道路の「ひし形のマーク」覚えてますか? 何m先に何がある? 忘れがちな標識たち

 仕事で出張した先や旅先など、普段あまり行かない場所でクルマを運転すると、「あれ、これってなんの標識・標示だっけ?」と不安に思うこと、ありませんか。

 道路標識(本標識)だけで100種類以上と、かなり種類は多いですが、すべて把握しておかなければ恥ずかしいというもの。今回は、忘れがちな標識・標示と、間違えやすい標識について、取り上げていきます(完全に忘れている人は危ないのでぜひ勉強しなおしてください!)。

文:吉川賢一
写真:国土交通省、警察庁、Adobe Stock、写真AC(トビラ写真:Adobe Stock@和久 澤田)

【画像ギャラリー】忘れたり間違えやすい道路標識・標示板、路面標示をギャラリーチェック!!


「横断歩道又は自転車横断帯あり」

 街中でよく見かける、このひし形の路面標示は、「横断歩道又は自転車横断帯あり」という路面標示です。信号のない横断歩道の手前に標示されています。

 ダイヤマーク2つが縦にならんで道路に書かれていますが、1つ目のダイヤマークは横断歩道の「50m手前」に標示されており、2つ目は「30m手前」に標示されています。

ひし形の路面標示は、「横断歩道又は自転車横断帯あり」よく見る記号だけに、忘れてしまっている方が多いかもしれない(PHOTO/写真AC@ジェイさん)

 先の見通しが悪い、カーブや上り坂の先に横断歩道があって、渡ろうとする人が待っていたりすると、「おっと!!」と、冷や汗をかくこともありますが(徐行しましょう)、この標示によって「横断者がいるかもしれない」と危険予知をすることができます。

「優先道路」

優先道路を示す道路標識が設置されている道にいるクルマが優先となる

 見方によっては、なんのこっちゃわからないようなこの標識は、信号のない交差点において、優先して通行ができる道路を示す「優先道路」の標識です。どちらが優先道路かは以下で判断します。

(1)交差点内に中央線か車両通行帯が描かれているほうが優先道路
(2)優先道路を示す道路標識が設置されているほうが優先道路

上記の(1)、(2)どちらの標示もない場合は、明らかに道幅が広いほうの道路が優先、また道幅が同じような場合は、左に見るクルマに優先権があります。

 優先道路を走るクルマには徐行の義務はありませんが、まれに、優先道路の概念をガン無視して突っ込んでくるドライバーがいますので、注意が必要です。道路交通法36条4項において、交差点での注意義務が規定されています。

「最低速度」

 数字の下にアンダーラインがあるこの標識は、「最低速度」を示す標識です。高速道路(正式には高速自動車国道)には、法定最低速度50km/hという規定がありますが、高速道路本線上の対面通行区間や、登坂車線、自動車専用道路や一般道には法定最低速度の規定はなく、この最低速度の標示のみが有効です。

数字に気を取られがちな速度規制の標識だが、このアンダーラインも見逃さないようにしたい

 おもに、「高速道路には分類されないものの、事実上、高速道路と同等な交通状況である道路」で、最低速度を指定するために設置されています。

「安全地帯」

 この標識は主に、プラットホームのない路面電車の停留所や、鋭角交差点などに設けられているものです。路面電車の乗降客や、道路を横断する歩行者の安全確保のための「安全地帯」があることを示す標識です。この安全地帯には、車両は進入することができません。

「安全地帯」を表す標識は、あまり多くないだけに、忘れがちな標識だ

 また、安全地帯内に歩行者がいる場合には、車両はそのそばを通る際には徐行しなければならなく、安全地帯の左側とその前後10m以内は駐停車禁止となります。

 あまり遭遇することのない標識ではありますが、ドライバーが守らなくてはならないことが多い標識なので、しっかりと覚えておきましょう。

「聴覚障害者標識」と「身体障害者標識」

 こちらは初心運転者標識(初心者マーク/若葉マーク)や高齢運転者標識(高齢運転者マーク)と同じ類のもので、該当するドライバーが、自らのクルマに表示する標識です。

身体障害者標識
聴覚障害者標識

 聴覚障害者標識のほうは、聴覚障害のあることを理由に、普通運転免許に条件を付けられている方が表示するものです。該当するドライバーは、表示しない場合、初心者マーク同様に、道路交通法違反となります。

 身体障害者標識も、肢体不自由であることを理由に、普通運転免許に条件を付けられている人が表示するものですが、こちらは表示していなくても罰則はありません。

 初心者マーク、高齢運転者マークも含め、これらの標識を表示したクルマを見かけたら、いつも以上に丁寧な運転を心がけましょう。 

 なお、これらのクルマに「幅寄せ」や「割込み」をすると、「初心運転者等保護義務違反」となり、著しく危険、とまではいかない行為であっても違反となります(ただし危険防止のためのやむを得ない場合を除く)。

「一方通行」と「常時左折可」

 さいごに、間違えやすい標識を取り上げます。青地に白い矢印の「一方通行」の標識と、白地に青い矢印の「常時左折可」の標示板です。

青字に白矢印は「一方通行」の標識
白地に青矢印は、「常時左折可」の標示板

 「常時左折可」の標示板が設置された場所では、信号に関係なく左折することができます。一方通行の標識を、この「常時左折可」の標示だと勘違いして左折してしまうと、信号無視となりますし、逆に、「常時左折可」の標示を「一方通行」と勘違いしてしまえば、通行していいにもかかわらず、信号待ちをしてしまう、ということになってしまいます。

 近年、この「常時左折可」の標示板は減っているようですが(左折車と歩行者・自転車との事故が多かった)、まだまだ設置されている箇所はありますので、見間違えないよう、注意しましょう。

【画像ギャラリー】忘れたり間違えやすい道路標識・標示板、路面標示をギャラリーチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ