ハンズオフは高級車ばかり! 200万円台で渋滞がラクチンになるクルマが登場するのはいつ?

■連続ハンズオフには“地図”と“監視カメラ”は必須

ハンズオフした手は、ヒザの上かハンドルに向かって「ハンドパワー状態」を維持しなければならない
ハンズオフした手は、ヒザの上かハンドルに向かって「ハンドパワー状態」を維持しなければならない

 長い前置きになった。「200万円台の連続ハンズオフ車が登場するのはいつか?」について考えてみたい。連続ハンズオフ機能を加えようとすれば「高精度地図データ」と「ドライバー監視カメラ」を加えなければならない。

 それぞれどんな役割をするのか? 高精度地図データから紹介しよう。初めて走る道をイメージしていただきたい。

 道路の”クセ”などわからないためいろんなことを判断しなければならず、リラックスできないと思う。けれど知っている道なら注意すべき点などわかっているから、安全性の確保に集中できる。

 クルマも同じ。精密な地図データを持っていたら、それだけで車線をトレース可能。人間と同じようにセンサーで道路上の安全だけを確保すればいい。

■200万円台のクルマは2~3年後にオプション設定か?

写真はプロパイロットを採用するセレナだが、日産は電気軽自動車に連続ハンズオフ可能なプロパイロット2.0を搭載するというウワサもある。初の200万円台か?
写真はプロパイロットを採用するセレナだが、日産は電気軽自動車に連続ハンズオフ可能なプロパイロット2.0を搭載するというウワサもある。初の200万円台か?

 ドライバー監視カメラは居眠り防止の観点から必ず必要。ハンズオフすると居眠り運転の可能性がでてくる。前述のとおりレベル2であれば運転の責任はドライバー。基本的に運転しているのと同じだ。

 当然ながら居眠りやTV見ながらの運転は危険だし違反になってしまう。事故防止のためドライバー監視カメラで常時ドライバーの視線を追う。

 正面を見てない状況が10秒続くと警告。5秒後に「運転していない」と判定され、そこから「安全確保機能」開始となり、最終的に自動停止させる。逆に考えれば2つのアイテムだけ加えてやれば連続ハンズオフが実現可能になります。

 ウワサだと日産の電気軽自動車にプロパイロット2.0が搭載されるらしい。初の200万円台になる?

 大雑把に言って高精度地図が20万円。ドライバー監視システムを5万円とすれば、25万円くらいのオプションで実現できそう。ということで、2~3年すると新型車の多くに連続ハンズオフ機能がオプション設定できるようになると予想しておく。

 ドライバー監視カメラは居眠り運転時の事故防止に絶大な威力を発揮する。安全性向上にもなります。

【画像ギャラリー】ハンドパワーで運転!? 200万円台の車でハンズオフできる日は近いのか

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ