RAV4 PHV アウトランダーPHEV…災害対策としての最強のクルマ選び

災害対策としての最強のクルマ選びはSUV+PHEV!

 自販連が発表した燃料別乗用車販売台数(2021年1月)を見ると、乗用車全体の53.4%がガソリン車、HV車は37.0%、7.2%のディーゼル車。これに続くのが、2.7%と想像以上に少ないのが、プラグインハイブリッド車(PHVまたはPHEVと呼ぶ)である。ちなみに、EVは0.9%、FCV(燃料電池車)は0.1%。

 みなさんもよくご存じの通り、HVについては走行中に充電しながら走るが、PHVは外部電源からの充電も可能という点が大きな違い。走行中でもHV同様充電可能だが、停車中にコンセントにつないで充電できるのだ。

 さらにほとんどのPHVはHVよりバッテリー容量が大きく、EV走行の航続距離がHVよりはるかに長く、最高速度も高い。例えばプリウスの蓄電池容量は3.6Ah(E-Fourは6.5Ah)だが、プリウスPHVでは25Ahとプリウスの3.8〜7倍だ。

 PHVの魅力はなんといっても、HVの駆動用バッテリーを10倍近くの量に増やし、充電設備があれば買い物などの近距離の利用は電気自動車、遠出の際は燃費のいいハイブリッドカーとして使え、エンジンが付いているので電気自動車が弱い冬場のヒーターの心配もない。

 さらに災害の時にはPHVを4~5日ぶんの一般家庭用電源として、照明や冷蔵庫、電子レンジなど、災害などで停電した時に電化製品に給電することができるのだ。

 そこに多くが4WDとなるSUVという要素が加わると、悪路走破性も高く、荷物をたくさん積めることができる。SUV+PHVこそ、これからの時代、もっともっと増えていくべき電動車ではないだろうか。

 そこで今日本で買える、SUV+PHV車はどんなものがあるのか、魅力をモータージャーナリストの永田恵一氏が解説する。

文/永田恵一
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ハイブリッドから主役の座を奪えるか? SUV×PHVの最新ラインアップを見る


トヨタRAV4 PHV

EV走行距離95km、駆動用バッテリー容量18.1kWh、給電○、価格469万~539万円

 RAV4に2020年6月に加わったPHVは、フロントは2.5Lエンジンを搭載するトヨタ式2モーターハイブリッド、リアはモーターで駆動する点はRAV4ハイブリッドの4WDと共通だ。

 RAV4 PHVはRAV4ハイブリッドに対し後輪モーターこそ変わらないものの、エンジンの若干のパワーアップ、フロントの駆動用モーターは120馬力から182馬力と大幅に強力になっており、フルパワーとなるシステム出力は222馬力から306馬力に向上。0~100km/h加速は6.0秒と、スポーツカー並みの速さを誇る。

 それでいて補助金なども加味したRAV4ハイブリッドとPHVの実質的な差額は動力性能の向上だけでも納得できる約50万円と、内容を考えれば非常にリーズナブルという高い商品力を持つ。

 そんな魅力に溢れたクルマだけに登場時の300台という月間販売目標台数に対し注文が殺到し、駆動用バッテリーの生産がまったく追いつかず、現在注文が一時停止となっていることが最大の欠点だ。

三菱アウトランダーPHEV

EV走行距離57.6km、駆動用バッテリー容量13.8kWh、給電○、価格436万4800~529万4300円

 SUVのプラグインハイブリッドのパイオニア的存在で、2012年の登場以来時間は経っているものの、エンジンを2リッターから2.4リッターに排気量アップするなど度重なる改良により、未だに魅力を保っている。

 アウトランダーPHEVのハイブリッドシステムはフロントはエンジンを基本的に発電に使い、速度域が上がりEV走行だと効率が悪くなってくるとクラッチを介しエンジンとタイヤを直結するエンジン駆動モード付き2モーターシリーズハイブリッド、リアはモーター駆動というもので、エンジンの存在感が非常に薄い静かな走りや三菱自動車の4WDらしい雪道などでのコントロール性の高さが大きな特徴となっている。

次ページは : 三菱エクリプスクロスPHEV