次期型「WRX」開発中は間違いなし! スバル スポーツセダンの雄はどうなるか!?

次期型開発中は間違いなし! スバル スポーツセダンの雄「WRX」はどうなるか!?

 北米では2021年モデルが発売された『WRX』だが、ベストカーのスクープ情報では2021年夏に『WRX S4』が、遅れて『WRX STI』がフルモデルチェンジを果たすと予想している。

 現在スバルが持っているリソースから考えると、次のフルモデルチェンジでどのように変わりそうかや、次期WRXに求められる立ち位置とは何かについて語っていきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/SUBARU、編集部

【画像ギャラリー】伝統の走りは継承!スバルWRX 次期型の気になる全貌をチェック! 


■すでに新車では手に入らないWRX STI & WRX S4

 運転する楽しさと4名乗車の可能な実用性を併せ持つスポーツセダンは、大人のクルマ好きにとって魅力的な存在だ。ファミリーでも使えて、クーペとは違う落ち着いた雰囲気も備える。高性能をひけらかさない控え目な性格も、スポーツセダンの特徴だろう。

 このようなスポーツセダンの中心的な存在がスバル『WRX』だ。6速MTを搭載する『WRX STI』は2019年に生産を終えており、販売店によると「CVT(無段変速AT)を組み合わせた『WRX S4』も、2021年1月下旬に受注を終了した。少数の在庫車は残るが、基本的にSTI、S4ともに今は新車では購入できない」という。

WRX STI FJ20 ファイナルエディション。スバルのスポーツモデルを支えてきた名エンジンFJ20も惜しまれつつ2019年に生産を終了。純粋なスポーツエンジンが生き残る事が困難な時代となった 

■次期型WRXは走りの骨格をレヴォーグと共通化へ

 そこで気になるのが次期型の情報だ。従来型を販売している時は、買い控えに繋がるから次期型の情報を伝えたがらないが、生産を終了したなら話は変わる。買い控えの心配もないから教えてくれるだろう。

 そこで販売店に尋ねると「今のところメーカーから次期型の情報は来ていない。車両の内容やフルモデルチェンジする時期も不明だ。WRXのお客様からは、次期型について質問を受けるが、返答できないのは申し訳ない」という。ベストカーの把握する情報では、S4は2021年夏、STIは2022年前半に登場する。

 スバルは車種の数が少なく、共通化によってコストを抑える必要もある。WRXのために、専用のプラットフォームを用意することは考えにくい。そこで次期WRXは、現行インプレッサから採用が開始された新しいスバルグローバルプラットフォームを使い、2020年に発売されたワゴンの『レヴォーグ』と同様、フルインナーフレーム構造も採用する。構造用接着剤なども併用して、ボディ剛性を向上させながら、車両重量の増加を抑える。

2020-2021日本カー・オブ・ザイヤーを受賞したレヴォーグ。新型WRXはこのレヴォーグとプラットフォームをベースにボディ 剛性のUP、更に新エンジン搭載による走りの進化に期待大!

 実際にレヴォーグは、走行安定性と乗り心地のバランスが優れている。次期WRXにも同様の設計を施すことで、走行性能を進化させるだろう。

 そしてWRXはセダンだから、後席とトランクスペースの間には、骨格と隔壁が設けられている。ワゴンのレヴォーグと違って、開口部の大きなリヤゲートは装着されない。レヴォーグ以上にボディ剛性を高めやすく、さまざまな条件下で、サスペンションを正確に作動させる。

 つまり現時点で次期WRXの走行安定性、操舵感、乗り心地を知りたければ、レヴォーグSTIを試乗するといいだろう。車両の走行性能に関する考え方を含めて、次期WRXの運転感覚は、レヴォーグの延長線上にあるからだ。

 走りの基本的な方向性は共通で、ボディや足まわりの剛性と熟成度を高めることで、走行性能をさらに引き上げたのが次期WRXになる。具体的には、ステアリングを操作した時の車両の正確な反応、峠道などでの曲がりやすさ、危険を避ける時の後輪の接地性などを向上させる。それがCVTを使う『WRX S4』の運転感覚だ。

次ページは : ■注目のパワーユニットは水平対向ながら2.4Lに拡大