惜別S660!! ホンダ入魂のミドシップ車列伝!!! 軽トラからNSXまでユニークな傑作&珍作も!?


 ホンダの軽ミドシップスポーツ「S660」が、2022年3月で生産終了する。ホンダ伝統の「S」を車名に冠しつつ、往年のビート後継ともいえるモデルとして、多くのホンダファンの注目を集めた。

 そのビートもS660も駆動方式はミドシップ/リアドライブ。エンジンを車体中央付近に配し、後輪を駆動させる駆動方式は、F1マシンとも同じで、NSXを頂点とした、まさにホンダ・スポーツのシンボルともいえるだろう。

 そこで、S660に惜別の意を込め、同車のオーナーでもあった清水草一氏が、ホンダ・ミドシップ車を改めて振り返る。

文/清水草一 写真/HONDA

【画像ギャラリー】スポーツクーペから軽トラまで ホンダ・ミドシップ車の歴史を写真で振り返る


■S660は「尖っていながらバランスのいい本物」だった

惜しまれつつも2022年3月での生産終了が発表されたホンダ S660。発売から現在まで絶賛され続けている。写真は生産終了にあたっての特別仕様車であるバージョンZ

 S660の生産終了が発表された。

 猛烈に残念だが、誕生が2015年4月だったことを思うと、その寿命は7年。こういった尖ったモデルは、出足は良くてもその後販売が急激に落ち、記憶からも薄れていくことが多いが、S660はまったくそんなことはなかった。途中、大きなテコ入れもなかったのに、最後まで絶賛され続けた。

 それはもう、天性の素質がすばらしかったからとしか言いようがない。7年の寿命は、「天寿をまっとうした」と言っていいのではないか?

 改めてS660というクルマを振り返ってみると、すさまじく尖っていながら、すさまじくバランスのいいホンモノだった。

 まず、デザインバランスがすばらしい。軽自動車枠でスーパーカーデザインを完璧に成立させていたのだから、人類の偉業と言っても言い過ぎじゃない。

 前後重量バランスは45対55。ハンドリングのバランスは究極に近かった。絶対にテールは流れないんだけれど、まずアンダーステアも出ない。これぞスーパーニュートラルステア! トランスミッションやブレーキの出来も完璧。

 唯一の弱点はパワーだった。車両重量は830kgと、軽としてはそれほど軽くないので、ノーマルだと物足りない。サウンドなどの刺激もゼロ。

 私が発表直後に予約して購入しながら、比較的早く手放してしまったのは、エンジンが「ただの軽ターボ」で、当時はまだチューニングも難しかったので、普段乗りで刺激がなさすぎ、乗らなくなってしまったからだった。今ならいろいろな解決策もあるので、やる気になればその問題もクリアできる。

 私としては、S660こそ、ホンダのミッドシップモデル史上最高のモデルだと確信している。

■ビート/1991年登場

1991年登場のホンダ ビート。コンセプト的にはS660の祖先のようなクルマだが、乗り味は全くの別物だ

 ビート人気は、現在でも非常に根強く底堅い。S660に先んじて軽ミッドシップスポーツを発売したホンダの気合おそるべし。

 ただ、発表当時の私は、ビートに乗って、あまり楽しいとは思わなかった。その最大の理由は、ハンドリングがあまりにもアンダーステアだったからだ。

 ホンダとしては、危険なクルマにだけはしたくなかったのだろう。だからミドシップなのに、ものすごく簡単にアンダーステアが出た。

 フロントタイヤがまるで踏ん張らず、すぐ外に流れるのです。これじゃミッドシップにした意味がないじゃないか! ビートはミドシップの利点を生かすんじゃなく、ミッドシップに作ることが目的なのか! と思いました。

 エンジンは660ccのNA。64馬力を達成していたけれど、カリカリの高回転高出力タイプで、フツーに街乗りしてると、トルクがスカスカでメッチャ遅い。ひたすらブチ回すしかない。

 しかし、それらの欠点は、今となってはすべてが美点だ。幌を開けると身体が剥き出しになり、超無防備に感じるボディ、日常域で非力ゆえに、ブチ回すしかないエンジン、すべてがあまりにも尖っている。

 つまり、クルマとしてのデキが猛烈に片寄っているからこそ、誕生から30年を経たいま、一部マニアに限りなく大切にされているのですね。ビートは、完璧なるミッドシップマシンであるS660とは、まるでベクトルの違うクルマでした。

次ページは : ■初代NSX/1990年登場

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ