なぜトヨタ圧勝!? 日本の登録車市場で完全独占体制に入っている事情


 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)の発表している販売台数ランキングで、2021年2月のトップ10を見てみると、7位:日産『ノート』、10位:日産『セレナ』が入っているが、そのほかはトヨタ車が占めている。

●2021年2月 販売台数ランキング
1位 トヨタ ヤリス            2万559台
2位 トヨタ ルーミー        1万1954台
3位 トヨタ アルファード 1万107台
4位 トヨタ カローラ        8766台
5位 トヨタ ハリアー         8006台
6位 トヨタ ライズ            7901台
7位 日産 ノート                7246台
8位 トヨタ ヴォクシー  7094台
9位 トヨタ シエンタ    6360台
10位 日産 セレナ                6305台

 なぜここまでトヨタが圧倒的な強さをみせているのか? その勝因とは何か? そして、そんな一強の時代が来ることで心配されることとは何か? 考察していきたいと思う。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタ強し!! 2021年2月の国内販売ベスト10車はコチラ!!


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ