともできます。

次ページは : ハイブリッド車は、高速走行では力を発揮しにくい

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ