ポルシェ タイカン対テスラ モデルS! 究極のEVサルーン最強はどっち?


■スペックでは最新のモデルSプレイドが圧倒!

スペックのみを比較するとモデルSが圧倒している

 日本でも価格が発表されたトリプルモーターを積んだモデルSプレイドの価格は1499万円〜となっている。最大出力は1020hpで、最大628kmの航続距離を誇り、0→100km/h加速は2.1秒(さらに短くすることもできるらしい!)、最高速度は322km/hであると発表された。

 なんとも勇ましいスペックが並んでおり、なかでもゼロヒャク2.1秒という数字は最新F1マシンを上回っている。ちなみにEVハイパーカーの世界では1秒台が今や常識。恐ろしい時代になったものだ。

 それはさておき、一方のタイカン。そのラインナップを検討すると、最高性能を誇るターボSでもそのスペックはモデルSプレイドにまるで歯が立たない。

 最大出力はローンチコントロール時のオーバーブーストで761hpであり、航続距離は412km、ゼロヒャク2.8秒で最高速度は260km/hに制限されている。それでいて価格はモデルSプレイドより1000万円も高い。

 同じ価格帯で比較すると、タイカンのスペックはさらに見劣りしてしまう。1448万1000円のタイカン4Sで、主要スペックを同じ順に並べると、435hp、約400km、4.0秒、250km/hだ。数字だけで判断すれば、誰だってモデルSを選んでしまいそうだ。

 たとえポルシェという最強のブランド力を持ってしても、これだけの価格差とスペック差を埋めることはどうにも難しい。

 さらに専用充電設備であるスーパーチャージャーの存在など、EV関連スペックまで比較し始めると、モデルS購入を諦めさせることはさらに難しく思えてくる。

 だからこそ、タイカンはモデルSをライバル視していなかったと筆者は思うのだ。

■他車にスペックで勝つよりもポルシェらしいEVであることが重要

左右のブレーキランプを繋ぐ直線がポルシェらしさを主張する。他車と比較されることすら拒絶するような孤高の雰囲気がある

 クルマの魅力を決める要素はいくつかある。

 仮に今、テスラとポルシェのブランド力が(未来への期待から)あえて等しい(知名度は確かにそうだろう)と考えた場合、残るは価格・スペック・デザインで、デザインは好みの範疇だから一旦脇に置いたとすると、残る二つでタイカンはモデルSに負けているというのが前半の内容だった。

 では、タイカンは結局、ライバル視しないことでモデルSとの勝負を避けたのか。それもまた違うと思う。

 結論から言うとポルシェはモデルSにわかりやすい数字で勝つEVサルーンを作るつもりなどハナから毛頭なくて、ただただEVのポルシェを作りたかっただけであった。

 結果、現時点で到達したベストミックスが、あのスペックであり、あの価格のタイカンたちであった。それをテスラと比較すること自体、ナンセンスだというのがポルシェの考えではないだろうか。

次ページは : ■ポルシェはEVであってもポルシェでなくてはならない

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ