ミラージュよ甦れ!! 三菱の伝統コンパクトの系譜と今後はどうなる?


■時代はバブル! 若者の心をガッチリ掴んだ3代目

3代目ミラージュは時代背景をしっかり捉えた名車。スタイリッシュなデザインがかっこよかった

 若者が愛車を持てるようになった時代に誕生したのが、1987年10月発売の3代目だ。次世代を担う若者をターゲットとし、まずは3ドアモデルのみを発売。欧州車風味のスタイリッシュなデザインを与え、個性的な4タイプの仕様が展開された。

 その中には、ボーイズレーサーとして名を馳せる「サイボーグ」と共に、謎めいた多目的2シーター「XYVYX(ザイビクス)」が存在。拡大されたラゲッジスペースをユーザーが自由に使えるものだったが、その意図が伝わらず、早々に消滅。まさに幻のミラージュとなった。

こちらがザイビクス。リアウィンドウはなく、硬派な2シーター。遊び心も満点だが、当然として売れることはあまり考えていなかった!?

 また遊び心に溢れた装備も多く、ルーフを前後2分割ガラスとした「スーパートップ」や聞き逃し再生を可能としたメモリー機能付ラジオ、昼間と夜間で表示色が変化する「カメレオンメーター」など個性的なアイテムも多かった。

 1988年1月には、4ドアセダンもフルモデルチェンジ。同年に、ランサーもフルモデルチェンジを実施していることが示すように、ミラージュとランサーの関連性がより強まった。

 ホイールベースを拡大したセダンは、バーティカルラウンドリヤピラーというアイデアを採用し、リヤガラスがハッチバックのように直立しているのが特徴。これによりコンパクトなボディの中で広い後席スペースを実現していた。

■MIVEC投入で究極のベーシックカーを追求した4代目

1.6LのV6搭載などアグレッシブな開発を続けた三菱。ミラージュはスポーツコンパクトハッチの王道を極める

 バブル絶頂期となる1991年10月に登場したのが4代目。時代が許した潤沢な開発費を投じ、全面的な刷新が図られたのが大きな特徴だ。欧州風味の洒落たデザインは、踏襲していたが、若々しく元気な3ドアハッチバックに対して、4ドアセダンは上質さも意識するようになる。

 その特徴が最も現れるのが、メカニズム。セダンには、1992年2月に、最上級仕様向けとなる世界最小となる1.6LのV6エンジンを新開発して搭載。まさにコンパクトセダンの常識を打ち破る贅沢な存在であった。

 もちろん王道のスポーツハッチ路線も強化され、VTECイーターというべく、高回転型ツインカムエンジン「MIVEC」を92年10月に投入。

 各車から新開発のスポーツツインカムが続々と投入されたことで、FF最強対決が過熱していく。また新たな派生モデルとして、2ドアクーペ「アスティ」も誕生。これは主に欧米でのセクレタリーカーニーズに応えたものだった。

次ページは : ■バージョンR追加も質実剛健を旨とした5代目