ポルシェEV第2弾はなんとクロスオーバー!タイカン クロスツーリスモがデビュー!!


 ポルシェ初の量産EVとして話題となったタイカンに、早くも派生モデルが登場。しかも単にキャビンや荷室を拡大したワゴンではなく、クロスオーバーモデルに仕立てられているのが大きな特徴だ。

 デザインや機能などに新たなエッセンスを加えた、最新型ポルシェの詳細をお届けしよう。

文/大音安弘  写真/ポルシェ ジャパン

【画像ギャラリー】ポルシェEVの新提案「タイカン クロスツーリス」の詳細


■ポルシェの新生EVクロスオーバーが登場!

 ポルシェ ジャパンは、2021年3月5日、ポルシェのEV「タイカン」の多目的モデルとなる「タイカン クロスツーリスモ」を発表し、同日より予約受注を開始した。全車右ハンドル仕様となり、価格は、1309万円~2024万円だ。

 新型モデル「タイカン クロスツーリスモ」は、4ドアクーペのEVスポーツカー「タイカン」に続く、ポルシェ量産EVの第2弾となるモデルだ。

 4ドアクーペである「パナメーラ」のワゴンモデル「パナメーラ スポーツリスモ」同様のワゴンルックに仕上げられているが、SUVの機能を加えたクロスオーバーに発展しているのが大きな特徴だ。

ワゴンスタイルが特徴となる新EV「ポルシェ タイカン クロスツーリスモ」

■キャビンの快適性も高めたワゴンルック

 タイカン クロスツーリスモは、独立したトランクを持つ4ドアクーペのタイカンとは異なり、ルーフを延長し、テールゲートを与えたワゴンスタイルのモデルだ。しかし、単なるワゴンではないことを示すために、フェンダーモールや前後のプロテクションなどが与えられているのがポイント。

 そのキャラクターは、クロスオーバーなのである。つまり、同モデルは、ポルシェの新EVであると共に、ポルシェ初のクロスオーバーワゴンでもあるのだ。

フェンダーモールなどのプロテクションがクロスオーバー感を演出

 拡大されたキャビンにより、後席乗員の頭上空間は、47mmも拡大。これにより、後席の快適性が大きく高められた。

 機能性の向上が期待されるラゲッジスペースは、標準時でタイカンの+39Lの446Lと、劇的な変化はないものの、後席を倒せば、1212Lまで拡大可能。しかも、高さのゆとりが生まれたため、アウトドアシーンでの相棒としても頼りがいがありそうだ。

ワゴンスタイルにより使い勝手が高まったラゲッジスペース。フロントにも小さなトランクが用意される

次ページは : ■全車4WD化と最低地上高を拡大!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ