トップばかりが栄光ではない! クルマ界「2番」を讃えよ!

トップばかりが栄光ではない! クルマ界「2番」を讃えよ!

 注目されるのはいつだって1番。記録に残るのも1番。でもね、2番だって輝く。2番にも魅力はあふれる。その頑張りにエールを贈りたい2番もいる。

 世の中、2番がいるから1番という存在がある。この企画では「2番(2位)」にスポットを当てる。数値的なもの、あるいは印象として2番になったクルマたちや自動車ブランドなどを取り上げ、なぜ2番なのかという理由を探る。強調したいのはその2番手たちの魅力。クルマ界の2番(2位)を讃えようではないか!

※本稿は2021年3月のものです
文/渡辺陽一郎、清水草一、塩見智 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】フィット ハリアー クラウン 86 2020年販売各カテゴリーの2位をギャラリーでチェック!!!


■2020年、メーカー別総販売台数2位のスズキ。なぜ2位になれたのか?

 2020年のメーカー別国内販売台数は1位がトヨタで約145万台、2位はスズキで約63万台、3位はホンダで約62万台。

 1万台少々の僅差だが、スズキがホンダを抜いて国内販売の2位。スズキでは初の快挙だ。

2020年国内メーカー年間販売台数

 スズキが2位になった理由は2つある。

 ひとつはコロナ禍での回復速度だ。スズキは2020年4~6月に対前年比が大きく落ち込んだが、7月以降は増加に転じた。しかしホンダは9月まで減少が続き、増加したのは10月以降。

 モデル末期のヴェゼルに加えてステップワゴンの低迷も響いた。スズキの2020年累計販売台数は、9月の時点で、ホンダを抜いて2位になっていた。

 2つめの理由は、コロナ禍でもスズキが堅調な販売を保ったこと。軽自動車ではスペーシアが好調で、N-BOXに次ぐ2位に入り、設計の新しいタントを上回った。

 ハスラーも手堅く、納期の長いジムニーは前年に比べて届け出台数を増やした。軽自動車の総台数はダイハツに次ぐ2位だが、その差は1年間で1万2600台程度だから、かなり追い上げたといえる。

 小型/普通車ではモデル末期のソリオが対前年比を9%しか下げなかった。スズキの小型/普通車登録台数は合計11万台近くに達したから、スバルを抜いてマツダに迫る。

 このように今のスズキは、スペーシアなどを軸に軽を手堅く売り、コンパクトカーが注目される時代のなか小型/普通車も立派に育てている。バランスのいい売れ方で2位に輝いたといえる。

(TEXT/渡辺陽一郎)

スズキの2020年の小型/普通車登録台数は11万台近くに達し、スバルを抜いた。新型ソリオも好調だ

■2020年、国産車・カテゴリー別販売台数。その2位になったモデルたちの魅力とは?

 続いてのテーマも、2020年の日本車の国内販売台数のデータを題材にしたもの。6つのカテゴリーに分け、年間販売台数が2位になったモデルにスポットを当てる。

 1位のモデルと大差がついたものがあれば僅差もある。トップは獲れなかったが充分誇れる。そのモデルの魅力を清水氏に語っていただくとともに、なぜ2位になったのかを分析してもらう。

*   *   *

●SUV部門 2位:トヨタ ハリアー(2020年販売台数:6万6067台)

 ライズの1位も凄いけど、2位がハリアーってのは驚異だ! 価格帯がぜんぜん違う。なんだかんだで400万円はするクルマが2位に食い込んだ理由、それはズバリ、「それ以上のゴージャス感がある」から!

 ハリアーに乗ると、「私はセレブ?」って気分になれる。外観は手の込んだ曲面や抑えのきいたディテールがいかにも高級だし、内装もまったく同様。

 決して華美すぎず、物凄く上質に仕上がってる。さらには乗り味も同様! ハリアーがあればレクサスRXはいらん! かもしれない。

SUV部門 2位のトヨタ ハリアー(1位はトヨタ ライズ)

●コンパクトカー部門 2位:ホンダ フィット(2020年販売台数:9万8209台)

 相手が大トヨタのヤリスでなけりゃ、さらに言えば先代フィットのリコール連発がなけりゃ、フィットが1位になっていたことでしょう。

 ヤリスとフィットを製品だけで比較すれば、かなりの差でフィットのほうが魅力的だ。特にインテリアの質感と居住性では大差をつけている。

 燃費や加速などのドライビングプレジャーでは負けるけど、そこを重視してヤリスが選ばれてるわけでもあるまい。ヤリスの勝利は大トヨタのブランド力によるところ大。クルマ単体ならフィットの勝ちだよネ!

コンパクトカー部門 2位のホンダ フィット(1位はトヨタ ヤリス)

●クーペ&オープン部門 2位:トヨタ86(2020年販売台数:3938台)

 86の2位は不本意ではなかろうか。モデル末期とはいえ、リアシートという強力な武器があるのだから。

 つまり、ロードスターが本当に頑張ってるわけですが、しかしそれでも、86は涙がでるほどいいクルマだ。

 なにしろこのサイズで、後輪駆動のスポーツクーペが存在すること自体が世界の奇跡! トヨタとスバルの男気の結晶だ! と思うわけであります。

 個人的には、発表当初の限界の低さを楽しむスポーツカーから徐々に外れ、従来型の走り屋系に向かって足が固められたのは残念な気持ちもありますが、それが市場の要請なので是非もなし。新型も期待してます!

クーペ&オープン部門 2位のトヨタ86(1位はマツダ ロードスター)

●セダン部門 2位:トヨタ クラウン(2020年販売台数:2万2173台)

 1位のプリウスってセダンに入るわけ? ハッチバックでは!? と突っ込みたくはなるが(ベストカーではプリウス=セダンとのこと)、なんだかんだでクラウンが2位なのは凄いじゃないですか。

 つまりカローラセダンより売れたんだから。さすがクラウンの歴史と伝統の厚みはスゲエ!

 実際に現行クラウンに乗るとですね、クラウンとしてはなんだかチグハグで魅力に乏しいとも感じるけど、しかしそれでも年間2万台超だ。大したもんじゃないですか。

 これだけ売れてもセダンは存続できないのでしょうか? これだけ売れてもSUVにしないとダメなんでしょうかねぇ……。

セダン部門 2位のトヨタ クラウン(1位はトヨタ プリウス)

●ミニバン部門 2位:ホンダ フリード(2020年販売台数:7万6282台)

 ウヒー! アルファードがミニバン第1位だったのね! あんな値段の高いクルマが1位! これは凄すぎる。

 アルファードの快進撃を前にすると、フリードの2位は吹っ飛んでしまうわけですが、しかし実用本位で考えればフリードが1位でしかるべき。

 ライバルのシエンタもそうだけど、あのサイズで、3列シートで、あれだけの居住性を確保しているのはマジックだ!

 フリードハイブリッドはDCTなので走りも楽しい! お値段だってお値打ちだ。それでもアルファードに負けたのは、アルファードが怪物すぎるから! (※写真はフリードクロスター)

ミニバン部門 2位のホンダ フリード(1位はトヨタ アルファード)

●軽自動車部門 2位:スズキ スペーシア(2020年販売台数:13万9851台)

 スペーシアがタントを抑えて2位に入った! ナゼ? 理由はわかりません。N-BOXがこれほど独走する理由も私にはわかりません。軽はカーマニアにはわからないことがいっぱいです! 

 この3台の魅力はほぼ横一線だと思うのです。激しいライバル関係で切磋琢磨しているので、自然、そうなっているのです。

 つまり、スペーシアは決してN-BOXには負けてない。室内装備のおもてなし感も満点だ。スペーシアギアは見た目もステキ。なにひとつN-BOXに負けてない。

 さらに言うと走りはDNGAのタントが1番いいようにも思うのですが、これは余計でしたか……。

(TEXT/清水草一)

軽自動車部門 2位のスズキ スペーシア(1位はホンダ N-BOX)

次ページは : ■キャラかぶりの同門2番手。「慰めたい・讃えたい」3題