なぜ日産はノートだけに投入!? 4WDが欲しいという声が多いのにキックスに設定されないワケ


 日産がかなり力を入れて開発した『新型ノート』の4WDシステム。リアモーターの容量も大きく、これまでの生活四駆とは違う走りを可能にするとしている。

 しかし、4WDが欲しいのは「ノート」じゃない! と思っていると思っている読者も多いのではないだろうか。そう、現在バックオーダーも多く抱え、受注は好調のコンパクトSUV『キックス』にこそ4WDシステムが搭載するべきだと。

 人気が出そうなのになぜ採用しないのか? 最新のe-POWERでないとこのシステムに対応していないから? それとも海外がメイン市場の「キックス」は4WDが求めれてないから採算が合わないと考えたのか? キックスに4WDが採用されないワケを考察していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】雪国ならノート一択? 新型キックスとノートの写真を公開!


■キックスに4WDがないのは選択と集中によるものだった!

 コンパクトカーの日産『ノート』は、ハイブリッドのe-POWERに前輪駆動の2WDのみを組み合わせて発売されたが、そのあとに4WDも加えた。ボディの後部に最高出力が68馬力、最大トルクは10.2kgmに達するモーターを搭載して、後輪を駆動する仕組みだ。そのために駆動力を後輪へ伝えるプロペラシャフトは装着されない。

日産『NOTE』e-POWER 4WDは50kW(68馬力)のモーターをリアに搭載する。回生機能を前後タイヤに割り振れるため、低ミュー路での機械式ブレーキを使わない減速も、2WDより短い距離で済む

 ノートの後輪を駆動するモーターは、前輪側と同様、減速エネルギーを使って回生による発電を行う機能も備える。減速時には4輪で発電して、リチウムイオン電池に充電するから効率が高い。

 特に滑りやすい雪上では、4輪で回生すると、前輪のみの時に比べて効率が大幅に高まる。ハイブリッド車に、後輪をモーターで駆動する4WDを組み合わせると、走行安定性だけでなく燃費でもメリットを得られるわけだ。ハイブリッドと後輪のモーター駆動による4WDは、親和性の高いメカニズムとなる。

 ところがキックスは、e-POWERのみを搭載するSUVなのに、4WDを用意していない。キックスはSUVだから最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)にも170mmの余裕を持たせた。4WDが必要なのは、ノートよりもキックスだろう。それなのに、なぜキックスには4WDがないのか?

 キックスが採用する「Vプラットフォーム」は、現行マーチから使われ始めたタイプで、基本的には4WDを成立させにくい形状だ。それでも先代ノートe-POWERは、Vプラットフォームを使いながら、現行型と同じく後輪にモーターを搭載する4WDを追加した。先代ノートe-POWERにモーター駆動の4WDが用意された以上、同じプラットフォームを使うキックスでも技術的には可能だろう。

質感にこだわったため、グレード展開を減らすことでコストダウンに取り組んだという。しかし欧州車などでよくあることとはいえ、SUVに4WD設定がないのは寂しい

 それなのに4WDを用意しないのは、キックスが効率を重視するからだ。キックスは販売目標台数を公表していないが、タイで生産される輸入車だから、日本国内で膨大な台数を売ることは難しい。そこでパワーユニットはe-POWERのみ、駆動方式も海外と同じ2WDに限定して、グレードも実質的に「X」の1種類に絞り込んだ。

 仮にキックスを大量に売りたいなら、日本国内で生産して、パワーユニットは1.5Lノーマルエンジンとe-POWERをそろえる。駆動方式も2WDと4WDを両方ともに設定して、価格帯を広げたはずだ。

 今のキックスXの価格は、e-POWERと充実した装備により、2WDなのに275万9900円に達する。この価格では大量に売るのは難しく、220万円前後のノーマルエンジン車も必要だ。

このクルマを選ぶ人にとっての「コストパフォーマンス」を最大化したという『キックス』だが、筆者はあくまでもグレード展開により、絶対的な売価を抑えるべきだという

 つまりキックスは、タイから輸入する時点で、大量に売ることは考えていない。そこでパワーユニットもe-POWERのみ、駆動方式も2WDに限定された。この点について日産の担当者に尋ねると、以下のように返答された。

「今の日産は、国内販売を回復する過程にあるから、コストを抑えることも大切だ。そこで車種やグレードの種類を限定した。選択肢が多ければ、お客様のニーズに合った商品を提供できて好ましいが、それをいきなり実現するのは難しい」

 いわゆる選択と集中により、バリエーションを少なく抑えて生産拠点もタイにした。また前輪駆動をベースにしたコンパクトSUVの場合、全般的に4WD比率が低いこともある。大半のコンパクトSUVにおいて、前輪駆動の2WDが70%以上だ。このような複数の事情により、キックスは2WDのみになった。

■絶対的コストに優れた純内燃機関グレードを設けるべき !?

 ちなみに最近のキックスの登録台数を見ると、1か月当たり3500~4000台だ。選択肢が少ない割に好調だが、ノートの月販目標は8000台だからさらに多い。要は国内の主力は、あくまでもノートだ。

 そのために現行ノートは、プラットフォームをルノー・ルーテシアや海外で売られる2代目ジュークと共通化しながら、国内専用車として内外装を日本のユーザーに最適なセンスで造り込んだ。パワーユニットはe-POWERのみだが、駆動方式は、前述の通り2WDと4WDをそろえる。

 力の入ったノートに比べると、キックスは脇役的な存在だから、日本で製造せずにタイから輸入して、SUVなのに4WDを用意しなかった。国内の販売戦略に基づく判断だ。

日本市場は欧米と違い、実用観点で4WDが求められる。日産としても、気軽に4WD展開ができない現状に忸怩たる思いを抱いているのではないだろうか

 この意図は理解できるが、ユーザーの反応はどうか。日産の販売店に尋ねると、以下の返答であった。

「キックスが(2020年6月に)発売された当初は、お客様からなぜ4WDを選べないのか、という質問を受けた。キックスはボディがコンパクトなのに荷室は広く、スキーにも使いやすい。そこで4WDを希望するお客様も少なくなかった。最近は2WDのみの設定になることが認知され、4WDの質問は受けないが、追加してくれると有り難い。多くのお客様に乗っていただくには、4WDが必要になるからだ。以前のジュークも1.5Lエンジンには4WDが用意されず(4WDは1.6Lターボのみ)、追加して欲しいと感じた」

 日産の業績がよければ、さまざまな分野に十分なコストを費やせる。しかし業績の回復を目指している段階では、選択と集中が求められ、生産拠点やメカニズムのバリエーションが限定的になる。

 日産の狙いとしては、まずはノートに4WDを加え、今後は上級仕様の『ノート・オーラ』も設定して売れ行きを伸ばす。その上で、ほかの車種についても、商品力を充実させていく。

 e-POWERは優れたパワーユニットだが、コンパクトな車種に搭載するには価格が高い。キックスXは前述のとおり275万9900円だ。ノートもX(218万6800円)に、運転支援機能のプロパイロットとLEDヘッドランプをオプションで加えると、合計価格が最低でも270万6000円に達する。複数の装備を併せて装着するセットオプションが多いから、価格も高まってしまう。

 特にプロパイロットは人気の装備で、キックスでは全車が標準装着するのに、ノートのオプション装着比率は41%と低い。セットオプション価格が高く、装着しにくいためだ。

 今後はキックス、ノートともに、ノーマルエンジンの追加、駆動方式の充実、人気の装備を厳選して価格を割安に抑えた特別仕様車の設定などが求められる。ユーザーや販売店の声を汲み取って、商品開発に反映させて欲しい。

 そうなれば日産の国内販売順位が5位(2020年の国内販売ランキングはトヨタ/スズキ/ホンダ/ダイハツ/日産の順番)に甘んじることはないはずだ。今後の発展に期待したい。

【画像ギャラリー】雪国ならノート一択? 新型キックスとノートの写真を公開!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ