エクリプスクロスで見えた三菱の迷走 わずか1年でディーゼルモデル なぜ消滅??


 新型エクリプスクロスがフロントマスクの一新と、PHEV投入という大幅改良を加えられて登場した。PHEVの追加が発表された当初は、ガソリン、ディーゼル、PHEVという3つのパワートレーンが用意されると思ったが、フタを開けてみるとなんと登場わずか1年のディーゼルモデルは、新型の登場とともに廃止となってしまった。

 なぜ三菱はあれだけPRしていたディーゼルモデルをあっさり終了させたのか? もっと大切に育てるべきではなかったのか? なぜ迷走とも捉えられかねない状況に至ったのか? 考察をしていきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部

【画像ギャラリー】PHEV追加で話題の「エクリプスクロス」エクステリアも大幅変化した新旧モデル写真集


■待望のPHEVモデル登場の陰でディーゼルモデルは廃止に

 「エクリプスクロスにPHEV(充電の可能なプラグインハイブリッド)が搭載される」

 この話を聞いた時は、いよいよ三菱の代表車種らしくなると思った。SUVで、なおかつエンジンは、1.5Lガソリンターボ、2.2Lクリーンディーゼルターボ、2.4LのPHEVがそろうからだ。1車種でこれだけ豊富なエンジンを選べる日本車はなく、技術指向の三菱らしい個性にもなる。

 ところが、エクリプスクロスが2020年12月4日に大幅なマイナーチェンジを実施して、PHEVが加わると、入れ替わりにディーゼルを廃止されてしまった。これはマイナス要素ではないのか? エクリプスクロスに限らず、ディーゼルはSUVと相性がいいからだ。

PHEVモデルの登場で、わずか1年で退場となってしまったディーゼル搭載車。いまの三菱の戦略はラインナップの充実より「選択と集中」なのか?

 そこで三菱にディーゼルを廃止する理由を尋ねると「エクリプスクロスでは、ガソリンターボの人気が高く、ディーゼルの販売比率は低かったです。ディーゼルは後から追加されたので、認知度が不十分だったかも知れません」という。

 そうなると『デリカD:5』も心配になる。エクリプスクロスのディーゼルと同型のエンジンを搭載するからだ。この点について三菱は「デリカD:5は、今後もディーゼルを搭載していきます。デリカD:5では以前からディーゼルの人気が高く、今ではガソリンエンジンはありません」という。

三菱の国内販売でひとり気を吐く『デリカD:5』。考えてみれば、デリカはガソリン車が廃止となり、ディーゼル車のみのラインナップとなった。やはり選択と集中を進めた結果なのだろう

 つまりディーゼルの国内販売を全面的に終了するのではなく、エクリプスクロスについては、PHEVに置き換えたわけだ。生産効率を考えて、エンジンの選択肢を抑えたのだ。

 またエクリプスクロスのディーゼルを廃止した背景には、今後の三菱が、PHEVを中心的な技術に位置付ける事情もある。PHEVはアウトランダーに採用されて十分な実績を積んでおり、プラグインハイブリッドは、三菱に限らず海外を中心に多くのメーカーが採用する環境技術でもあるからだ。

エクリプスクロスの登場時はガソリンターボモデルのみ。追加でディーゼルモデルを投入したが、パッとせず。そこでボディ全長を延ばしてまで実施してPHEVモデルの登場となった

 しかも三菱のPHEVでは、エンジンは主に発電機を作動させ、駆動は前後別々に搭載されたモーターが担当する。モーター駆動が基本の4WDだから、エンジン駆動の4WDシステムとは異なり、前後の駆動系が独立している。そのために、前後輪の駆動力配分を自由に変えることが可能だ。

 例えば峠道のカーブを曲がる時などは、後輪駆動車のように、旋回軌跡を拡大させず積極的に回り込める。駆動用電池が低い位置に搭載されて低重心になることも、走行安定性を高める要素だ。

 このように、三菱のPHEVは、環境/燃費性能を高める技術でありながら、セッティング次第でスポーツ走行でも威力を発揮できる。環境性能と走る楽しさの両立は、今後の三菱が目指すクルマ造りの方向性とも合致するわけだ。そこでエクリプスクロスも、PHEVを中心的な技術に据える。

■SUVにも電動化の波 PHEV化が一気に進む起爆剤になるか !?

 しかし、それを理由にエクリプスクロスがディーゼルを廃止したことには疑問もあるだろう。先ごろディーゼルがメインだった『パジェロ』が販売を終了したので、今後はそのユーザーがエクリプスクロスに乗り替える可能性もある。そうなればエクリプスクロスにもディーゼルが欲しい。

 ディーゼルのWLTCモード燃費は14.2km/Lだから、軽油価格の安さも含めると、燃料代はPHEVがハイブリッド状態で走る時の16.4km/Lと同等になる。ディーゼルは実用回転域の駆動力が高く、なおかつ燃料代も割安だ。

SUVらしい低速域からの力強さを求めるユーザーにディーゼル車の「味」は魅力的だったはず。特に三菱のディーゼルは古典的なフィールもあり、PHEVとの共存も可能であったはずだ

 エクリプスクロスPHEVの価格は、M:384万8900円、G:415万2500円、P:447万7000円(駆動方式はすべて4WD)。廃止されたディーゼルのM:311万8500円、G:329万8900円、Gプラスパッケージ:347万4900円に比べると高価格だ。

 マイナーチェンジ後は安全装備なども充実したので両タイプを直接比較はできないが、G同士で比べて、PHEVは約85万円高い。安全装備などの充実が15万円としても、廃止されたディーゼルを70万円くらいは上まわる。「エクリプスクロスが欲しいが、PHEVでは予算オーバーで、1.5Lターボでは物足りない」と考えるユーザーにとって、ディーゼルは走る楽しさがら経済性までバランスのいい選択肢になる。

 またエクリプスクロスのディーゼルは、高回転域の吹き上がりが少し鈍く、エンジンの回転感覚は他メーカーに比べて古典的だ。そこが初代や2代目パジェロのディーゼルを知っている世代には、懐かしい魅力になっていた。

 この点について販売店に尋ねると、以下のように返答された。

 「エクリプスクロスからディーゼルを廃止する話は、PHEVの導入と併せて聞いていました。そのために以前からエクリプスクロスのディーゼルを希望されているお客様に連絡を入れたところ、契約をいただきました。」

 ディーゼルがなくなって困らないのか。

 「今はディーゼルを取り扱う国産メーカーが減っており、マツダは力を入れていますが、そのほかではラインナップがほとんどありません(トヨタのランドクルーザープラドやグランエース程度)。エクリプスクロスのディーゼルは、台数はあまり出ませんが、貴重なモデルだったと思います。ただしPHEVには充電された電気で走行できる先進性があり、補助金の交付も相応に受けられます(アウトランダーPHEVの場合は2020年度が22万円)。ディーゼルの廃止は残念ですが、今後はPHEVの販売に力を入れます」

 欧州では、排出ガス規制のためにディーゼルエンジン搭載車の販売を中止する動きもある。それでも従来購入できた仕様を選べなくなるのは、ユーザーにとって寂しいことだ。

三菱はこれからのSUVの進むべき道として、PHEVを選択した。今年は新型アウトランダーも登場する。今回の件が迷走と言われないように、SUVの電動化を進めていく覚悟をぜひ貫いてほしい

【画像ギャラリー】PHEV追加で話題の「エクリプスクロス」エクステリアも大幅変化した新旧モデル写真集

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ