売れ行き好調なスズキが生んだ異端児!? イマイチ売れないイグニスの「我が道を往く」立ち位置

売れ行き好調なスズキが生んだ異端児!? イマイチ売れないイグニスの「我が道を往く」立ち位置

 スズキといえば非常に販売戦略が巧い会社として知られている。ジムニーやスイフトなど低価格で実用性を兼ね備えた車種が多い。

 しかしそんなスズキでもやや微妙な立ち位置になってしまったクルマもある。それがイグニスだ。過去のスズキの名車のデザインをオマージュしたデザイン、質実剛健なインテリアなど売れる素質はあった。

 でもなぜかあまりパッとしないのが正直なところ。なぜイグニスは売れなくなってしまったのだろうか?

文/清水草一、写真/SUZUKI

【画像ギャラリー】本文未掲載の内装写真も! イタリアの香り漂う「小さなちょいワルSUV」スズキ イグニスを見る


■おしゃれ感漂うイグニスの売れ行きは??

スズキ イグニス。過去のスズキ車のデザインモチーフを取り入れた腕白坊主といった雰囲気だ

 4年前、御殿場で開催された試乗会でイグニスと初対面した時は、「すばらしいデザインだ!」と感動した。その時私はサルバドール・ダリのコスプレをまとって臨んだが、イグニスのデザインはある意味芸術的だった。

 ちょい、きかん気なフロントマスク、大地を踏ん張るリヤビュー、バランス抜群でいかにも走りそうなサイドビュー。しかもそこには、過去のスズキのデザインモチーフが散りばめられていた。どこか懐かしいのに、全体としては新しくてオシャレさんな、とっても秀逸なデザインだった。

 インテリアは、まるでイタリアの小型車! 素材は高級じゃないけれどセンス抜群で、オシャレ文房具の風合いだ。エクステリアもインテリアも、とにかくセンスがスバラシイと感心した。

 パワートレインは一種類。4気筒1.2リッターNAエンジンに、スズキ得意のマイルドハイブリッドを組み合わせ、ミッションはCVT。決してパワフルではないけれど、トルクがあってとっても乗りやすい。

 足回りもしっかりしている。高速直進安定性が少し低めなのは、インドや日本などの低速交通を前提に開発されたせいかな、とは感じたが、日本で街乗り中心ならまったく問題なし! 総合的には、「これは国産のイタリアン・コンパクトカーだ!」と思ったものだ。

 そんなイグニスだが、日本での販売は低迷した。初年度こそ24,261台を売り、販売ランキング28位と健闘したが、翌17年は11,264台と半分以下に下落。18年以後は販売ランキング50傑から落ち、昨年は年間で2600台ほどまで落ち込んでしまった。わずか4年で10分の1とは涙が出ます。

 イグニスはとってもいいクルマだったのに、なぜメインストリームになれなかったのだろう?

次ページは : ■ライバルは身内にあり!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ