キャシュカイは可能性あり!? 魅力的な海外専売車3モデルの日本発売は?


■魅力的な車種を日本で売らないのはとっても残念だ!

キャシュカイ内装。国内で販売する場合、ハンドルを右側にするなど意外とコストがかかるのだ

 そこで開発者に、日本で買えない日本車が輸入されない理由を尋ねると、以下のように返答された。

 「日本車だから海外の商品を国内へ導入するのは簡単に思えるが、法規対応などによる変更コストが意外に高い。

 海外向けに開発された車種の国内販売を検討した結果、絶対に不可能と判断されたこともある。左ハンドルの国だけで売られる車種に、右ハンドル仕様を追加するのも難しい。ボディが極端に大きい場合、点検整備を行う国内販売店のサービスストールに収まらないこともある」。

 さまざまな事情があるのはわかるが、シエンタクロスオーバーやキャシュカイは、ユーザーの増えているSUVだから国内へ導入すれば注目度も高まる。メーカーや販売会社が別の法人を立ち上げて輸入販売を行い、市場の反応を検証したうえで、国内へ本格導入する方法もあるだろう。

 日本のメーカーが海外で魅力的な車種を売りながら、日本でそれを買えないのは悔しい。前述のように海外に比べて国内発売の遅れる車種もあるのだから、その見返りに、海外専用車を国内にも導入して選択肢を増やして欲しい。

【画像ギャラリー】日本メーカーの新型車が海外で続々!! いずれも魅力の海外専売車を見る

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ