これって合法!? 違反!? ついやってない?? 街で見かける道交法違反事例


■80km/hで縦横無尽に動き回るトラック

国沢:2017年11月1日10時から、新東名の『新静岡IC〜森掛川IC』約50kmの区間で、最高速度が100km/hに引き上げられた。

 早速、同区間を走ってみたけれど、まず上下線とも、それぞれ110km/h区間のはじまる地点に『ここから規制速度試行区間』という標識や自光式の速度表示が出てくる。

 事前情報によれば、この区間に限り制限速度が80㎞/hとなっている大型車などは、第1通行帯(一番左の車線)を走らなければならない、となっていた。

BC:警察のWebなどを見ると、「速度差に起因する事故を防止する」と書いてありますね。

国沢:追い越し車線に80km/hの大型車が飛び出してきたら危険だからね。この手の規制は世界の常識であり、100%賛同したい。

BC:大型車の追い抜きを禁止する旨の標識などは設置されていたんでしょうか?

国沢:まったくなし。制限速度表示が『110』という数字になっているだけだった。じゃあ、大型トラックはどう走るのか? 走行中に見た限り、大型トラックは見事に「100km/h区間と同じ」走行だった。

 すなわち、本来なら大型車の走行が禁止されている3車線区間の追い越し車線でも、堂々とノロノロ走行を続けていたのだ。

 11月4日(土)の夕方に再び『新静岡IC〜森掛川IC』下り車線を走行した時は、試行区間の大半で110km/hなど出せなかったほど。でも、警察は見事に何の啓蒙活動もしていなかった。何のための110km/h制限なのか理解できなかったよね。

 乗用車側からすれば、110km/hが出せると思っている。大型車が道交法を守らず延々と追い越し車線を走る状況に多くの人は怒っているらしく、車間距離を詰めるドライバーも少なくなかった。

 違反を黙認する警察の姿勢に疑問を感じた次第だ。このままだとかなり危険、標識も出すべきだろう。

BC:新東名に来て流していたら、ネズミ捕りより点数稼ぎやすそうですね……。

国沢:制限速度は本来なら誰でも守れる速度に設定することが大切。いろんな意味で制限速度の適正化は望ましいと思った。

 そして『交通の安全と円滑な流れ』を確保するため大型車両の「追い越し車線居座りノロノロ走行」の取り締まりも行うべきである。

繰り返すが、大型車両の第3通行帯走行は道交法違反(違反点数1点、反則金:大型トレーラ7000円)の立派な違反なのでご注意を!

空いている時間帯はいいが、深夜のトラックが多い時間には、3車線でトラックが並走し、まったく抜けない……なんてことも実際にあり危険だ
空いている時間帯はいいが、深夜のトラックが多い時間には、3車線でトラックが並走し、まったく抜けない……なんてことも実際にあり危険だ
こちらが新東名に設置されている標識。高速道路での30㎞/hの速度差は想像よりも大きい。お互いの安全のために、大型トラックにはキープ・レフトを守ってもらいたい
こちらが新東名に設置されている標識。高速道路での30km/hの速度差は想像よりも大きい。お互いの安全のために、大型トラックにはキープ・レフトを守ってもらいたい

■グレーだし、みんなやるしだからすり抜けます

国沢:信号待ちの際、バイクが車両の横を通り先頭に出てくるケースは多々ある。一昔前なら大きな問題ないとされた。

 むしろクルマの前をチョロチョロ、ノロノロ走られるより、信号変わったらドカ〜ンと加速して見えなくなってくれたほうがいい。腹立たしいのは前に入ってきてノロノロ走るバイクだ。「すり抜け」が道交法違反かとなれば微妙。

 そもそも道交法には「すり抜け」という文言がないのだ。明文化されているのは、追い越しと追い抜きのみ。また、1車線に1台しか走っちゃいけないという法規もないため、車線内であればクルマの横を通行しているだけという解釈なのだ。

 高速道路でも路肩を走ったら一発で違反切符。けれど、クルマとクルマの間(左右方向)を走っていれば合法という不思議。

BC:それはどうなんでしょうね……(苦笑)。

国沢:どちらが危ないかとなれば間違いなく後者なのだけれど、高速道路の渋滞だと後者の走り方をよく見かけますね。

 信号待ちでのバイクの通行は、明らかに違反なのが「黄色車線またぎ」と「路肩走行」の2つ。それ以外のケースで捕まることは“ほぼ”ないと考えてイイだろう。

 ということでバイクが前に出て(停止線を越える行為も厳密に言えば違法ながら、そんなこと言ったらクルマも同じ)抜かす行為は、危険じゃない限り許容するしかないと考えます。

日常的に行われているバイクによるすり抜け。交差点手前で影から出てきて、右直事故というケースもある。警察庁は、すり抜けに関して明文化するべきだろう
日常的に行われているバイクによるすり抜け。交差点手前で影から出てきて、右直事故というケースもある。警察庁は、すり抜けに関して明文化するべきだろう

 いかがだっただろうか? 運転者のみならず、同乗者がやったことでも、実は違反だという行為があることがわかっただろう。

 マナーやルールを守ることで、無用なトラブルを避け、気持ちよく安全に運転できるように、気をつけてもらいたい!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ